ジョー・ハリス (バスケットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジョー・ハリス
Joe Harris
JoeHarrisBrooklyn.jpg
ブルックリン・ネッツでのハリス(2019年2月)
ブルックリン・ネッツ  No.12
ポジション SG/SF
背番号 12
身長 198cm (6 ft 6 in)
体重 99kg (218 lb)
ウィングスパン 210cm  (6 ft 11 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Joe Malcolm Harris
愛称 Joey Buckets
ラテン文字 Joe Harris
誕生日 (1991-09-07) 1991年9月7日(29歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州の旗 ワシントン州シェラン英語版
出身 バージニア大学
NBAドラフト 2014年 33位 
選手経歴
2014-2016
2016-
クリーブランド・キャバリアーズ
ブルックリン・ネッツ
受賞歴
NBAスリーポイントコンテスト優勝:2019
Stats ウィキデータを編集 NBA.com

ジョセフ・マルコム・ハリス (Joseph Malcolm Harris1991年9月6日[1] - )は、アメリカ合衆国ワシントン州シェラン英語版出身のバスケットボール選手。NBAブルックリン・ネッツに所属している。ポジションはシューティングガード。身長198cm。

来歴[編集]

学生時代[編集]

地元ワシントン州シェラン高等学校英語版時代は、同州の最優秀選手に選出されるなどの活躍を見せた[2]。大学はバージニア大学に進学 [3]。2013年にACCの1stチームに選出されるなど活躍した。4年間大学に在籍した後、2014年のNBAドラフトにエントリーした。

キャバリアーズ時代[編集]

ドラフト33位でクリーブランド・キャバリアーズから指名された[4]。ところが、2014-15シーズンは、レブロン・ジェームズマイアミ・ヒートから4年ぶりに復帰した年でもあったため、再建から優勝狙いへと路線が変更したキャバリアーズにおいてハリスの出場時間は限られた。結局2014-15シーズンは51試合の出場で約10分の出場で3.8得点に終わり、翌2015-16シーズンは、足首の負傷もあり5試合の出場に止まり[5]、2016年1月5日にオーランド・マジックに放出されて解雇された[6][7]

ネッツ時代[編集]

2016-17シーズン開幕前の2016年7月19日、ブルックリン・ネッツと契約した[8]2017-18シーズンの2018年3月25日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦で自己最多の30得点を記録、試合はキャバリアーズに121-114で敗れた[9]

2018-19シーズンからは先発に定着し、チームの躍進を支えた。2月にはシャーロットで開催されたオールスターウィークエンド3Pシュートアウトに初出場、初優勝を決めた。その後も好調を維持し、ネッツのプレーオフ出場に貢献。自身もステフィン・カリーらを抑え、シーズン3P成功率(47.4%)で1位を獲得した。

2019-20シーズンも平均得点(14.5)とリバウンド(4.3)で自己最高を更新した。プレーオフ1回戦ではトロント・ラプターズに2連敗したところで、故障ではない個人的な理由で離脱してシーズン終了となった。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2014–15 CLE 51 1 9.7 .400 .369 .600 .8 .5 .1 .0 .5 2.7
2015–16 5 0 3.0 .250 .250 --- .6 .4 .0 .0 .2 .6
2016–17 BKN 52 11 21.9 .425 .385 .714 2.8 1.0 .6 .2 1.1 8.2
2017–18 78 14 25.3 .491 .419 .827 3.3 1.6 .4 .3 1.2 10.8
2018–19 76 76 30.2 .500 .474 .827 3.8 2.4 .5 .2 1.6 13.7
2019–20 69 69 30.8 .486 .424 .719 4.3 2.1 .6 .2 1.5 14.5
通算:6年 331 171 24.3 .479 .426 .779 3.1 1.6 .5 .2 1.2 10.4
  • 2019-20シーズンは72試合で打ち切り

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2015 CLE 6 0 2.7 .333 .333 .750 .2 .2 .0 .0 .2 1.3
2019 BKN 5 5 29.8 .372 .190 1.000 4.2 .6 .6 .0 1.8 8.8
2020 2 2 36.0 .522 .583 .500 10.0 1.0 .5 .0 1.5 16.5
出場:3回 13 7 18.2 .417 .333 .813 3.2 .5 .3 .0 1.0 6.5

記録[編集]

アメリカ代表[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

  1. ^ BasketBallReference