ジョー・イエロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョー・イエロー (Joe Yellow) は、バンダナ (Bandanna) やボブ・サルトン (Bob Salton) といった名義でも活動したイタリア歌手で、音楽プロデューサーでもある、ドメニコ・リッキーニ(Domenico Ricchini、1958年 - )の名義のひとつ。

経歴[編集]

ヴァル・カモニカ出身のリッキーニは、1974年に最初のロック・バンドを組んだが、次いで編成を変えてディスコ音楽を手がけるようになった。1979年には、デラヌア (Delanuà) という名義で、ディスコマジック・レコードイタリア語版から最初のシングルを出し、1980年から1982年にかけてはボブ・サルトン名義でも様々なシングルを出した。

1983年、リッキーニは、ジョー・イエローという名義を使い、セヴェロ・ロンバルドーニ英語版の協力や、トゥラッティ=キエレガート (Turatti-Chieregato) のデュオの共演を得て、決定的な成功を収めることになったシングル「Lover to Lover」を制作し[1]、この曲は様々なダンス・チャートを上昇して、イタリア国内のみならず、諸外国、特に北ヨーロッパにおいて、ラジオで何度となく放送された。

以降の3年間、当時のダンス音楽シーンでヒット曲を出し続け、特に1984年の「Take My Heart」、1986年の「I'm Your Lover」と「Love At First」は、デン・ハロウイタリア語版サブリナ・サレルノイタリア語版バレリー・ドアイタリア語版などの歌手たちが活躍したイタロ・ディスコイタリア語版の代表曲となった。

1984年には、Rai 1 の番組『Discoring』に出演した。

その後も1980年代から1990年代初めにかけて、活動は続けられたが、音楽ジャンルの嗜好の変化から、徐々にシーンから退いていくことになったが、そうした中でもバンダナという名義で新曲を数曲発表していた。

2015年、リッキーニは、ヘロインを2包所持していたとして、逮捕された[2]

2018年には日本の音楽グループのDA PUMPが「U.S.A」をカバーし大ヒットとなった。


おもなディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 1988 - I'm your lover

シングル[編集]

  • 1983年 - Lover To Lover
  • 1984年 - Take My Heart
  • 1985年 - Recollection
  • 1985年 - Love At First
  • 1986年 - I'm Your Lover
  • 1988年 - Easy Lovers
  • 1988年 - Runner
  • 1989年 - Wild Boy
  • 1989年 - Synchronization Of Love
  • 1991年 - Last Call
  • 1992年 - U.S.A.
  • 1996年 - Lover To Lover RMX '96

脚注[編集]