スカイメサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スカイメサ
現役期間 2002年 - 2003年
欧字表記 Sky Mesa
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2000年1月21日
Pulpit
Caress
母の父 Storm Cat
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 ハーバーヴューファーム
馬主 ジョン・オクスリー
調教師 ジョン・ワード・ジュニア(アメリカ)
競走成績
生涯成績 6戦3勝
獲得賞金 63万3076米ドル
テンプレートを表示

スカイメサ (Sky Mesa) はアメリカ合衆国で生産された元競走馬で、現在はスリーチムニーズファームで繋養されている種牡馬である。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

競走馬時代はダート競走で活躍していた。2歳時の2002年8月に競走馬デビュー戦で勝利し、続く重賞及びG1競走初挑戦となったホープフルステークスエドガー・プラードが騎乗して制し、デビュー2戦目で重賞及びG1競走初勝利を挙げた[1]。その後はブリーダーズフューチュリティステークス(当時G2)も制した。

3歳時の2003年ハスケル招待ハンデキャップで2着、ドワイアーステークス (G3) で3着となったが勝利することはできずに、当年限りで競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

4歳となった2004年よりケンタッキー州にあるスリーチムニーズファームで種牡馬入りした。

産駒は当馬と同じくダート競走を中心に走っており、2年目の産駒となる2006年に誕生したスカイディーバが2008年フリゼットステークスを制して産駒がG1競走初勝利を挙げている。なお、同馬は繁殖牝馬として日本に輸入された。

日本にも競走馬としての産駒が輸入されており、2008年5月に初年度産駒でもあるエーシンサンスターが産駒の中央競馬初勝利を記録している。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

スカイメサ血統シアトルスルー系 / Secretariat 4×4=12.50%、Monarchy・Round Table 4×5=9.38%、Raise a Native 4×5=9.38% (血統表の出典)

Pulpit
1994 鹿毛
父の父
A.P.Indy
1989 黒鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Weekend Surprise Secretariat
Lassie Dear
父の母
Preach
1989 鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Narrate Honest Pleasure
State

Caress
1991 黒鹿毛
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
母の母
La Affirmed
1983 鹿毛
Affirmed Exclusive Native
Won't Tell You
La Mesa Round Table
Finance F-No.1-s

血統背景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鞍上のプラードとワード・ジュニア厩舎は共に同競走初勝利となった。