ジョージ・G・ジョーゼフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョージ・G・ジョーゼフ(George Gheverghese Joseph、1928年 - )は、インド出身の数学者。南インドのケーララ州に生まれ、マドゥライで幼少期をすごす。ケニアモンバサで中等教育を受け、レスター大学で学位を取得。現在はマンチェスター大学勤務。

世界規模で見た数学の特質を研究テーマとし、自らの方法論についてジョゼフ・ニーダムエドワード・サイードらの名を参考に挙げている。

著書[編集]

単著[編集]

  • Women at Work: The British Experience (1983年)
  • The Crest of the Peacock: Non-European Roots of Mathmatics (1990年)
    • ジョージ・G・ジョーゼフ 『非ヨーロッパ起源の数学 もう一つの数学史』 垣田高夫・大町比佐栄 訳、講談社〈ブルーバックス B-1120〉、1996年5月。ISBN 4-06-257120-X。
  • George Joseph - The Life and Times of a Kerala Christian Nationalist (2003年)
  • A Passage to Infinity: Medieval Indian Mathematics from Kerala and Its Impact (2009年)

共著・編著・共編書[編集]

  • Multicultural Mathematics (1993年)
    • D.ネルソン ほか 『数学マルチカルチャー 多文化的数学教育のすすめ』 根上生也・池田敏和 訳、シュプリンガー・フェアラーク東京、1995年4月。ISBN 4-431-70666-6。 - David Nelson, Julian Williamsとの共著。

出典・参考文献[編集]

  • 『非ヨーロッパ起源の数学』著者略歴、著者まえがき

関連項目[編集]