ジランドーニ空気銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジランドーニ空気小銃 M1780
Girandoni Air Rifle.jpg
ジランドーニ空気小銃 M1780
ジランドーニ空気小銃 M1780
種類 空気銃
製造国 神聖ローマ帝国
設計・製造 1778年
仕様
口径 11.75 mm
銃身長 1,200 mm
装弾数 22発
作動方式 圧縮空気
全長 1,250 mm
重量 4.06 kg
銃口初速 200 m/秒
歴史
配備期間 1780年-1815年
配備先 オーストリア
製造数 1,500 挺
テンプレートを表示

ジランドーニ空気小銃 M1780(ジランドーニ エアーライフル M1780)は、18世紀末期にオーストリア軍に採用された軍用空気小銃である。

歴史[編集]

1778年に南チロルの時計職人バルトロメス・ジランドーニによって試作された圧縮空気式連発ライフルは、革新的な物を好む神聖ローマ帝国皇帝ヨーゼフ2世によって1779年に採用され、1787年からの墺土戦争に投入される。一時は運用中止となったが、レオポルト2世フランツ2世によって再運用され、1780年から1815年頃までオーストリア軍で使用された。ジランドーニ空気小銃に関する多くの文献には、125から150ヤードの致死的な戦闘範囲が記載されており、中にはその範囲をかなり拡大しているものもある。暴発や燃焼煙が無いことや発砲音が小さいなどの利点があった。軍用を引退した後は民間人に猟銃として売られた物もあった。

銃身腔内には、当時のライフルが7~8条なのに対し、12条ものライフリングが施されていた。左右にスライドするだけで球状弾丸を装填(後装式)できる装填装置付きの22発入り管状弾倉(チューブマガジン)を銃本体右側面に備えていた。弾倉の後方にマッチロック銃やフリントロック銃の物に類似した撃鉄を備えるが、内部機構を作動させるための物であり打撃するための物ではない。銃床を兼ねた取り外し可能(ねじ式)なエアータンク(空気貯槽)は約30発~50発の発砲が可能であったが、取り外したエアータンクを満たすのに(手動ポンプで自転車のタイヤに空気を入れるように)約1,500往復の手動圧縮(ポンピング)を要した。その後、ワゴン搭載のコンプレッサーが用意された。この容量1リットルでフルチャージ状態で54~67気圧になるエアータンクは、リベットで留められ蝋付けで密封された薄鉄板から作られており、当時の技術で製造することは非常に困難であり、常に供給が不足していた。このエアータンクは総生産数1,500挺の銃本体に対し4,500個製造された。加えて、本銃は非常に繊細で、エアータンクの小さな破損で空気漏れを起こし操作不能になった。また、当時の他の兵器とは大きく異なり、使用するには広範な訓練が必要であった。

ルイス・クラーク探検隊は、このライフルを使って、遠征中に遭遇したアメリカ先住民のほぼすべての部族に向けてデモを行った。

ジランドーニ空気小銃で実用化された空気銃は、ヨーロッパ各国に広がっていき、日本にもオランダを通じて伝わり、1819年には日本初の国産空気銃が国友鉄砲鍛冶である国友一貫斎により製作された。