スカイトレイン (MIA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スカイトレイン
Skytrain
Skytrain leaving Station 3 near control tower, MIA.jpg
概要
種別 People mover
現況 現在運行中
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州マイアミ都市圏
マイアミ国際空港
駅数 4駅
路線 1路線
運営
開業 2010年9月15日
路線構造 コンコースD内の空港立入り禁止区画を取り扱う
使用車両 三菱クリスタルムーバー車両
路線諸元
最高地点 高架
テンプレートを表示

スカイトレイン: Skytrain)は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ都市圏にあるマイアミ国際空港 (MIA) にて運行されている、エアサイドのAutomated People Mover (APM) システムである。

当システムは、アメリカン航空向けの主要な国際線ハブである、空港のコンコースD内で運行されている。 当システムは、コンコースDの拡張時の一部として2010年に開業しており、マイル長のコンコースを、端から端まで5分で旅客輸送することができる。

スカイトレインは、空港で別々に運行されている3つのAPMシステムのうちの一つである。 他には、マイアミ・インターモーダル・センター英語版を結んでいるMIAムーバーと、コンコースEのサテライトを結んでいるピープルムーバーがある。

システム[編集]

軌道およびを含むスカイトレインの構造物は、コンコースDの上部に配置されている。 当システムには4駅あり、D17、D24、D29およびD46のゲートに位置している。

4両編成の列車が使用されている当システムの車両は、(MIAムーバーでも同型が運行されている)三菱重工業クリスタルムーバーである。 列車の2両には、コンコースを通じて国内線の旅客を乗せており、もう一方の他2両には、コンコースD出入国管理および税関施設に、国境税関をクリアしていない国際線到着便の旅客を輸送するのに使用されている。 これは、2カ所の別々の搭乗ロビーに駅を設置することにより実現している[1]

事故[編集]

2015年12月22日に、スカイトレインが脱線し、一時的に運行休止となった。 車両のうち1両がコンコースの屋根に激突しており、他の車両は脱線していた。

この事件は、当システムがメンテナンスを受けていたときに発生している。 そのため、列車は保守作業員1名を除いて空車であった。 その後、車両が撤去され、格納庫で原因調査されている。

同年12月26日に、スカイトレインが再開業された。 脱線した原因については、2015年現在、調査中である[2]

脚注[編集]