ジ・エンド (ビートルズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > ジ・エンド (ビートルズの曲)
ジ・エンド
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
英語名 The End
リリース 1969年9月26日 (1969-09-26)
録音
ジャンル ハードロック[2]
時間 2分19秒
レーベル アップル・レコード
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

アビイ・ロード 収録曲
キャリー・ザット・ウェイト
(B-9)
ジ・エンド
(B-10)
ハー・マジェスティ
(B-11)
ミュージックビデオ

ジ・エンド」(英語: The End)は、ビートルズの楽曲。1969年9月に発売された11作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『アビイ・ロード』に収録された。レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲。アルバム『アビイ・ロード』のB面の特徴であるメドレー「ザ・ロング・ワン」(英語: The Long One)の8曲目にあたる楽曲で、メドレー全体を締めくくる楽曲となっている。また、ビートルズのレコードで唯一、リンゴ・スターがドラムソロを披露した楽曲ともなっている[3]

背景・曲の構成[編集]

本作の歌詞が刻まれた盾

スターのドラムソロをはじめとした各人の楽器のソロパートが含まれている。スターは「ソロを面白いと思ったことは一度もない」と語るなど、ドラムソロを嫌っていて拒否していたが[4]ジョージ・マーティンの説得により演奏した。このことについてスターは「ジョージ・マーティンに説得された。僕が叩いている間、彼がずっと数を数えていた。時間を稼がなくちゃならなかったから。それで僕は妙ちくりんなタイミングで切り上げることになった。長さが13小節だったからね。とにかく僕はソロを叩いたし、これはあくまで特例だ。やり終えた今は満足してるけどね」と語っている[3]。このドラムソロは、アイアン・バタフライの楽曲「In-A-Gadda-Da-Vida」におけるロン・ブッシー英語版のドラミングを模したもの[5]

ドラムソロが終わると、マッカートニー、ジョージ・ハリスンジョン・レノン(演奏順)[6]によりギターソロリレーが始まり、各人2小節のギターソロを3回演奏している[7][8]。このセクションは、ハリスンによる提案で、レノンが3人がそれぞれのセクションを演奏することを提案した[9]

各人のソロパートの後に、「And, in the end, the love you take/ Is equal to the love you make.(結局、あなたが得る愛は、あなたが与える愛(の量)に等しい)」というメッセージが歌われるという構成になっている。マッカートニーは、「メドレーをちょっと意味のある連句で締めたかったから、シェイクスピアを追求して書いた」とコメントし[10][3]、マッカートニーに多い物語調の歌詞を嫌っていたレノンは「見ろ、アイツだって書こうと思えばこういう哲学的な歌詞が書けるんだ」と皮肉半分に賞賛した[11][注 1]

レコーディング[編集]

「ジ・エンド」のレコーディングは、1969年7月23日にEMIスタジオの第3スタジオで開始された。テープ・ボックスには「Ending」と表記されていた[13][3]。8トラック・レコーダーのトラック1と2にスターのドラムス、トラック3にレノンのギター、トラック4にハリスンのギター、トラック5にマッカートニーのベースが録音された[3]。記録上はメドレー「ザ・ロング・ワン」のメイン・セクションが7テイクから録音されたことになっているが、テープにはテイク7の後に22から33までの番号がふられたアウトテイクが収録されている。このことから、33回ものリハーサル・テイクののちに、テープが巻き戻されて改めてカウントが開始されたと推測できる[3]

7月30日にメドレー「ザ・ロング・ワン」に含まれる楽曲のレコーディングが完了したため、曲順を決めるための仮編集が行われたが、この段階ではボーカルやギターソロ、オーケストラは含まれていなかった[3]。試作段階のメドレーは、2019年に発売された『アビイ・ロード (スーパー・デラックス・エディション)』のCD3に収録された。

8月5日に曲頭のボーカル、7日にボーカル(「Love you」と繰り替えすパート)とギターソロ、アルバムのカバー写真の撮影が行なわれた8月8日にベースとドラムスが追加された[3]。その後8月15日にオーケストラ、18日にエンディング部分のピアノとボーカルが追加されて完成となった[3]

また、スターのドラムソロには当初タンバリンとギターの音が入っていたが[13]、ミキシング時にカットされた[14]。このカットされた音が含まれたアレンジは、1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』に収録された。こちらでは、前述のカットされた音が含まれている他に、ギターソロやオーケストラが強調され[15]。曲の最後には「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のピアノコードが加えられている[15]

演奏[編集]

※出典[1]

その他[編集]

2006年に発売されたリミックス・アルバム『LOVE』に収録されている「ゲット・バック」には、ドラムソロとポールの2回目のギターソロとジョンの最後のギターソロが使用されている。

マッカートニーは『Get Back Tour』で披露して以降、コンサートでのアンコールのエンディングナンバーとして演奏されており、『ポール・マッカートニー・ライブ!!』『ポール・マッカートニー・ライブ・ハイライツ!!』『バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002』『バック・イン・ザ・ワールド』等のライブ・アルバムにライブ音源が収録されている。また、2012年に開催されたロンドンオリンピック開会式で、フィナーレにポール・マッカートニーが「ヘイ・ジュード」と共に演奏した[17][18]

ビータリカメタリカの「ジ・エンド・オブ・ザ・ライン」をカバーした際に、「ジ・エンド」のメロディを使用している[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この時、レノンは同フレーズを引用して賞賛しているが、「And in the end, the love you get is equal to the love you give」と間違ってしまっている[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c Abbey Road 2019, p. 13.
  2. ^ Unterberger, Richie. “The Beatles Abbey Road”. AllMusic. 2012年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Abbey Road 2019, p. 14.
  4. ^ Larry King Show 2007.
  5. ^ Womack 2014, p. 258-259.
  6. ^ The Beatles 2000, p. 337.
  7. ^ MacDonald 2005, p. 361.
  8. ^ Winn 2009, p. 316.
  9. ^ “100 Greatest Beatles Songs: 23. 'Abbey Road Medley'”. Rolling Stone. (2001-09-19). オリジナルの2014-01-22時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140122184759/http://www.rollingstone.com/music/lists/100-greatest-beatles-songs-20110919/abbey-road-medley-19691231 2019年9月15日閲覧。. 
  10. ^ Miles 1997, p. 558.
  11. ^ Sheff 2000, p. 204.
  12. ^ Hal Leonard 1993, p. 252-253.
  13. ^ a b Lewisohn 1988, p. 181.
  14. ^ Apple Records 1996.
  15. ^ a b Winn 2009, p. 317.
  16. ^ Lewisohn 1988, p. 190.
  17. ^ 開会式「ヘイ・ジュード」は“口パク”の予定だった?”. 産経新聞 (2012年7月29日). 2012年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月8日閲覧。
  18. ^ ポール、8万人大合唱!機械トラブルで急きょ大合唱”. スポーツ報知 (2012年7月29日). 2012年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月8日閲覧。
  19. ^ Beatallica - Carry That Weight is another Jaymz tune, so... - Facebook”. 2018年10月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • (1996年) The BeatlesAnthology 3』のアルバム・ノーツ [booklet]. London: Apple Records.
  • The Beatles (2000). The Beatles Anthology. San Francisco: Chronicle Books. ISBN 0-8118-2684-8 
  • The Beatles - Complete Scores. Milwaukee: Hal Leonard Publishing Corporation. (1993). ISBN 0-7935-1832-6 
  • ハウレット, ケヴィン (2019) (楽曲解説). アビイ・ロード (スーパー・デラックス・エディション). アップル・レコード 
  • Interview Transcript”. Larry King Show (2007年6月26日). 2019年9月15日閲覧。
  • Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1 
  • MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
  • Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt & Company. ISBN 0-8050-5249-6. https://archive.org/details/paulmccartneyman00mile 
  • Sheff, David (2000). All We Are Saying: The Last Major Interview with John Lennon and Yoko Ono. New York: St. Martin's Press. ISBN 0-312-25464-4. https://archive.org/details/allwearesayingla00lenn 
  • Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-307-45239-9 
  • Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. ISBN 978-0-313-39171-2