ジョージ・ハリソン・シャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョージ・ハリソン・シャル(George Harrison Shull、1874年4月15日1954年9月28日)は、アメリカ合衆国農学者遺伝学者である[1]トウモロコシ品種改良などで知られる。

略歴[編集]

オハイオ州のクラーク・カントリーの農家に生まれた。兄に植物画家で、植物育種家のJ・マリオン・シャルがいる。アンティオーク・カレッジ(Antioch College)を1901年に卒業した後、1904年にシカゴ大学で博士号を得た。1903年から1904年の間、植物産業局(Bureau of Plant Industry)で働いた後、カーネギー研究所で植物の研究を行った。多くの植物の品種改良を行ったルーサー・バーバンクの研究に興味を持った。カーネギー研究所の支援を受け1914年にバーバンクの業績をまとめた著作"Luther Burbank: His Methods and Discoveries, Their Practical Application" を執筆した[2]

トウモロコシの交雑による品種改良で農学の分野で世界的なインパクトを与えた業績を上げた。異なる純粋種を育てそれを交雑させる事によって優れた品種を造りだした。この業績から1948年に米国科学アカデミーから公共福祉メダル(public welfare medal)を受賞した[3]遺伝学の分野で、1908年に、「ヘテローシス」(heterosis:雑種強勢)について言及し、遺伝学の重要な発見を行った[4]。遺伝学の専門誌、Geneticsの創刊者でもある。

息子のハリソン・シャル(Harrison Shull:1923–2003)は量子力学の研究で知られる物理学者になった。

Shullは、植物の学名命名者を示す場合にジョージ・ハリソン・シャルを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  1. ^ SHULL, George Harrison. The International Who's Who in the World: p. 953. (1912). http://books.google.com/books?id=I-wRAAAAYAAJ&pg=PA953. 
  2. ^ Dreyer, Peter (1985). A Gardner Touched with Genius, The Life of Luther Burbank. University of California Press. pp. 143–197. 
  3. ^ Public Welfare Award”. National Academy of Sciences. 2011年2月14日閲覧。
  4. ^ Dreyer, Peter (1985). A Gardner Touched with Genius, The Life of Luther Burbank. University of California Press. pp. 143–197.