スクール・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スクール・ガール
C-C-Bシングル
初出アルバム『The Best Of C-C-B Vol.2
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポリドール
チャート最高順位
  • 6位(オリコン
  • 1985年度年間52位(オリコン)
  • 5位(ザ・ベストテン
  • 1985年上半期24位(ザ・ベストテン)
  • 1985年年間37位(ザ・ベストテン)
C-C-B シングル 年表
Romanticが止まらない
(1985年)
スクール・ガール
(1985年)
Lucky Chanceをもう一度
(1985年)
テンプレートを表示

スクール・ガール』は、1985年4月25日にリリースされたC-C-Bの4枚目のシングルである。

解説[編集]

  • Romanticが止まらない』ヒット後に発売されたシングル。ボーカルは前作に引き続き笠浩二が担当。
  • 前曲と同じイメージの曲をスタッフサイドから強く推されたが、メンバーの意向でこの曲がシングルに決まったという。突如不良化した、憧れの女の子の様子を歌っている。
  • アルバム『すてきなビート』には、歌詞・ボーカルを変更した『スクール・ボーイ』という曲を収録している。ボーカルは関口誠人が担当。
  • 前作がTBS系ドラマのテーマ曲として発表された経緯等から出演が見送られていたフジテレビ系『夜のヒットスタジオ』(当時は『夜のヒットスタジオDELUXE』の番組名で放送)にもようやく同曲で初出演を果たす(同作の発売前日に当たる1985年4月24日放送で初出演)。
  • ザ・ベストテンにおいては小泉今日子の『常夏娘』の次にランクインした回が多かった。

収録曲[編集]

※全て作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀、C-C-B

  1. スクール・ガール(広東版本:劉德華-《飛鳥》)
  2. もっとハートフルに愛して

カバー曲[編集]

  1. 飛鳥(劉德華)

関連項目[編集]