ジョージ・スペンサー=チャーチル (第6代マールバラ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第6代マールバラ公爵
ジョージ・スペンサー=チャーチル
George Spencer-Churchill, 6th Duke of Marlborough
Georgespencer1793.jpg
生年月日 1793年12月27日
出生地 イギリスの旗 イギリス イングランドバークシャーウォーキンガム
没年月日 (1857-07-01) 1857年7月1日(63歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランドオックスフォードシャーウッドストック英語版ブレナム宮殿
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 保守党
称号 第6代マールバラ公爵

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 チッパンハム選挙区英語版[1]
ウッドストック選挙区英語版[2]
在任期間 1818年 - 1820年[1]
1826年[1] - 1835年1月6日[2]
1838年5月11日 - 1840年3月5日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1840年3月5日 - 1857年7月1日[2]
テンプレートを表示

第6代マールバラ公爵ジョージ・スペンサー=チャーチル: George Spencer-Churchill, 6th Duke of Marlborough, DCL1793年12月27日 - 1857年7月1日)は、イギリスの貴族、政治家。

1817年まではサンダーランド伯爵(Earl of Sunderland)、1817年から1840年まではブランドフォード侯爵(Marquess of Blandford)の儀礼称号を使用した

経歴[編集]

1793年、ブランドフォード侯爵ジョージ・スペンサー=チャーチル(後の第5代マールバラ公爵)とその妻スーザン・ステュアート(第7代ギャロウェイ伯爵英語版の娘)の間の長男として誕生[1]。マールバラ公爵家の嫡孫として生誕時よりサンダーランド伯爵の儀礼称号を有していた。

イートン校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチに入学する。イートン校時代には鞭打ちを好む厳格な校長ジョン・キート英語版に対する学生たちの反乱を主導したという[3]

1817年に父がマールバラ公爵位を継承したのに伴い、マールバラ公爵家の法定推定相続人の儀礼称号ブランドフォード侯爵を継承する。ちょうどこの頃からスーザン・アデレイド・ロウという女性と「ロウソン大尉夫妻」という偽名で同棲生活を送るようになり、ついには偽装結婚式まで挙げるに至った。しかし1819年には母方の第8代ギャロウェイ伯爵英語版の娘ジェーンと正式に結婚した。新聞はこれをブランドフォード侯爵の重婚容疑として報じた。裁判では重婚とは認定されず、慰謝料を出すことで解決したが、この騒ぎでマールバラ公爵家の家名に傷が付いた[4]

1818年から1820年にかけてはチッパンハム選挙区英語版から選出されて保守党庶民院議員を務めた。1826年から1835年、および1838年から1840年にかけてはウッドストック選挙区英語版から選出される[1]

1840年3月5日に父の死によりマールバラ公爵位を継承し、貴族院議員に列する。彼も彼の父も浪費癖が酷かったため、彼が当主をしていた時期にはマールバラ公爵家の家計はかなり逼迫していた。家計の立て直しを図ろうとしたものの、余り功を奏せず、死去時にはひどい家計状態だった。それを隠すために書類を全て焼き払っている[5]

1857年に死去し、マールバラ公爵位は長男のジョン・スペンサー=チャーチルが継承した。自分の葬儀に100ポンド以上使わないよう遺言していたという[5]

人物[編集]

スポーツマンであり、とりわけ釣り・射撃・[ヨットを好んだ[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

その他[編集]

家族[編集]

四男アルメリック・アゼルスタン卿と次女クレメンティーナ嬢を描いたジェームズ・セント英語版の絵画

1819年に従妹にあたるジェーン・ステュアート(叔父第8代ギャロウェイ伯爵英語版の娘)と結婚し、彼女との間に以下の4子を儲けた[1]

最初の妻との死別後の1846年にシャーロット・オーガスタ・フラワー(第4代アシュブルック子爵の娘)と再婚した。彼女との間に以下の2子を儲けた[1]

  • 第5子(四男)アルメリック・アゼルスタン卿(Lord Almeric Athelstan, 1847年 - 1856年
  • 第6子(次女)クレメンティーナ・オーガスタ嬢(Lady Clementina Augusta, 1848年 - 1886年):第3代キャムデン侯爵英語版と結婚

2番目の妻とも死別し、1851年に自身と最初の妻の従妹にあたるジェーン・フランシス・クリントン・ステュアート(叔父エドワード・リチャード・ステュアート英語版の娘)と再婚し、以下の1子を儲けた[1]

  • 第7子(五男)エドワード卿(Lord Edward, 1853年 - 1911年


出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lundy, Darryl. “George Spencer-Churchill, 6th Duke of Marlborough” (英語). thepeerage.com. 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ a b c d UK Parliament. “Marquess of Blandford” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年3月16日閲覧。
  3. ^ 森(1987) p.261-262
  4. ^ 森(1987) p.262
  5. ^ a b c ペイン(1993) p.26

参考文献[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
チャールズ・ブルック
ジョン・メイトランド
チッパンハム選挙区英語版選出庶民院議員
1818年英語版 - 1820年英語版
同一選挙区同時当選者
サー・ウィリアム・マイルス准男爵英語版(1818–1820)
次代:
ウィリアム・マドックス英語版
ジョン・グロセット
先代:
ジョン・グラッドストン
ジェームズ・ラングストン英語版
ウッドストック選挙区英語版選出庶民院議員
1826年英語版 - 1831年英語版
同一選挙区同時当選者
アシュレイ卿(1826–1830)
チャールズ・スペンサー=チャーチル卿英語版(1830-1831)
次代:
チャールズ・スペンサー=チャーチル卿英語版
ストーモント子爵英語版
先代:
チャールズ・スペンサー=チャーチル卿英語版
ストーモント子爵英語版
ウッドストック選挙区選出庶民院議員
1832年英語版 - 1835年英語版
次代:
チャールズ・スペンサー=チャーチル卿英語版
先代:
ヘンリー・ペイトン英語版
ウッドストック選挙区選出庶民院議員
1838年 - 1840年
次代:
サー・フレデリック・セシジャー英語版
名誉職
先代:
第4代マックルズフィールド伯爵英語版
County Flag of Oxfordshire.svg オックスフォードシャー総督英語版
1842年 - 1857年
次代:
第7代マールバラ公爵
イングランドの爵位
先代:
ジョージ
Duke of Malborough COA.svg 第6代マールバラ公爵
1840年 - 1857年
次代:
ジョン