ジョーディン・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ジョーディン テイラー
Jordyn Taylor
出生名 Jordyn Taylor Braff
ジョーディン・テイラー・ブラフ
生誕 1990年11月14日(25歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
ジャンル ポップ
職業 シンガーソングライターモデル
活動期間 2007年 - 現在
公式サイト 公式サイト


ジョーディン・テイラー(Jordyn Taylor、本名・ジョーディン・テイラー・ブラフ(Jordyn Taylor Braff、1990年11月14日 - )は、アメリカ歌手シンガーソングライターファッションモデルカリフォルニア州ベルフラワー出身。

幼少期[編集]

1990年11月14日にベルフラワー(カリフォルニア州)で、ロサンゼルス消防局の消防士/医療補助員である父親とアルバカーキニューメキシコ出身の主婦の母親の間に生まれた。スペインフィリピンオーストリア日本中国ネイティブ・アメリカンの血筋がある。兄と弟がひとりずついる。

幼年期は南カリフォルニアおよびアルバカーキ(ニューメキシコ)の両方で過ごした。父親側の家族が音楽に深く関心があり、幼い頃から音楽に囲まれた環境だった。叔母がローカルバンドで活躍していたのもあり、音楽への好奇心がますます高まった。12歳のときに歌うことおよびダンス・レッスンを始めた。

経歴[編集]

2002-2007[編集]

13歳の時から地元の歌のコンテストに出場するようになり、14歳までに数回優勝した。旅行している間にひとりのプロデューサーにスカウトされ、レコード会社の目に留まるようにとタレントショーでパフォーマンスを繰り返し行なっていた。

2005年、Manta Productionsで本格的に歌手活動をすることを決意した。

2007年、Mark Jackson productionsのイアンとマークが 制作した曲である“Strong”が、 Myspaceにアップロードされてから、5200万回再生され、Myspaceページがたちまち閲覧数トップクラスとなった。これが今後の成功のきっかけとなった。

2007-2009[編集]

2007年、16歳で LADY GAGAなどを手がける音楽業界世界最大手のInterscope Recordsと契約し、ファーストアルバムの制作に取りかかった。

2008年、ロドニー・ジャーキンス(Darkchild)、ヨルダン・オムレイ(JAM)によって制作された”Accessory”が映画「お買いもの中毒な私」の主題歌に抜擢され、一躍有名となった。

2008年満18歳で、Interscope Recordsから独立し、フリーで活動しながら次のチャンスを伺っていた。

2009-日本での活躍[編集]

音楽生活から距離を置いていたが、1年後に、ザ・グーニーズのマット・ウォンとおよびジェフ・ヴィクチュレスと2010年に独自でレコーディングを開始した。レコードを作成中、彼女は日本のレコード会社、スターベースからオファーを受け、2011年には、スターベースと契約し、2012年の3月に新アルバム"Jordyn Taylor"をリリースした。

2012年の7月に、マネージメント会社である株式会社Fish and Chipsと契約した[1]。 日本での最初のイベント出演は、2012年8月に行われたMTV JAPAN主催の「ZUSHI FES 2012」。2012年9月には講談社ViVi編集部主催の「ViVi Night in Osaka 2012」にも出演し、日本を代表するファッションモデルである藤井リナ、エリー・ローズ、紗羅マリーとの共演も果たした。2012年11月、「Girls Award 2012」ではDJ HELLO KITTYと共にコラボ楽曲を披露した。

2013年2月6日に、日本ではファーストシングルとなる『Set Me Free』がリリースされ、有線キャンシステムの洋楽総合ランキングで3週連続1位という記録を残した[2]。日本でのセカンドシングルである“It's VAVENE"は、3月6日に公開され、世界で初めてDJ HELLO KITTYとコラボしたミュージックビデオが大きな話題となった[3]

2013年3月13日にセカンドアルバム"Shine"が発売され、日本を中心にヒットを記録している。

2013年から、本格的に日本で活動を始めており、3月9日「KOBE COLLECTION S/S 2013」、3月20日「TOKYO RUNWAY S/S 2013」に出演した。めざましテレビにも特集されている。

2013年2月28日に開始したアメーバブログでは開始12時間で28万アクセスを記録、新登場ランキングで4位を記録した。

人物[編集]

  • 好きなアーティストはリアーナリタ・オラ
  • 日本に来て最初に覚えた日本語は「トイレ、どこですか?」
  • 好きな食べ物はオクラ、牛タン。
  • 弟が無類の日本ファンで、弟の影響を受け日本に興味を持つようになった。
  • 日本に来ると必ず立ち寄るのが渋谷109
  • 自他ともに認めるスマホ中毒。時間があればいつもツイッターなどでファンからのメッセージに返信している。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Jordyn Taylor(2012)
  • Shine(2013)

シングル[編集]

  • Got My PRISILA On Feat DJ Lie(2011)
  • Set Me Free(2013)
  • It’s VABENE(2013)

出演イベント[編集]

  • 「ZUSHI FES2012」(2012.08.11)
  • 「ViVi Night in Osaka 2012」(2012.09.28)
  • 「Girls Award Night 2012」(2012.11.14)
  • 「TOKYO FASHION COLLECTION Vol.1」(2013.03.03)[4]
  • 「KOBE COLLECTION 2013」(2013.03.09)
  • 「TOKYO RUNWAY」(2013.03.20)

脚注[編集]