スクウェア・エニックス・ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
SQUARE ENIX HOLDINGS CO., LTD.
Square Enix logo.svg
ShinjukuEastside03.JPG
本社が入居する新宿イーストサイドスクエア
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 9684
1999年8月18日上場
略称 SEHD
本社所在地 日本の旗 日本
160-8430
東京都新宿区新宿六丁目27番30号
新宿イーストサイドスクエア2F
北緯35度41分47.97秒 東経139度42分30.75秒 / 北緯35.6966583度 東経139.7085417度 / 35.6966583; 139.7085417座標: 北緯35度41分47.97秒 東経139度42分30.75秒 / 北緯35.6966583度 東経139.7085417度 / 35.6966583; 139.7085417
設立 1975年(昭和50年)9月22日
(株式会社営団社募集サービスセンター)
業種 情報・通信業
法人番号 5011001027704 ウィキデータを編集
事業内容 グループの経営戦略の立案と遂行
事業戦略の実行支援、事業活動の管理
代表者 松田洋祐(代表取締役社長)
資本金 240億3900万円
(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 1億2253万1596株
(2020年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 2605億2700万円
単独: 98億100万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 連結: 327億5900万円
単独: 81億4200万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 連結: 320億9500万円
単独: 74億4500万円
(2020年3月期)[1]
純利益 連結: 213億4800万円
単独: 63億2300万円
(2020年3月期)[1]
純資産 連結: 2219億2800万円
単独: 1127億5300万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 3026億3400万円
単独: 1226億6600万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 5077人 単独: 20人
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人[1]
関係する人物 福嶋康博(名誉会長・エニックス創業者)
外部リンク www.hd.square-enix.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス: SQUARE ENIX HOLDINGS CO., LTD.)は、東京都新宿区に本社を置く、スクウェア・エニックスグループを統括する持株会社である。

概要[編集]

2008年10月1日に、(旧)株式会社スクウェア・エニックス持株会社体制へ移行した。そして、ゲーム事業・コンテンツ事業・出版事業などは(新)株式会社スクウェア・エニックスへ承継し、(旧)株式会社スクウェア・エニックスは商号変更により現社名となった。

持株会社となったことで、業態はグループ全体の経営戦略の立案と遂行し、事業戦略の実行支援、商標権の管理、事業活動の管理など、グループ全体を統括するものへ変化した。

沿革[編集]

  • 2008年
    • 10月 - 持株会社体制へ移行し、商号を株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスへ変更。新設分割の方法により、株式会社スクウェア・エニックスを設立。
    • 11月 - スクウェア・エニックス、米ガスパワード・ゲームズと戦略的業務提携。同社の人気ゲーム続編「Supreme Commander2」を欧米市場向けに共同開発、発売。
  • 2009年
    • 4月 - スクウェア・エニックスHD、英アイドス(Eidos Ltd.)を完全子会社化。
  • 2010年
    • 4月 - 「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める特例子会社として、株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート(東京都渋谷区)を設立。グループ会社の各種事業における業務サポートを実施。
    • 9月 - スクウェア・エニックス、盛大遊戯有限公司とオンラインゲームの提供において戦略的提携。第一弾として「ファイナルファンタジーXIV」の中国本土における独占的販売を許諾。
  • 2011年
    • 3月 - 株式会社ヒッポスラボ(東京都渋谷区)が発足。スマートフォンを中心に高品質のオリジナルコンテンツを提供。
  • 2012年
  • 2014年
    • 8月 - 株式会社スクエア・エニックス・ホールディングス100%出資により、株式会社Tokyo RPG Factory発足
  • 2018年
    • 3月 - 株式会社スクエア・エニックス・ホールディングス100%出資により、株式会社Luminous Productions発足
    • 6月 - 監査等委員会設置会社へ移行

会社の現況[編集]

大株主[編集]

2020年3月31日現在[1]

株主名 株数(千株) 持株比率 (%)
福嶋康博 23,626 19.80
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 08,572 07.18
株式会社福嶋企画 06,763 05.66
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 06,730 05.64
JP MORGAN CHASE BANK 380752 06,448 05.40
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 03,118 02.61
MSIP CLIENT SECURITIES 02,664 02.23
THE BANK OF NEW YORK MELLON (INTERNATIONAL) LIMITED 131800 02,658 02.22
DNB BANK ASA-VERDIPAPIRFONDET DNB TEKNOLOGI 02,273 01.90
宮本雅史 01,790 01.50

グループ会社[編集]

2020年3月31日現在[1][3]

主な連結子会社
会社名 資本金 議決権比率 (%) 事業内容
日本
株式会社スクウェア・エニックス 15億円 100.0 デジタルエンタテインメント事業
アミューズメント事業
出版事業
ライツ・プロパティ等事業
株式会社タイトー 5,000万円 100.0 デジタルエンタテインメント事業
アミューズメント事業
ライツ・プロパティ等事業
株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート[4] 2,000万円 100.0 各種事業における業務サポート
グループの特例子会社[5]
株式会社Tokyo RPG Factory 2億6,000万円[6] 100.0 エンタテインメント製品の企画、開発
北米
SQUARE ENIX OF AMERICA HOLDINGS, INC. 1米ドル 100.0 グループ会社の株式・持分保有及び事業管理
SQUARE ENIX, INC. 10百万米ドル (100.0) デジタルエンタテインメント事業
出版事業
ライツ・プロパティ等事業
CRYSTAL DYNAMICS, INC. 40百万米ドル (100.0) ゲームの開発
EIDOS INTERACTIVE CORP. 6百万カナダドル (100.0) ゲームの開発
欧州
SQUARE ENIX LTD. 111百万英ポンド 100.0 デジタルエンタテインメント事業
出版事業
ライツ・プロパティ等事業
アジア
SQUARE ENIX(China)CO., LTD. 12百万米ドル (100.0) デジタルエンタテインメント事業
北京易通幻龍網絡科技有限公司 百万人民元 (100.0) オンラインゲームの販売及び運営

かつてグループだった会社[編集]

会社名 資本金 議決権比率 (%) 事業内容 備考
Shinra Technologies, Inc. 1十米ドル 100 クラウド・プラットフォーム事業 2016年1月に解散済み
シンラ・テクノロジー・ジャパン株式会社 5000万円 - クラウド・プラットフォーム事業 上記Shinra Technologies, Inc.の100%子会社
2016年1月に解散済み
株式会社スタイルウォーカー 1億1000万円 - 女性向けファッションコミュニティ「StyleWalker」の企画・運営 2011年1月にタイトーに吸収合併。「StyleWalker」は2010年12月にニフティに譲渡済み
コミュニティーエンジン株式会社 2550万円 58.83 ネットワークミドルウェアの開発
ネットワークを活用したアプリケーションの開発
データベースシステムや各種シミュレータの開発
ネットワーク対応のハードウェアの開発
オンライン・コンテンツに関するコンサルティング
グラフィックデザイン業務
2010年9月に解散済み
株式会社SGラボ 1000万円 - コンピュータゲームソフト企画、開発及び販売
コンピュータソフトウェア及びコンテンツの企画、開発及び販売
通信網を利用したソフトウェア及びコンテンツならびに
各種情報提供サービスの企画、開発及び販売
2009年に清算・解散済み
株式会社スクウェア・エニックス モバイルスタジオ 2,000万円 (100.0) モバイル・コンテンツ事業 スクウェア・エニックスの完全子会社(孫会社)
2017年5月に解散
IO INTERACTIVE A/S 656千デンマーククローネ (100.0) ゲームの開発 2017年に独立
株式会社スマイルラボ 1,000万円 100.0 オンラインエンタテインメントサービスの提供 2017年5月に経営陣によるMBOにより独立[7]
株式会社スタジオイストリア 5,050万円[8] 100.0 エンタテインメント製品の企画、開発 2019年3月をもって事業停止

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス (2020-06-25). 第40期(平成31年4月1日 - 令和2年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 「スクウェア・エニックス、本社を新宿イーストサイドスクエアに移転」Inside、2012年8月14日
  3. ^ グループ会社一覧”. 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス. 2020年6月27日閲覧。
  4. ^ スクウェア・エニックス・ビジネスサポートのサイトより
  5. ^ LTD, SQUARE ENIX CO. “障がい者採用 | SQUARE ENIX -RECRUTING-” (日本語). www.jp.square-enix.com. 2019年8月4日閲覧。
  6. ^ 第9期決算公告、2017年(平成29年)7月21日付「官報」(号外第157号)88頁。
  7. ^ フジゲームスとスマイルラボ、アニメーションとシナリオに強みを持つゲームエンジンを共同開発” (日本語). www.smile-lab.com. 2019年8月4日閲覧。
  8. ^ 第11期決算公告、2017年(平成29年)7月21日付「官報」(号外第157号)88頁。