スカンエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スカンエア
IATA
DK
ICAO
VKG
コールサイン
Viking
設立 1961年
運航停止 1994年 (プレミエアー英語版へ統合)
ハブ空港 スウェーデンの旗 ストックホルム・アーランダ空港[1]
親会社 スウェーデンの旗 スカンジナビア航空
スローガン サンジェット(SunJet)
テンプレートを表示

スカンエア(Scanair)は、1961年から1994年までスウェーデンストックホルムブロンマ英語版に本社を置いていたチャーター便の運航会社である[2]

スカンエアのエアバスA300B2-1C

歴史[編集]

ダグラス DC-8-33
ボーイング727-100[注 1]

スカンエアは、1961年6月にスカンジナビア航空の子会社としてデンマークで設立された。初期の頃は、ダグラス DC-7を使用し、スペイン北アフリカへチャーター便を運航していた。1965年に、本社をストックホルムへ移し、スカンジナビア航空の保有するダグラス DC-8での運航も開始した。まもなく、2機のボーイング727も機材に加わり、スカンジナビア周辺地域で最大のチャーター便運航会社となった。

マクドネル・ダグラス DC-10-10

冬季には、カナリア諸島や、スリランカタイオーストリアドイツスイスなどのリゾート地へチャーター便を運航していた。定員を増やすため、エアバス A300を導入したが、さらに定員の多いマクドネル・ダグラス DC-10へ置き換えられた。スカンエアは、1980年代には年間200万人に利用されたが、1994年1月1日にコンエアー英語版と合併し、プレミエアー英語版(現、トーマス・クック航空スカンジナビア)となった[3]

保有機材[編集]

スカンエアが保有していた機材は以下の通り[4]

機材 保有数 備考
ダグラス DC-8 21 -55/-61/-62/-62CF/-63/-63PF型機
マクドネル・ダグラス DC-10 12 -10/-30型機
マクドネル・ダグラス MD-82 3
マクドネル・ダグラス MD-83 5
ボーイング747 5 -143/-283B/-283BM型機
エアバス A300B4 3 -120型機

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ トランスエア・スウェーデンの保有機材であったが、同社がスカンジナビア航空の子会社となった後に、スカンエアとの共通運用が行われるようになり、尾翼に「SunJet」のロゴが入れられた。

出典[編集]

  1. ^ Scanair fleet and history”. 2018年11月25日閲覧。
  2. ^ "World Airline Directory." Flight International. 24-30 March 1993. 120.
  3. ^ Hengi, [要ページ番号]
  4. ^ Scanair Fleet”. Fly Team. 2018年11月27日閲覧。