スカイライン -奪還-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スカイライン -奪還-
Beyond Skyline
Beyond skylinelogo.png
監督 リアム・オドネル
脚本 リアム・オドネル
製作 マシュー・ショーズ
グレッグ・ストラウス
コリン・ストラウス
製作総指揮 アレン・リウ
キティ・ロン
アレン・ヴァン・ダム
マイケル・ウィルアン
出演者 フランク・グリロ
ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
音楽 ネイサン・ホワイトヘッド
撮影 クリストファー・プロブスト
編集 ショーン・アルバートソン
バナー・グウィン
製作会社 ハイドラックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ヴァーティカル・エンタテインメント英語版
日本の旗 REGENTS=ハピネット
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年12月15日
日本の旗 2018年10月13日[1][2]
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[3]
前作 スカイライン -征服-
テンプレートを表示

スカイライン -奪還-』(スカイライン だっかん、Beyond Skyline)は、2017年アメリカ合衆国SFアクション映画2010年の映画スカイライン -征服-』の続編。監督はリアム・オドネル、出演はフランク・グリロボヤナ・ノヴァコヴィッチなど。

ストーリー[編集]

突如現れた宇宙人により、軍にも敵わなく地球はまる3日間で征服されてしまった。しかし、地上には宇宙人に反撃しようとする人間が残っていた。今、人類は大切な人を守り抜くため、宇宙人に対する反撃が始まる。

侵略者[編集]

突如地球へと襲来し、人々を次々に吸収してきた異星人。あらゆるタイプのエイリアンを備えており、青い光などで人々をおびき寄せ、その隙に吸収、捕獲するなど、あらゆる手段で攻撃を仕掛けていた。弾道ミサイルでも手に負えない程のパワーを持っており、たとえ宇宙船が破壊寸前でも再生できるなど、人類側は、勝ち目もなくまる3日間で征服されてしまった。 本作は、前作に登場したエイリアンに、さらに2体追加され、デザインも一部変更された。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]