ジョージ・ビバリー・シェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョージ・ビバリー・シェー
生誕 1909年2月1日
カナダオンタリオ州
死没 2013年4月16日(満104歳没)
アメリカノースカロライナ州
職業 ゴスペル歌手

ジョージ・ビバリー・シェー英語:George Beverly Shea1909年2月1日 - 2013年4月16日) は、カナダゴスペル歌手作詞家である。

生い立ち[編集]

カナダオンタリオ州ウェスレー派メソジスト牧師の家に生まれた。最初に歌ったのは教会の聖歌隊である。

ミニストリー[編集]

ビリー・グラハムのミニストリーで50年以上奉仕をし、数多くの讃美歌、ゴスペルを作曲し、歌った。グラハムと彼の親しい友情は、1943年に始まった。シェーは、イエス・キリスト福音を伝えるためにあらゆるメディアを使った。長い歌手生活の中で、彼は70を超えるキリスト教讃美歌のアルバムを録音した。 「輝く日を仰ぐとき」 (How Great Thou Art, 讃美歌第二編161番)などが有名である。

ビリー・グラハムのミニストリーの音楽担当者としてシェーはしばしば、「アメリカの愛されたゴスペル歌手」と呼ばれている。また彼が作曲した「キリストには代えられません」(I'd Rather Have Jesus, 聖歌521、新聖歌428)もよく知られている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『ビリー・グラハム』KGK
  • 『伝道の歴史的探究』メンデル・テイラー 福音文書刊行会