ジョージ・ウォルポール (第3代オーフォード伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第3代オーフォード伯ジョージ・ウォルポールの肖像画

第3代オーフォード伯爵ジョージ・ウォルポール英語: George Walpole, 3rd Earl of Orford1730年4月2日 - 1791年12月5日)は、イギリスの貴族。

初代首相ロバート・ウォルポールの孫にあたる。

経歴[編集]

1730年4月2日に初代ウォルポール男爵ロバート・ウォルポール(後の第2代オーフォード伯爵。首相ロバート・ウォルポールの息子)とその妻マーガレット(旧姓ロール。後に第15代クリントン女男爵位を継承)の間の長男として生まれた [1][2]

イートン校を卒業[1]1751年3月31日の父の死により第3代オーフォード伯爵位を継承し、貴族院議員に列した[2]

ホイッグ党に所属し、1755年から1782年にかけて寝室侍従長英語版を務めた[1][2]1757年から1791年にかけてはノーフォーク統監英語版を務めた[1][2]

1781年1月13日の母の死により第16代クリントン男爵位を継承した[1][3]

1791年12月5日に死去した[1][2]。結婚しておらず、子供もなく、クリントン男爵位を除く保有爵位は叔父のホレス・ウォルポールが継承した[2]。一方母から継承したクリントン男爵位は、休止(dormant)となったが、1794年にはロバート・トレフューシス英語版が継承者に確定した[3]

爵位[編集]

1751年3月31日の父ロバート・ウォルポールの死により以下の爵位を継承した[1][2]

  • 第3代オーフォード伯爵 (3rd Earl of Orford)
    (1742年2月6日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第3代ウォルポール子爵 (3rd Viscount Walpole)
    (1742年2月6日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ノーフォーク州におけるウォルポールの第2代ウォルポール男爵 (2nd Baron Walpole, of Walpole in the County of Norfolk)
    (1723年6月1日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ノーフォーク州における第3代ホートン男爵 (3rd Baron of Houghton, in the County of Norfolk)
    (1742年2月6日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)

1781年1月13日の母マーガレット・ウォルポール(旧姓ロール)の死により以下の爵位を継承した[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Lundy, Darryl. “George Walpole, 3rd Earl of Orford” (英語). thepeerage.com. 2016年7月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Heraldic Media Limited. “Orford, Earl of (GB, 1742 - 1797)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年7月5日閲覧。
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Clinton, Baron (E, 1298/9)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年7月5日閲覧。
名誉職
先代:
初代バッキンガムシャー伯爵
ノーフォーク統監英語版
1757年1791年
次代:
初代タウンゼンド侯爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ロバート・ウォルポール
第3代オーフォード伯爵
1751年–1791年
次代:
ホレス・ウォルポール
イングランドの爵位
先代:
マーガレット・ウォルポール
第16代クリントン男爵
1781年1791年
休止
(休止解除ロバート・トレフューシス英語版)