ジョー・サトリアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョー・サトリアーニ
Joe Satriani
Joe satriani.jpg
基本情報
出生名 Joseph Satriani
別名 Satch
生誕 (1956-07-15) 1956年7月15日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ロングアイランド
ジャンル ハードロック[1]
ロック
フュージョン[1]
インストゥルメンタル・ロック[1]
職業 ギタリスト
活動期間 1980年代 - 現在
共同作業者 チキンフット
G3
ミック・ジャガー
ディープ・パープル
公式サイト SATRIANI.com
著名使用楽器
使用機材を参照

ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani、1956年7月15日 - )は、ニューヨーク州ロングアイランド出身のギタリスト。 身長172cm。

概要[編集]

主にギターインストゥルメンタルを中心に作曲しており、出世作は1987年の『サーフィング・ウィズ・ジ・エイリアン』。 同作品によってサトリアーニはテクニックだけでなく、その音楽性においても高い評価を得た。

その技術は評価が高く、名ギタリストの1人として数えられる人物である。まるでギターが喋っているかのような多彩なプレイ、代表曲「Satch Boogie」、そして自身の名前から、「Satch」(おしゃべり)の愛称で知られている。

ミック・ジャガーの初来日公演に帯同したり、ディープ・パープルライブで一時的にリッチー・ブラックモアの代役を務めたりと、大物ミュージシャンからも信頼されている。自作曲のコンサートの他に、著名ギタリスト2人と競演する「G3」が有名で、2005年5月には初めての来日公演も行っている。ジミ・ヘンドリックスに多大な影響を受けたと語っており、「G3」では楽曲のカヴァーも披露する。

昔は長髪だったが、現在はスキンヘッドサングラスをかけてステージに立つが、これは「演奏中、目を閉じているのを観客に見られるのが恥ずかしいから」とのこと。

彼のインスト曲はテレビ番組などでBGMとして使われ、「Summer Song」はスポーツ番組のダイジェストなどでたびたび採用される。

スティーヴ・ヴァイカーク・ハメットアレックス・スコルニック、チャーリー・ハンターにギターを教えた実績がある。

現在、元ヴァン・ヘイレンサミー・ヘイガーマイケル・アンソニーレッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミスと共にチキンフットとしても活動中。

発​言[編集]

「決してインストゥルメンタル・プレイヤーになろうと思っていたわけでは無かったんだよ。ビッグなヴォーカルのあるロック・バンドの一員に本当になりたかったんだ。今までいくつかのオファーもあったけど、どれもイマイチだった。このCHICKENFOOTに出会うまでは!」[2]

使用機材[編集]

メインギターは、アイバニーズのジョー・サトリアーニ・シグネイチャーモデル(JSシリーズ)。当初は22フレットのモデルのみであったが、後に24フレットのモデルが追加されている。ジョー曰く「マーケティングの必要に迫られて」とのこと。ドニー・ハントが手掛けた「Alien」や、ジョーの姉妹がペイントを施したものなど、カラフルなカラーリングを施したワンオフモデルや、ボディにメッキを施した「Chrome Boy」等、多種多様なモデルが存在する。

アイバニーズのJS10th 「Chrome Boy」

ジョーがアイバニーズのギターを使用するようになったころから愛用している「Black Dog」と彼が呼んでいるモデルは、元々黒いボディであったが、彼と彼の妻がボディに銀と紫のマーカーでグラフィティを施していた(時折塗り替えていたようである)。この「Black Dog」を再現したギターが限定発売されたこともある。

ピックアップは、ディマジオで、今までに彼の名を冠する製品が数種発売されている。

アンプとキャビネットは、現在はマーシャルで、JVMシリーズを基に改良が加えられた彼のシグネイチャーモデル。一時ピーヴィーのアンプを使用し、自身のモデルが発売されていたが、短期間の仕様に留まり再びマーシャルに戻っている。

エフェクトペダルは、永らくボスのDS-1やDD-2(3)、ジム・ダンロップの535Q、デジテックWhammyなどを使用していた。

ヴォックスからSatchurator(ディストーション)、Ice 9(オーバードライブ)、Time Machine(ディレイ)、Big Bad Wah(ワウ)といった彼のシグネイチャーペダルが発売されている。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ作品[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ノット・オブ・ディス・アース』 - Not Of This Earth (1986年)
  • 『サーフィング・ウィズ・ジ・エイリアン』 - Surfing With The Alien (1987年)
  • 『フライング・イン・ア・ブルー・ドリーム』 - Flying In A Blue Dream (1989年)
  • 『ジ・エクストリーミスト-極-』 - The Extremist (1992年)
  • 『タイム・マシーン』 - Time Machine (1993年) ※オリジナル作とライブ盤のCD2枚組
  • 『ジョー・サトリアーニ』 - Joe Satriani (1995年)
  • 『クリスタル・プラネット』 - Crystal Planet (1998年)
  • 『エンジンズ・オブ・クリエーション』 - Engines Of Creation (2000年3月14日)
  • 『ストレンジ・ビューティフル・ミュージック』 - Strange Beautiful Music (2002年6月25日)
  • 『イズ・ゼア・ラヴ・イン・スペース?』 - Is There Love In Space? (2004年4月13日)
  • 『スーパー・コロッサル』 - Super Colossal (2006年3月14日)
  • 『プロフェッサー』 - Professor Satchafunkilus and the Musterion of Rock (2008年4月1日)
  • 『ブラック・スワンズ・アンド・ワームホール・ウィザーズ』 - Black Swans and Wormhole Wizards (2010年10月5日)
  • 『アンストッパブル・モメンタム』 - Unstoppable Momentum (2013年5月7日)
  • 『ショックウェイヴ・スーパーノヴァ』 - Shockwave Supernova (2015年)
  • 『ホワット・ハプンズ・ネクスト』 - What Happens Next (2018年)

EP[編集]

  • Joe Satriani (1984年)
  • 『ドリーミング #11』 - Dreaming #11 (1988年) ※オリジナル1曲とライブ3曲のミニアルバム
  • Additional Creation (2000年3月14日)
  • Supernova Remix - The Free EP (2016年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • The Beautiful Guitar (1993年)
  • 『アンソロジー』 - The Electric Joe Satriani - An Anthology (2003年11月18日)
  • One Big Rush: The Genius of Joe Satriani (2005年)
  • Joe Satriani Original Album Classics (2008年)

ライブCD・DVD[編集]

  • 『THE SATCH TAPES』 - The Satch Tapes (1993年) ※原版はVHS、LD。2003年11月18日にDVDで再発
  • 『ライヴ・イン・サンフランシスコ』 - Live In San Francisco (2001年) ※CD、DVD、VHS
  • 『ライヴ!』 - SATRIANI LIVE! (2006年10月31日) ※CD、DVD
  • 『ライヴ・イン・パリ:アイ・ジャスト・ワナ・ロック』 - LIVE IN PARIS:I JUST WANNA ROCK (2010年4月21日) ※DVD
  • 『サッチュレイテッド -ライヴ・イン・モントリオール-』 - Satchurated: Live in Montreal (2012年4月24日) ※DVD

G3[編集]

  • 『G3ライヴ』 - G3 Live In Concert (1997年) ※CD、DVD
  • 『G3 ライヴ:ロッキン・イン・ザ・フリー・ワールド』 - G3 - Rockin' In The Free World (2004年2月24日)
  • G3 - Live In Denver (2004年2月24日) ※DVD
  • 『G3 ライヴ・イン・トーキョー』 - G3 - Live In Tokyo (2005年10月25日) ※CD、DVD

チキンフット[編集]

主な共演者[編集]

ジョー・サトリアーニのバンドメンバー[編集]

  • ジェフ・キャンピテリ(Jeff Campitelli):ドラムス
  • ネイザン・イースト(Nathan East):ベース
  • スチュアート・ハム(Stuart Hamm):ベース
  • マット・ビソネット(Matt Bissonette):ベース
  • デイヴ・ラルー(Dave Larue):ベース
  • アンディ・フェアウェザー・ロウ(Andy Fairweather Low):ギター
  • エリック・コデュー(Eric Caudieux):キーボード、ギター
  • ガレン・ヘンソン(Galen Henson):ギター ※本来はツアーマネージャーであるが、ギタリストとしても一線級のテクニックを持っているため、ツアーではバッキングを主に担当するサイドギタリストとして起用しているとの事。

G3ギタリスト(メインアクト)[編集]

G3での他の共演者(2005年の東京公演にて)[編集]

脚注[編集]