ジーン・バッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ジーン・バッキー
Gene Bacque
Gene Bacque and his family.jpg
ベースボール・マガジン社『ベースボール・マガジン』第7巻第10号(1964)よりジーン・バッキー(右)とその家族
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州ラファイエット
生年月日 (1937-08-12) 1937年8月12日
没年月日 (2019-09-14) 2019年9月14日(82歳没)
身長
体重
191 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1962年8月9日
最終出場 1969年7月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジーン・マーティン・バッキーGene Martin Bacque, 1937年8月12日 - 2019年9月14日)は、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手投手)。

海外出身選手として初めて沢村栄治賞を受賞した。

経歴[編集]

アメリカ合衆国ルイジアナ州ラファイエットに生まれたフランス系移民人で、サウスウエスタン・ルイジアナ大学(University of Southwestern Louisiana:ルイジアナ大学ラファイエット校の前身)卒業。

1957年よりマイナーリーグでプレー。1962年に3Aのハワイ・アイランダーズ(現在は解散)に在籍していたが、解雇されかかっていたところを、当時スポーツニッポンの記者で、阪神監督の藤本定義からの要請で調査に当たっていた有本義明の目に留まり、入団テストを受ける運びとなる[1]川崎製鉄のグラウンド(現在の西宮市津門中央公園野球場)で藤本定義が見守る中で捕手の辻恭彦を相手にテストを受ける[2]。テストでのバッキーは球速はあってもコントロールがむちゃくちゃであったが、「磨けば光るかもしれない」という藤本監督の意向[3]で合格し、同年7月21日に入団。契約金はなく年俸はわずか80万円だったという[4]

阪神入団当初はコントロールが悪く、途中入団の1962年は0勝、翌1963年は8勝と力を出せずにいたが、小山正明スライダーの研究や、1964年に投手コーチに就任した杉下茂による猛烈なトレーニングで下半身を鍛えられて制球力をつける[5][6]。先発投手の仲間入りをし、小山がトレードで抜けた後村山実とともに二枚看板のエースとなった。

1964年は29勝9敗、防御率1.89の好成績を挙げ、最多勝利最優秀防御率タイトルを獲得し、ベストナイン沢村賞に選ばれたが、外国人選手が沢村賞を受賞するのはこれが初めてだった[7]。バッキーの活躍でこの年の阪神はセントラル・リーグの優勝を果たした。同年の日本シリーズでは南海ホークスと対戦、第6戦でエースのジョー・スタンカと投げ合ったが0-4で敗れた。この年のシーズン200奪三振は、2014年ランディ・メッセンジャーが226奪三振を記録するまで、球団所属外国人投手の最多シーズン奪三振記録であった[8]

1965年の6月28日には読売ジャイアンツ相手にノーヒットノーランを記録する。この年も18勝(14敗)、防御率2.28(7位)を記録すると、1966年14勝、1967年18勝と安定した成績を残した。1968年も13勝と5年連続で2桁勝利を続けていたが、同年9月18日の対巨人戦で、自身が投球した王貞治への危険球を巡って発生した乱闘において、巨人のコーチ荒川博を強く殴った衝撃で右手の親指骨折[9]

このケガからの復活を目指し、シーズンオフの10月29日に阪神を退団し11月9日近鉄へ移籍した。翌1969年は骨折こそ完治したものの、三塁線の打球処理の際にを傷めた[10]ことが尾を引いて球威は戻らず0勝7敗に終わり、スタンカと並んでいた外国人投手の通算勝利記録(100勝)を更新できずに同年9月25日に帰国し11月25日現役引退が発表された[11]

引退後は、高校あるいは中学校[8]の教師を27年間つとめ[8]、のち「阪神タイガースのオカネ」を元手にして牧場経営に携わった[8]。2011年に妻を亡くし、牧場は息子に任せて故郷ラファイエットで引退生活に入った[8]。引退後もOB戦や仕事の関係でたびたび来日。王や荒川とも遺恨はなく、ともにセ・リーグで戦ったライバル同士として非常に仲がよい。2014年10月の日刊スポーツによるインタビューによれば、日本時代に受けた椎間板ヘルニアの手術箇所が最近になって痛み出し、長い距離の歩行が難しくなっていたという[8]

2019年9月10日に右総腸骨動脈瘤手術を受け、術後の合併症により出血性脳卒中を併発。14日、ルイジアナ州の病院にて死去[12]。82歳没。

選手としての特徴[編集]

高い上背と長い腕をくにゃくにゃ動かすのような投球フォームで[13]、ボールそのものに凄みはなかったが、上手・横手からの変幻自在な投法と得意のナックルボールを決め球とした。また、右打者の外角へ入るシュートも武器としたほか[4]、ストライクを取る球として小山正明から習ったスライダーも持ち球としていた[14]

本塁打を打たれると怒りを爆発させるところがあり、ある巨人戦で四番・長嶋茂雄に本塁打を食らうと、五番・国松彰に2球連続で背中の後ろに投球したことがあった。打者は普段、内角の球に対して後方に下がって逃げていることから、この本来逃げる方向への投球はかなりの恐怖感を与えたという[14]

人物[編集]

彼の姓の発音は日本語で表記すると「バックエ」に近い。日本に来た際に「何だか化け物のようだ」と言われ、太平洋戦争前に活躍したバッキー・ハリスにあやかり「バッキー」と表記することになった。

テスト入団であったため、通訳もつけてもらえず、住居も阪神甲子園球場裏の長屋住まいで[15][16]、自転車で甲子園に通った[3]。そのためハングリー精神旺盛であり、また日本語を覚えてチームメートとも溶け込み、仲良くなっていった[17][18]。「日本人以上に日本人らしい助っ人外人だった」と監督であった藤本定義も語っている。

陽気さと真面目な性格でチームメイトはもちろん他球団の選手からも親しまれた。1963年5月26日の大洋戦で9回2死から浜中祥和にヒットを打たれ、ノーヒットノーランを打ち砕かれたばかりか敗戦投手になったバッキーは、翌日浜中を見つけるや「コラ~! 浜チャン~! コラ~!」と叫びながら浜中を追いかけまわし、周囲を笑わせた。

一方でマウンドでは闘志をむき出しにし、ノックアウトされてベンチに戻ってきた時はグラブを叩きつけて怒るほどであった[19]。当時のチームメイトの証言によると、巨人戦ではいつも以上に勝利への執念を燃やし、マウンドのプレートを土で隠して見えないようにし、プレートの前から投げることがしばしばだったという。あるとき、バッキーの好投に敗れた試合後、長嶋茂雄は「今日のバッキーはいつもより大きく見えた」と語ったことがある。

バッキーのマウンド姿の映像は多く現存しており、小津安二郎監督の映画『秋刀魚の味』(1963年)では、笠智衆中村伸郎が飲んでいる居酒屋テレビに阪神対大洋戦のテレビ中継画面が映り、そこでバッキーが大洋の4番打者桑田武を迎えるというシーンが登場する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 阪神 8 4 0 0 0 0 3 -- -- .000 100 23.0 23 1 10 1 0 16 1 0 12 12 4.70 1.43
1963 33 23 7 1 0 8 5 -- -- .615 619 151.2 121 8 60 1 3 74 0 0 50 42 2.49 1.19
1964 46 38 24 4 0 29 9 -- -- .763 1391 353.1 280 11 94 6 6 200 9 0 85 74 1.89 1.06
1965 40 30 20 6 1 18 14 -- -- .563 1024 256.2 211 9 71 4 4 112 5 1 75 65 2.28 1.10
1966 40 32 14 6 1 14 16 -- -- .467 997 243.0 222 15 69 3 9 114 1 0 91 75 2.78 1.20
1967 38 31 19 2 3 18 12 -- -- .600 1038 258.1 196 11 73 4 16 141 2 0 79 66 2.30 1.04
1968 34 31 19 3 3 13 14 -- -- .481 1006 255.1 205 18 49 3 8 142 6 0 87 62 2.19 0.99
1969 近鉄 12 10 2 0 0 0 7 -- -- .000 239 55.1 54 5 16 2 5 26 4 0 27 20 3.27 1.27
通算:8年 251 199 105 22 8 100 80 -- -- .556 6414 1596.2 1312 78 442 24 51 825 28 1 506 416 2.34 1.10
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 4(1962年 - 1969年)

脚注[編集]

  1. ^ 元スポニチ本紙記者語るバッキー獲得秘話 ハワイで見た速球とナックル「これは使える」
  2. ^ 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』185頁
  3. ^ a b 週刊ベースボール別冊[陽春号]『阪神タイガース60年史』ベースボール・マガジン社、94頁
  4. ^ a b 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』367頁
  5. ^ 【虎のソナタ】退路断ち必死のパッチ、恐妻家で誰からも愛されたバッキー あの“青春群像”状態が今の藤浪にあれば…
  6. ^ 【ありがとう八十年(157)】杉下茂、制球力抜群の江夏獲得を進言
  7. ^ 【広島】ジョンソンに沢村賞、外国人の選出はバッキー以来52年ぶり2人目 - 2016年10月24日 スポーツ報知
  8. ^ a b c d e f 日刊スポーツ(大阪)2014年10月9日付
  9. ^ 「先に手を出したのはアイツだ!」大荒れGT戦第3R[リンク切れ]
  10. ^ バッキー氏「思い出の中には常にオクサンがいる」
  11. ^ これが最後とは夢にも思わず…バッキー2人目の100勝達成
  12. ^ "元阪神エースのバッキー氏死去 日本通算100勝". ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 15 September 2018. 2018年9月15日閲覧
  13. ^ 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』186頁
  14. ^ a b 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』187頁
  15. ^ トラの助っ人コラム メッセンジャーの「Messe's Road」
  16. ^ バッキーでも木造アパート、今とは雲泥の外国人待遇
  17. ^ 仲間に恵まれたバッキー氏
  18. ^ 成功する外国人選手は、厄介な日本語を含め日本を丸ごと受け入れた人たち。文化住宅に住み、子ども2人をもうけたバッキーの“超適応”
  19. ^ 前掲書、140ページ。
  20. ^ ベースボール・マガジン社刊「俺たちの川崎ロッテ・オリオンズ」59ページ

参考文献[編集]

  • 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』恒文社、1976年
  • 『豪球列伝-プロ野球不滅のヒーローたち』文藝春秋〈文春文庫ビジュアル版〉、1986年

関連項目[編集]