ジョー・イングルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョー・イングルス
Joe Ingles
Joe Ingles Utah (cropped).jpg
ユタ・ジャズでのイングルス (2018年)
ユタ・ジャズ  No.2
ポジション SF/SG
背番号 2
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 98kg (216 lb)
ウィングスパン 216cm  (7 ft 1 in)
シュート
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Joseph Howarth Ingles
ラテン文字 Joe Ingles
誕生日 (1987-10-02) 1987年10月2日(31歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 南オーストラリア州の旗 南オーストラリア州ハッピーバレー
出身 オーストラリア国立スポーツ研究所
ドラフト  
選手経歴
2006-2009
2009-2010
2010-2013
2013-2014
2014-
オーストラリアの旗 サウス・ドラゴンズ
スペインの旗 CBグラナダ
スペインの旗 FCバルセロナ
イスラエルの旗 マッカビ・テルアビブBC
ユタ・ジャズ
受賞歴
代表歴
キャップ オーストラリアの旗 オーストラリア 2008-

ジョー・イングルス (Joseph Howarth Ingles 1987年10月2日 - )は、オーストラリアのプロバスケットボール選手。NBAユタ・ジャズに所属している。ポジションは主にスモールフォワード

来歴[編集]

イングルスは南オーストラリア州の高校大学に通いながらオーストラリア国立スポーツ研究所で修行を積み、国内リーグのサウス・ドラゴンズでプロデビュー。2009年からヨーロッパに渡りスペインイスラエルなどでプレーし、マッカビ・テルアビブBCに所属した2013-14シーズンは、ユーロリーグ優勝を経験した。その後2014年10月にロサンゼルス・クリッパーズのトレーニングキャンプに招待され、練習生契約を結ぶも[1]、10月25日に解雇されたが[2]、2日後にユタ・ジャズと契約し、晴れてNBAプレーヤーになった[3]

ユタ・ジャズ[編集]

1年目は開幕からは得意の3ポイントシュートが影を潜めていたが、終盤となった2015年3月23日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でキャリアハイの18得点をマークし[4] 7月20日に複数年契約を結んだ[5]

2016年12月8日のゴールデンステート・ウォーリアーズ戦でキャリアハイの21得点をマーク[6]。プレイオフ1回戦のロサンゼルス・クリッパーズ戦・第4試合で11アシストをマークし、勝利に貢献した[7]。2016-17シーズンは、チームで唯一人全82試合に出場し、3ポイントシュートはリーグ3位の44.1%を記録した。2017年7月1日に、ジャズと4年5200万ドルで契約を延長すると報じられ[8] 7月25日に正式に再契約をした[9]

個人成績[編集]

NBA[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 ユタ・ジャズ 79 32 21.2 .415 .356 .750 2.2 2.3 .9 .1 5.0
2015–16 ユタ・ジャズ 81 2 15.3 .426 .386 .722 1.9 1.2 .7 .0 4.2
2016–17 ユタ・ジャズ 82 26 24.1 .452 .441 .735 3.2 2.7 1.2 .1 7.1
Career 242 60 20.2 .433 .399 .738 2.4 2.1 .9 .1 5.5

ユーロリーグ[編集]

ユーロリーグチャンピオン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG PIR
2010–11 FCバルセロナ 15 4 15.7 .462 .233 .727 1.1 1.1 .8 .1 5.0 4.7
2011–12 FCバルセロナ 21 2 13.3 .375 .231 .800 1.7 1.4 .6 .0 4.3 4.4
2012–13 FCバルセロナ 29 16 20.1 .442 .394 .786 2.1 1.1 .4 .1 6.0 5.4
2013–14† マッカビ・テルアビブ 30 13 22.9 .476 .417 .697 3.0 2.9 .8 .1 6.4 9.3
Career 95 35 18.5 .443 .349 .755 2.2 1.7 .6 .1 5.6 6.3

オーストラリア代表[編集]

2008年の北京オリンピックの予選で代表デビューし、本大会に出場。2010年のFIBAバスケットボール世界選手権、2012年のロンドンオリンピック、2014年のFIBAバスケットボール・ワールドカップにも出場した。ロンドンオリンピックではパティ・ミルズデビッド・アンダーセンアロン・ベインズらと共にプレーしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]