ジョー・ストロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョー・ストロング
Joe Strong
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州フェアフィールド
生年月日 (1962-09-09) 1962年9月9日(57歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 1984年 MLBドラフト15巡目(全体376位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 MLB / 2000年5月11日 アトランタ・ブレーブス
CPBL / 1990年3月17日 三商タイガース
KBO / 1998年
最終出場 MLB / 2001年5月5日 ミルウォーキー・ブルワーズ
CPBL / 1996年6月15日 味全ドラゴンズ
KBO / 1998年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョセフ・ベンジャミン・ストロングJoseph Benjamin Strong , 1962年9月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州フェアフィールド出身の元プロ野球選手投手)。右投両打。

中華職業棒球聯盟での登録名は史東

経歴[編集]

カリフォルニア大学リバーサイド校在学時の1984年にはカレッジベースボールに出場[1]同年のMLBドラフト15巡目(全体376位)でオークランド・アスレチックスに指名され契約。同年は傘下ショートシーズンA-級のメドフォード・アスレチックス英語版で20試合に登板し、5勝6敗・防御率3.88を記録。1985年は傘下A級のモデスト・アスレチックス英語版で42試合登板、7勝7敗・防御率5.06。1986年はA級モデストで36試合登板、2勝2敗・防御率3.42、傘下AA級ハンツビル・スターズで6試合登板、1勝1敗・防御率5.40をそれぞれ記録。1987年1月7日に放出され[2]、同年は登板なしに終わった。

1988年-1989年はA級レノ・シルバーソックス英語版でのプレーを経て、1990年には台湾中華職棒(CPBL)の第1回外国人選手ドラフトで味全ドラゴンズから1位指名を受け入団。1992年まで在籍した。

1993年2月12日にサンディエゴ・パドレスと契約し[2]、同年は傘下アドバンスドA+級のランチョクカモンガ・クエークスで7試合登板、1勝0敗・防御率2.70、傘下AA級のウィチタ・ラングラーズで4試合登板、1勝0敗・防御率6.75、傘下AAA級のラスベガス・スターズで21試合登板、1勝3敗・防御率5.67をそれぞれ記録するも、9月2日に放出された[2]

1994年はアドバンスドA+級のサンバーナーディーノ・スピリット英語版で12試合登板、2勝3敗・防御率6.71の成績を残し、1995年1月24日にシカゴ・ホワイトソックスと契約[2]。前年の8月から同年4月にかけてMLB史上最長のストライキが実施された影響で、同年のスプリングトレーニングにオーナー側の命令で代替選手として参加。そのため、スト破りを行った報復措置としてメジャー昇格後も選手会への加入は認められなかった。スト終結日となった4月2日、ホワイトソックスから放出され[2]、同年は独立リーグウエスタン・ベースボール・リーグサレー・グレイシアス英語版で20試合登板、8勝9敗・防御率2.75を記録。

1996年は再び台湾に渡り、中華職棒の時報イーグルスで1年間プレーした後、34歳で一旦引退し、フォークリフトオペレーターに転職したが、現役への未練を断ち切れず[3]1998年韓国球界(KBO)の第1回外国人選手ドラフトで現代ユニコーンズから1位指名を受け、現役に復帰[4]

1999年2月23日にタンパベイ・デビルレイズと契約し[2]、同年は傘下AA級のオーランド・レイズ英語版で11試合登板、1勝4敗・防御率5.68、傘下AAA級のダーラム・ブルズで6試合登板、0勝1敗・防御率7.98を記録した他、メキシカンリーグメキシコシティ・タイガースにも在籍。シーズン終了後の10月15日にFAとなり[2]2000年2月1日にフロリダ・マーリンズと契約[2]。同年の開幕も傘下AAA級のカルガリー・キャノンズで迎えたが、5月11日アトランタ・ブレーブス戦で、同じくこの日にメジャーデビューした先発のジェイソン・グリーリの後を受けて2番手として登板。プロ入り16年目、37歳にしてメジャーデビューを果たす[5][6]。これは第二次世界大戦以後のメジャーリーグでは1948年クリーブランド・インディアンズサチェル・ペイジが42歳、1960年ピッツバーグ・パイレーツディオメデス・オリーボが41歳でメジャーデビューを果たしたのに次ぐ、史上3番目の年長記録となった[3][5](当時。現在は史上5位[注釈 1])。同年マーリンズでは18試合に登板、1勝1敗・防御率7.32の成績だった。同年10月18日にFAとなった[2]が、11月3日にマーリンズと翌年の契約を結んでいる[2]

2001年にもマーリンズで5試合に登板、0勝0敗・防御率1.35の成績を残している。シーズン終了後の10月9日にFAとなり[2]、この年を最後にメジャーでの登板はなかったが、2002年4月15日にミルウォーキー・ブルワーズと契約し[2]、同年は傘下AAA級のインディアナポリス・インディアンズで15試合登板、0勝0敗・防御率4.19の成績を残す。6月2日に放出された後[2]、独立リーグ・アトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュで30試合に登板、7勝0敗・防御率1.04の成績を記録する。2003年メキシカンリーグレイノサ・ブロンコスで46試合に登板、6勝4敗・防御率2.71の成績を残し、2004年にメキシカンリーグのモンクローバ・スティーラーズで15試合登板、3勝3敗・防御率4.84、ユカタン・ライオンズで14試合登板、1勝3敗・防御率5.40の成績を残した後、アトランティックリーグのカムデン・リバーシャークスで29試合に登板、3勝0敗・防御率2.20の成績を記録したのを最後に現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1990 味全 33 25 18 5 0 16 7 3 0 .696 888 216.0 173 9 76 5 11 110 11 1 61 46 1.92 1.15
1991 34 23 16 2 2 15 10 5 0 .600 879 211.1 198 8 64 4 4 116 8 0 74 63 2.68 1.24
1992 32 26 16 1 1 12 12 2 0 .500 922 217.1 193 24 91 3 9 131 12 1 89 76 3.15 1.31
1996 時報 11 11 2 0 0 4 4 0 0 .500 263 63.0 57 8 26 1 1 28 2 1 29 28 4.00 1.32
1998 現代 53 0 0 0 -- 6 5 27 0 .545 262 58.0 64 4 29 2 54 20 19 2.95 1.60
2000 FLA 18 0 0 0 0 1 1 1 2 .500 95 19.2 26 3 12 2 2 18 2 0 16 16 7.32 1.93
2001 5 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 25 6.2 3 1 3 0 0 4 0 0 1 1 1.35 0.90
MLB:2年 23 0 0 0 0 1 1 1 2 .500 120 26.1 29 4 15 2 2 22 2 0 17 17 5.81 1.67
CPBL:4年 110 85 52 8 3 47 33 10 0 .588 3164 707.2 621 49 257 13 25 385 33 3 253 213 2.71 1.24
KBO:1年 53 0 0 0 -- 6 5 27 0 .545 262 58.0 64 4 29 2 54 20 19 2.95 1.60

獲得タイトル・記録[編集]

CPBL
  • 最多勝利:1回 (1991年)
  • 最優秀防御率:1回 (1990年)
  • 最多奪三振:1回 (1992年)

背番号[編集]

  • 27 (1990年 - 1992年、1998年)
  • 47 (1996年)
  • 50 (2000年 - 2001年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後に桑田真澄2007年に39歳で、高橋建2009年に40歳でのメジャーデビューを果たしている[7][8]

出典[編集]

  1. ^ University of California, Riverside Baseball Players Who Made it to the Major Leagues” (英語). Baseball-Almanac.com. 2016年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Joe Strong Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2016年2月3日閲覧。
  3. ^ a b 「各球団マンスリー・リポート フロリダ・マーリンズ/全米の話題呼んだ37歳の新人投手 ストロングが16年目の"晴れ舞台"」『月刊メジャー・リーグ』2000年7月号、ベースボールマガジン社、2000年、雑誌 08625-7、36頁。
  4. ^ Leagues of Their Own” (英語). 2016年2月3日閲覧。
  5. ^ a b Curry, Jack (2000年5月13日). “BASEBALL; Never Too Late To Make Debut In the Majors” (英語). The New York Times. 2016年2月3日閲覧。
  6. ^ May 11, 2000 Atlanta Braves at Florida Marlins Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2016年2月3日閲覧。
  7. ^ Fitzpatrick, Mike (2007年6月10日). “MLB - Pittsburgh Pirates New York Yankees Recap June 10, 2007”. Yahoo!. オリジナルの2011年5月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110523102800/http://sports.yahoo.com/mlb/recap?gid=270610110 2016年2月3日閲覧。 
  8. ^ The Mets’ 40-Year-Old Rookie” (英語). The New York Times (2009年5月5日). 2016年2月3日閲覧。