ジラール家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジラール家フランス語:Girardides、ドイツ語:Gerhardiner)またはマットフリーデ家(ドイツ語:Matfriede)[1]は、ヨーロッパでもっとも古くから続く貴族の家系の一つであり、その起源は8世紀にさかのぼることができる。

その家名は時代によって変わり、初期の世代はジラール家(ドイツ語:ゲルハルト家、始祖ジェラール伯から)またはアダラール家(ドイツ語:アダルハルト家、フランク王ルートヴィヒ1世のセネシャルであったアダラール1世から)と呼ばれ、パリ伯メッツ伯(メス伯)を継承し、カロリング家とはたびたび姻戚関係を築いた。

11世紀半ばはマットフリーデ家マトフリード家)と呼ばれ、メッツ伯を継承したが、ロレーヌ公となった後はシャトノワ家と呼ばれた。さらに18世紀、ロレーヌ公フランツ3世シュテファンがオーストリア女公マリア・テレジアと結婚した後は、ハプスブルク=ロートリンゲン家と呼ばれるようになった。

系図[編集]

 
 
 
 
ジェラール1世
(-779)
パリ伯
 
ロトルーデ
(宮宰カールマンの娘?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アマルトルーディス
 
エティエンヌ
(754-811)
パリ伯
 
ベゴン1世
(755/60-816)
トゥールーズ伯
パリ伯
 
アルパイス
(794-852)
(フランク王ルートヴィヒ1世娘)
 
 
 
 
 
ルタール1世
(760/5-809)
フェザンサック伯
パリ伯
 
グリムヒルド
 
ロチルド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベルトラーダ
 
シュザンヌ
=フラヴィニー伯ウルフハルド1世
 
ルタール2世
(c.806-858/9)
パリ伯
 
エベラール
(c.808-861/71)
北ブルグントの伯
 
ウード
(-834)
オルレアン伯
 
インゲルトルート
(805-?)
 
ジェラール2世
(800-878/9)
パリ伯
ヴィエンヌ伯
 
アダラール1世
(810-870)
メッツ伯
セネシャル
 
マトフリード1世
(795-836/7)
オルレアン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アダラール
(830-890以降)
パリ伯
 
ウルフハルド2世
 
ヴュルグラン1世
アングレーム伯
タイユフェル家祖)
 
ベゴ2世
(-861以降)
パリ伯
 
 
 
エルマントルド
 
シャルル2世
西フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
マトフリード2世
(820-882以降)
アイフェルガウ伯
 
インゲルトルート
1=ボソ4世
ボゾン家
2=Wangar
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルフハルド
(855-880/93)
フラヴィニー修道院長
 
アデライード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ2世
西フランク王
 
 
 
 
 
アダラール2世
(840/5-889/90)
メッツ伯
 

(または姪)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルマントルド
 
 
 
シャルル3世
西フランク王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リシャール
(880-945)
プリュム修道院長
リエージュ司教
 
ラダルズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィゲリック
ビドガウ伯
ロタリンギア宮中伯
 
クニグンデ
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェラール1世
(870-910)
メッツ伯
 
オーダ
(ザクセン公オットー1世娘)
 
ハインリヒ1世
(876-936)
東フランク王
 
マトフリード1世
(875-926以降)
メッツ伯
 
ラントジント
 
ダド
ヴェルダン司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィヒフリト
(c.901-953)
ケルン大司教
 
ゴツェロ
ビドガウ伯
 
オーダ
(905-963)
 
エルマントルド
 
 
 
ゴットフリート
(c.905-949)
ロタリンギア宮中伯
ユーリヒガウ伯
 
 
 
オットー1世
(912-973)
神聖ローマ皇帝
 
アダルベール1世
(c.900-944)
メッツ伯
 
リウトガルト
(915-960)
(トリーアガウ伯ウィゲリック娘)
 
エーバーハルト4世
(-967)
ノルトガウ伯
 
バルノワン
(-939)
ヴェルダン司教
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルデンヌ家
 
 
ゴットフリート1世
(925/35-964)
エノー伯
下ロレーヌ公
 
ジュルベルジュ
(925/35-996以前)
=ゲルデルン伯メギンゴーズ
 
ジェラール2世
(925/35-?)
メッツ伯
 
 
リウトガルト
 
コンラート
(c.922-955)
ロートリンゲン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルマントルド
=ヴェッテラウ伯ヘリベルト(コンラディン家
 
リシャール[2]
(950-986)
メッツ伯
 
 
 
 
オットー1世
(c.948-1004)
ケルンテン公
 
ルイトガルト
 
フーゴ5世
ノルトガウ伯
 
ヘートヴィヒ
=ルクセンブルク伯ジークフリート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーファー
(ルクセンブルク伯ジークフリート娘)
 
ジェラール3世
(965-1024/5)
メッツ伯
 
ユーディト
(シュヴァーベン公コンラート1世娘)
 
アダルベール2世
(-1033)
メッツ伯
 
アーデルハイト
(c.970-1046)
 
 
 
ハインリヒ
ヴォルムスガウ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジークフリート
(-1017)
 
ベルシンダ
(-1002以前)
ルミルモン女子修道院長
 
ギーゼラ
(上ロートリンゲン公ディートリヒ1世娘)
 
ジェラール4世
(-1044/5)
メッツ伯
 
イタ
(995-1035以降)
=クレットガウの伯ラトボート
 
 
コンラート2世
(990-1039)
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
エーバーハルト5世
ノルトガウ伯
 
フーゴ6世
ノルトガウ伯
エギスハイム伯
 
ハイルヴィヒ
(ダグスブルク伯ルートヴィヒ娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アダルベール
ロレーヌ公
 
ジェラール
ロレーヌ公
 
ハプスブルク家
 
 
ハインリヒ3世
(1017-1056)
神聖ローマ皇帝
 
 
 
 
 
ゲルハルト1世
エギスハイム伯
 
フーゴ7世
ダグスブルク伯
 
ブルーノ
(1002-1054)
(教皇レオ9世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャトノワ家
 
 
 
 
 
 
ハインリヒ4世
(1050-1106)
神聖ローマ皇帝
 
フリードリヒ
(c.1020-1053)
リースガウ伯
 
ヒルデガルト
(1024/35-1094/5)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグネス
(1072/3-1143)
 
 
 
フリードリヒ1世
(c.1050-1105)
シュヴァーベン公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホーエンシュタウフェン朝
 

脚注[編集]

  1. ^ フランス語ではマトフリード家またはマットフリード家と呼ばれる。
  2. ^ 父はマトフリードとも言われている。

参考文献[編集]

  • Detlev Schwennicke: Europäische Stammtafeln Band I.2 (1999) Tafel 204
  • V. Châtelain, in: Jahrbuch der Gesellschaft für lothringische Geschichte und Altertumskunde XIII, 1901
  • Annales de la Société archéologique de Namur XXXVI, 1923
  • Eduard Hlawitschka: Die Anfänge des Hauses Habsburg-Lothringen, 1969
  • Severin Corsten: Die Grafen von Jülich unter den Ottonen und Saliern, in: Beiträge zur Jülicher Geschichte Nr. 45, Dezember 1978
  • Stefan Weinfurter/ Odilo Engels: Series Episcoporum Ecclesiae Catholicae Occidentalis V,1, Stuttgart 1984
  • Winfried Glocker: Die Verwandten der Ottonen und ihre Bedeutung in der Politik. Studien zur Familienpolitik und zur Genealogie des sächsischen Kaiserhauses, Köln-Wien 1989
  • Rüdiger E. Barth: Der Herzog von Lothringen im 10. Jahrhundert, Sigmaringen 1990