スクーティー・ランダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スクーティー・ランダル
Scootie Randall
Scootie Randall.jpg
群馬クレインサンダーズ  No.10
ポジション フォワード
背番号 10
身長 198cm (6 ft 6 in)[1]
体重 112kg (247 lb)[1]
基本情報
本名 Andrew Randall
ラテン文字 Scootie Randall
誕生日 (1990-01-05) 1990年1月5日(29歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
出身 テンプル大学(2008-2013)
ドラフト 2013年 指名無し 
選手経歴
2013.10-2013.11
2013.12-2015
2015-2016
2017
2017-
琉球ゴールデンキングス
岩手ビッグブルズ
島根スサノオマジック
茨城ロボッツ
群馬クレインサンダーズ
受賞歴
  • 1 × bjリーグベスト5 (2015)[2]
  • 1 × bjリーグオールスターゲームMIP (2015)[3]
  • 1 × bjリーグ月間MVP (2014-15)[4]

スクーティー・ランダルことアンドリュー・ランダルAndrew "Scootie" Randall1990年1月5日 - )は、アメリカ合衆国出身のバスケットボール選手である。身長198cm、体重112kgで、ポジションはスモールフォワードパワーフォワード[1]Bリーグ、B2の群馬クレインサンダーズに所属する。

テンプル大学卒業後の2013年、bjリーグ琉球ゴールデンキングスと契約し、プロ選手となる。岩手ビッグブルズ所属だったbjリーグ 2014-15シーズンにはリーグのベストファイブに選ばれた。

来歴[編集]

テンプル大学では2010-11シーズンにアトランティック10カンファレンス英語版のMIPとオナラブル・メンション(選外賞)に選ばれた[5]

2013年のNBAドラフトで指名を受けなかったランダルは、2013年7月にbjリーグの琉球ゴールデンキングスに入団。琉球はランダルを「泥臭くディフェンスやリバウンドで貢献するプレイヤー」と評していた[6]

bjリーグ 2013-14シーズン開幕からの10試合で、1試合平均16.3得点、6.5リバウンドとの記録を残したが、チームがドゥレイロン・バーンズを獲得したことにより、岩手ビッグブルズに金銭トレードの形で放出された[7][8][9]。当時、岩手はセンターの選手を補強する考えであったが、ランダルの放出を知ると、即戦力として活躍できるランダルの獲得に方針転換した[10]。岩手の1試合平均得点は、ランダル加入前の8試合では69.5得点であったが、加入後18試合の平均では81.4まで増加[11]、最終的に79.6得点に達した。

2014-15シーズンも岩手に所属。11月、平均24.1得点と活躍し、チームを10戦全勝、リーグ新記録である16連勝に導き、月間MVPを受賞した[4]。また、1月、群馬でのオールスターゲームにブースター投票で選出されると、ゲームハイの24得点を挙げ、MIPを獲得[3]。シーズンを通して、リーグ得点ランキング4位となる1試合平均19.7得点の記録を残し、ベスト5を受賞した[2]

2015-16シーズンはbjリーグの島根スサノオマジックに移籍[12]。平均23.7得点を挙げ、リーグ得点ランキング5位に入った。

シーズン終了後はどのチームとも契約しない状態が続いたが、2017年1月、Bリーグサイバーダイン茨城ロボッツと選手契約を結んだ[1]。この2016-17シーズン、ランダルは31試合に出場し、1試合平均21.0得点の記録を残した。

2017-18シーズン開幕後の2017年11月28日、B2の群馬クレインサンダーズと契約する[13]

成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2013-14 沖縄 10 0 25.0 .416 .333 .851 6.5 2.6 0.9 0.2 2.0 16.3
2013-14 岩手 44 5 23.0 .452 .343 .721 5.5 2.1 0.8 0.2 1.9 14.9
2014-15 岩手 52 52 30.6 .487 .245 .776 7.4 2.5 1.3 0.2 1.9 19.7
2015-16 島根 51 15 28.6 44.2 29.6 77.7 8.7 2.1 1.4 0.3 2.2 23.7
2016-17 茨城 31 11 28.5 46.2 29.6 81.5 9.0 2.9 1.1 0.4 2.5 21.0
2017-18 群馬 38 15 21.9 45.8 33.7 74.4 6.9 3.6 1.0 0.5 1.7 14.9

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “2016-17シーズン アンドリュー・ランダル選手 契約合意のご報告” (プレスリリース), 茨城ロボッツ, (2017年1月19日), https://www.ibarakirobots.win/news/18312.html 2017年1月19日閲覧。 
  2. ^ a b ターキッシュ エアラインズ bjリーグ 2014-2015シーズン アワード受賞者発表(プレスリリース), bjリーグ, (2015年4月30日) 2017年1月19日閲覧。
  3. ^ a b 岩手ブルズのランダルがMIP TKbjリーグ・オールスター,岩手日報,(2015年1月19日)2017年1月19日閲覧。
  4. ^ a b “ローソン“Ponta”11月月間MVPは、岩手・ランダル選手” (プレスリリース), bjリーグ, (2014年12月3日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51968229.html 2015年1月2日閲覧。 
  5. ^ Scootie Randall”. テンプル大学. 2017年1月19日閲覧。
  6. ^ “選手契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 琉球ゴールデンキングス, (2013年7月31日), オリジナルの2015年4月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150423163827/http://www.okinawa-basketball.jp/2013/07/post_1099.html 2015年1月2日閲覧。 
  7. ^ “ランダルが岩手移籍 キングス、バーンズ契約合意”. 琉球新報. (2013年11月6日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-214918-storytopic-2.html 2015年1月2日閲覧。 
  8. ^ “スクーティー・ランダル選手 移籍” (プレスリリース), 琉球ゴールデンキングス, (2013年11月5日), オリジナルの2015年1月2日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150102044243/http://www.okinawa-basketball.jp/2013/11/post_1136.html 2015年1月2日閲覧。 
  9. ^ “【チーム】2013-2014シーズン選手契約登録完了のお知らせ” (プレスリリース), 岩手ビッグブルズ, (2013年11月8日), オリジナルの2016年3月4日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304060718/http://bigbulls.jp/blog/2013/11/2013-2014-22.html 2015年1月2日閲覧。 
  10. ^ 『TKbjリーグ 2014-15シーズン東北5チーム完全ガイド』、33頁。
  11. ^ 菅原恵美. “よりアグレッシブに、よりエネルギッシュにバスケを楽しむ 岩手ビッグブルズ スクーティ-・ランダル”. bj Webマガジン 2014年2月号. 2015年1月2日閲覧。
  12. ^ スクーティー・ランダル選手 契約(新規)基本合意のお知らせ”. 島根スサノオマジック (2015年8月5日). 2016年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月19日閲覧。
  13. ^ “【2017-18シーズン選手契約(新規)基本合意のお知らせ】” (プレスリリース), 群馬クレインサンダーズ, (2017年11月28日), https://g-crane-thunders.jp/news/36483.html 2017年11月28日閲覧。 

関連URL[編集]