ジョージ・マサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ・マサ (George Masa) として知られた、マサハラ・イズカ(Masahara Izuka、1881年 - 1933年6月21日)は、日本大阪で生まれた[1][2]実業家大判カメラ写真家

新天地アメリカでの経歴[編集]

マサは、1901年アメリカ合衆国へ到着した。

1915年以降は、ノースカロライナ州アシュビルに定住し、晩年の18年を当地で過ごした。

地元のホテルであるグローブ・パーク・イン英語版で、ベルボーイや雑用係をした後、マサは1919年2月からは写真家として活動をはじめた。やがて今日まで存続しているプラトー・スタジオ (Plateau Studio) を創業したが、後にこれを手放した[3]。彼の写真館の顧客の中には、ヴァンダービルト家や、グローブ家英語版シーリー家英語版など、町の名家の人々も含まれていた。

グレート・スモーキー山脈[編集]

やがてマサは、ノースカロライナ州西部英語版の山岳地帯を愛好するようになり、この地域の保全活動に、手弁当で熱心に取り組むようになった。自身の写真撮影機材や、古い自転車部品から自作したオドメーター(走行距離計)を駆使して[4]、相当数の山峰を詳しく記述して整理し[5]、山峰間の距離や、地元の住民やチェロキー族が名付けた山峰の名称を書き残した[3]。マサは、ホレイス・ケファート英語版の友人であり[6]、ふたりは協力して、グレート・スモーキー山脈英語版国立公園としてグレート・スモーキー山脈国立公園が設定されることを目指す運動を起こした。マサは、アパラチアン・トレイルのノースカロライナ州にかかる一帯をくまなく歩き回って足跡を残した [7]

死と遺されたもの[編集]

マサは、1933年インフルエンザで死亡した。マサは生前、ノースカロライナ州ブライソン・シティ英語版にある畏友ケファートの墓の隣に葬られることを強く望んでいたが[8]、それは果たされず、アシュビルのリバーサイド墓地(Riverside Cemetery:モントフォード・エリア歴史地区英語版の一部)に葬られた[8]

マサの死から1年後に、グレート・スモーキー山脈国立公園が正式に開設された[8][9]

1961年、グレート・スモーキー山脈国立公園内に位置する標高5,685 ft 0 in (1,732.79 m)の山峰が「マサ・ノブ (Masa Knob)」と命名されたが[10]、これはマサを讃えた献名であった[8][11]。この山峰は、ケファート山英語版の近傍に位置している。

ドキュメンタリー[編集]

マサの生涯は、没後60年以上を経て制作されたドキュメンタリー映画によって、再び関心を呼ぶことになった。2003年には、ボーンステッド・フィルム (Bonesteel Films) によって制作された、ジョージ・マサについての90分のドキュメンタリーが発表された[12]。さらに、ケン・バーンズが手がけたドキュメンタリー・シリーズ『The National Parks: America's Best Idea』の中で、 1920年から1933年までの期間を取り上げた第4話においてジョージ・マサが取り上げられ、2009年9月30日に初放映された[13]

脚注[編集]

  1. ^ George Masa - Hunter Library, Western Carolina University”. 2015年4月14日閲覧。
  2. ^ 名については「Masabara」とされている例もある。また、姓「Izuka」は「イイズカ」である可能性もある。
  3. ^ a b The Mystery of George Masa (Documentary). Asheville, North Carolina: Bonesteel Films.. (2003年) 
  4. ^ George Masa Collection - Highlands Historical Society”. 2007年4月1日閲覧。
  5. ^ George Masa Papers - Ramsey Library, University of North Carolina at Asheville”. 2011年2月21日閲覧。
  6. ^ Horace Kephart - Revealing an Enigma, Hunter Library, Western Carolina University”. 2007年10月5日閲覧。
  7. ^ The Mystery of George Masa - Bonesteel Films”. 2007年4月2日閲覧。
  8. ^ a b c d "A hike with a bit of history Archived 2006年12月18日, at the Wayback Machine.", The Smoky Mountain News, 13 July 2005.
  9. ^ American Park Network - GSMNP.
  10. ^ Masa Knob - wayhoo.com”. 2007年4月2日閲覧。
  11. ^ Carolina Mountain Club Archive - Ramsey Library, University of North Carolina at Asheville”. 2007年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月2日閲覧。
  12. ^ The Mystery of George Masa - Bonesteel films”. 2007年4月2日閲覧。
  13. ^ Ken Burns, PBS, "The National Parks,"People Behind the National Parks, George Masa

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Duncan, Dayton and Ken Burns. (2009). The National Parks: America's Best Idea. New York: Alfred A. Knopf. ISBN 978-0-307-26896-9; OCLC 290466894. Two useful biographical vignettes of Masa are William A. Hart's "George Masa: The Best Mountaineer," in Robert S. Brunk (Editor), May We All Remember Well," Volume I, pages 249-75 and Jim Casada, "George Masa: Musings on a Man of Myster," Smoky Mountain Living," Fall, 2001, pages 67–70.