スクッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スクッグ
Skhug.jpg
Commercially-prepared red skhug
別名 Sahawiq
種類 調味料
発祥地 イエメン
地域 イエメン、イスラエル
主な材料 唐辛子ニンニクコリアンダー
派生料理 赤色のスクッグ、緑色のスクッグ
テンプレートを表示

スクッグ英語: Skhug (Skhoog), Zhugイエメン語: アラビア語: سحوقsaḥawaq)は、中東チリソースである[1]イエメン料理が起源。

新鮮な辛い唐辛子コリアンダーニンニクと様々なスパイスで味付けして作られる[2]。赤色のSkhug adomは赤唐辛子から、緑色のSkhug yarokは緑唐辛子から作られる。茶色のSkhug chumは、Skhug yarokトマトを加えたものである。イスラエルでは、一般名称のkharif(ヘブライ語:、「スパイシー」の意味)と呼ばれることもあり、ファラフェルシャワルマのスタンドでフムスを添えて提供される[3]

作り方[編集]

伝統的なイエメンの料理人は、2つの石を用いてスクッグを作る。大きい方の石は表面で作業をするためのもので、小さい方の石は材料を潰すためのものである。すり鉢とすりこぎやフードプロセッサーを用いることもある[4]

医学的効能[編集]

イエメン・ユダヤ人は、唐辛子には医学的効能があるとしている。イエメン・ユダヤ人の伝承によると、彼らはトマトとフェヌグリークと唐辛子だけで大きな飢饉を生き抜いたと伝えられる。また別の伝承によると、重篤な伝染病がイエメンを襲ったが、その食糧のためにユダヤ教徒は回避できたとされる。唐辛子は、身体の病気への抵抗力を高め、生命力を向上させ、消化を助け、腸の寄生虫を防ぐと信じられている[5]

関連項目[編集]

  • ムハンマラ - レバント料理に使われる辛いディップ
  • ハリッサ - 北アフリカ料理に使われる辛いペースト
  • アジカ - コーカサス料理に使われる、赤唐辛子、ニンニク、ハーブ、スパイスから作るディップ
  • セファルディム料理

出典[編集]