スクールズ・アウト (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スクールズ・アウト
アリス・クーパーシングル
初出アルバム『スクールズ・アウト
B面 ガター・キャット
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル ハードロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 アリス・クーパー、マイケル・ブルース、グレン・バクストン、デニス・ダナウェイ、ニール・スミス
プロデュース ボブ・エズリン
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]
  • 5位(ドイツ[2]
  • 6位(ノルウェー[3]
  • 7位(アメリカ[4]
  • 9位(オランダ[5]
  • 12位(オーストリア[6]
アリス・クーパー シングル 年表
ビー・マイ・ラヴァー
(1972年)
スクールズ・アウト
(1972年)
アリスは大統領
(1972年)
テンプレートを表示

スクールズ・アウト」(School's Out)は、アリス・クーパー1972年に発表した楽曲。当時のバンド・メンバー5人の共作で、アルバム『スクールズ・アウト』からの先行シングルとしてリリースされた。

背景[編集]

グレン・バクストンの作ったギター・リフから発展して生まれた[7]。歌詞のテーマは「永遠の夏休み」で[8]、クーパー及びバンド・メンバーは当時、クリスマスの朝と学校が休みに入る直前を「人生で最も偉大な3分間」と思い「その3分間を歌の中に捕らえられたら、凄いことになるだろうな」と考えた[9]。本作はクーパーの自信作となり、クーパーはプロデューサーのボブ・エズリンに「この曲がヒットしなかったら靴屋でも始めるよ」と語ったという[7]

反響・評価[編集]

本作はアリス・クーパー最大のヒット曲となった。母国アメリカのBillboard Hot 100では7位に達してキャリア初の全米トップ10ヒットとなり[4]全英シングルチャートでは3位にわたって1位を獲得[4]。ドイツのシングル・チャートでは28週にわたってチャート圏内に入り、最高5位を記録した[2]

ローリング・ストーン』誌が選出したオールタイム・グレイテスト・ソング500では326位にランク・イン[10]

他メディアでの使用例[編集]

クーパーによるオリジナル・ヴァージョンは、『ロックンロール・ハイスクール』(1979年公開)[11]、『バッド・チューニング』(1993年公開)[12]、『リアリティ・バイツ』(1994年公開)[13]、『愛しのベス・クーパー』(2009年公開)[14]等の映画のサウンドトラックで使用された。また、音楽ゲームギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック』でも使用されている[15]

カヴァー[編集]

ダフニィ&セレステによるカヴァー[編集]

スクールズ・アウト
ダフニィ&セレステ英語版シングル
初出アルバム『ウィ・ディドゥント・セイ・ザット』
B面 ザ・キャンプ・ソング
スクールズ・アウト(グリッドロック・ミックス)
リリース
規格 CDシングル
ジャンル ポップス
時間
レーベル ユニバーサル/パーフェクト・ノイズ
作詞・作曲 アリス・クーパー、マイケル・ブルース、グレン・バクストン、デニス・ダナウェイ、ニール・スミス
プロデュース Michele Chiavarini
チャート最高順位
  • 12位(イギリス[16]
ダフニィ&セレステ英語版 シングル 年表
ブ・サ・イ・ク
(2000年)
スクールズ・アウト
(2000年)
ユー・アンド・アイ・アローン
(2015年)
テンプレートを表示

アメリカ出身の女性ポップ・デュオ、ダフニィ&セレステ英語版は、2000年6月発売のデビュー・アルバム『ウィ・ディドゥント・セイ・ザット』(2000年)に「スクールズ・アウト」のカヴァーを収録し、同年8月にはシングル・カットした[17]。ダフニィ&セレステのヴァージョンはイギリスでヒットし、2000年9月2日付の全英シングルチャートで初登場12位となった[18]

ダフニィ&セレステは本シングルを最後にリリースが途絶え、ほどなくライヴ活動も停止するが、2015年3月に復帰作のシングル「ユー・アンド・アイ・アローン」のリリースを公表した[19]

その他の主なカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ALICE COOPER | Official Charts Company - 2015年4月4日閲覧
  2. ^ a b Alice Cooper | Single-Chartverfolgung - musicline.de
  3. ^ norwegiancharts.com - Alice Cooper - School's Out
  4. ^ a b c Alice Cooper - Awards : AllMusic
  5. ^ Alice Cooper - School's Out - dutchcharts.nl
  6. ^ Alice Cooper - School's Out - austriancharts.at
  7. ^ a b Bosso, Joe (2013年11月11日). “Music legend Alice Cooper on 12 career-defining records - School's Out (1972)”. MusicRadar. Future Publishing. 2015年4月4日閲覧。
  8. ^ Top 30 Summer Songs”. Billboard. 2015年4月4日閲覧。
  9. ^ Various Mojo Magazine (2007). The Mojo Collection: 4th Edition. Canongate Books. p. 284. ISBN 9781847676436.  Google Books参照
  10. ^ Alice Cooper, 'School's Out' - 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone - 2015年4月4日閲覧
  11. ^ Rock 'n' Roll High School (1979) - Soundtracks - IMDb
  12. ^ Dazed and Confused (1993) - Soundtracks - IMDb
  13. ^ Reality Bites (1994) - Soundtracks - IMDb
  14. ^ I Love You, Beth Cooper - Original Soundtrack | AllMusic
  15. ^ Iron Maiden, Dragonforce Songs Added To 'Guitar Hero Iii: Legends Of Rock' - Blabbermouth.net - 2015年4月4日閲覧
  16. ^ DAPHNE & CELESTE | Official Charts Company - 2015年4月4日閲覧
  17. ^ SUMMER 'SCHOOL' FOR DAPHNE AND CELESTE”. NME (2000年6月21日). 2015年4月4日閲覧。
  18. ^ Official Singles Chart Top 100 |27-08-2000 - 02-09-2000 | Official Charts Company - 2015年4月4日閲覧
  19. ^ Snapes, Laura (2015年3月29日). “Daphne & Celeste On Their Surprise Comeback Single With British Producer Max Tundra”. NME. 2015年4月4日閲覧。
  20. ^ Penthouse Tapes - The Sensational Alex Harvey Band | AllMusic
  21. ^ Alien Sex Fiend - I Walk The Live (Vinyl) at Discogs
  22. ^ Krokus - Change Of Address (CD, Album) at Discogs
  23. ^ The Faculty - Original Soundtrack | AllMusic - Review by Michael Gallucci
  24. ^ Various - In Their Eyes: '90s Teen Bands vs. '80s Teen Movies (CD) at Discogs
  25. ^ Humanary Stew, A Tribute To Alice Cooper (CD) at Discogs
  26. ^ Pop 'Til You Drop! - A*Teens | AllMusic - Review by Alex Henderson
  27. ^ Beyond Hell - GWAR | AllMusic - Review by David Jeffries
  28. ^ Season 3, Episode 18 Choke - The Official Music for Glee Site - 2015年4月4日閲覧
先代:
ダニー・オズモンド「パピー・ラヴ」
全英シングルチャート ナンバーワン・シングル
1972年8月12日 (3週)
次代:
ロッド・スチュワート「ユー・ウェア・イット・ウェル」