ジョージ・ハドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョージ・ハドソン

ジョージ・ハドソン: George Hudson1800年3月10日(推定) - 1871年12月14日)は、「鉄道王」と呼ばれたイギリス鉄道投資家である。ヨークシャーのスタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)の北、ヨークの東、スクレインガム(Scrayingham教区のホーシャム(Howsham)に生まれた。スクレインガムに埋葬されている。1815年、15歳の時に、子供ができたことで不興を被って自分の生まれた村を飛び出した。

経歴[編集]

ヨークの洋服商に奉公し、やがて商人として頭角を現した。1837年にはヨーク市長に選ばれた。1827年には30,000ポンドを相続し、ノース・ミッドランド鉄道(en:North Midland Railway)の株に投資し、まもなく役員にも選ばれた。1833年にはヨーク銀行(York Banking Company)を設立し、何度かは支配人も務めた。

鉄道[編集]

彼は長らくヨークに鉄道を通すことについて検討しており、ヨーク・アンド・ノース・ミッドランド鉄道(en:York and North Midland Railway)の通過を確実にするために尽力した。そして1839年に路線が開通する際には会社の社長に選ばれた。この時から彼の関心は鉄道網の拡張に向けられるようになった。1841年にはニューカッスル・アポン・タイン(Newcastle) - ダーリントン(Darlington)線の建設を開始している。ジョージ・スチーブンソン(George Stephenson)と共に彼はミッドランド鉄道のニューカッスルまでの延長を計画して実行した。1844年までに彼は1,000マイルを超える鉄道路線を支配下に収めていた。この年には誰もが鉄道への投資に熱狂する「鉄道狂時代」が最高潮を迎え、「鉄道王」の機嫌をとらないものは誰もいなかった。この鉄道王の称号はシドニー・スミス(en:Sydney Smith)によって贈られている。

国会議員[編集]

個人的な裕福さにも関わらず、彼はさらに20,000ポンドを配当として受け取っている。ダラム (Durham) の副知事、3回のヨーク市長、そして1849年から1851年までは保守党国会議員サンダーランド (Sunderland) から選ばれている[1]。公職に選ばれたというニュースは、時速75マイルもの速度を出す特別列車でロンドンへ伝達された。

詐欺と転落[編集]

賞賛と名誉の絶頂にいた彼は、イースタン鉄道(Eastern Railway)に関する詐欺が明らかになって突然転落した。サンダーランドは1859年まで彼の寛大な代議士活動に拘っていたが、鉄道バブルの崩壊と共に彼は全ての影響力と財産を失った。彼の残りの人生はほぼヨーロッパ大陸で過ごすことになった。ロンドンでなくなる直前、何名かの友人が彼にわずかばかりの年金を提供している。

彼の名は、思い上がった野望と不安定な幸せの教訓としてよく使われている。トーマス・カーライル(Thomas Carlyle)は彼のことをLetter-Day Pamphletsの中で「思い上がったギャンブラー」と評している。

メモリアル[編集]

ヨーク・アンド・ノース・ミッドランド鉄道のかつてのヨークのターミナル駅のそばに彼の名前にちなんで付けられたハドソン・ハウスが残っている。またヨークにはノース・ストリートと並行してジョージ・ハドソン・ストリートが走っている。

脚注[編集]

  1. ^ Who's Who in British History. ISBN 1-85585-771 - 5. p 435

関連する書籍[編集]

  • A.J. Peacock and David Joy, George Hudson of York, Dalesman, 1971.
  • A. J.Arnold, and S. M. McCartney, George Hudson: The Rise and Fall of the Railway King, London and New York: Hambeldon and London, 2004
  • Lambert, Richard S. The Railway King 1800-1871, a study of George Hudson and the Business Morals of his Times, George Allen and Unwin, 1964.

関連項目[編集]

パブリックドメイン この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "要記事名". Encyclopædia Britannica (英語) (11th ed.). Cambridge University Press.