スコット・マギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スコット・マギー
プロフィール
リングネーム スコット・マギー
パット・マギー
スコット・シャノン
ゲーリー・ポーツ
本名 ガーフィールド・ポーツ
(ゲーリー・ポーツ)
身長 185cm[1]
体重 110kg(全盛時)[1]
誕生日 1957年????[2]
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ヨークシャー州
ブラッドフォード[2]
トレーナー ジェフ・ポーツ
カール・ゴッチ[1][2]
バディ・ロジャース[2]
リック・フレアー[2]
リッキー・スティムボート[2]
デビュー 1979年[2]
引退 1988年[3]
テンプレートを表示

スコット・マギーScott McGhee、本名:Garfield "Gary" Portz1957年 - )は、アメリカ合衆国で活動したイギリス人プロレスラーイングランドウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォード出身[2]

ランカシャー・レスリングの名手として知られたジェフ・ポーツの実子であり、父同様に技巧派のベビーフェイスとして、NWAフロリダ地区などを主戦場に活躍した。

来歴[編集]

父のジェフ・ポーツと共にアメリカへ移住後、1970年代末にジム・クロケット・プロモーションズにてレフェリーを経てデビュー(渡米前にイギリスでデビューしていたともされる[1])。

1980年より、父親の主戦場でもあったフロリダ地区(エディ・グラハム主宰のチャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)に活動拠点を移し、イワン・コロフニコライ・ボルコフミスター・サイトーディック・スレーターボビー・ジャガーズR・T・タイラーロード・アルフレッド・ヘイズハンス・シュローダーヒール勢と対戦。10月18日にはバリー・ウインダムとのコンビでNWAフロリダ・タッグ王座を獲得した[4]。同年はレス・ソントンNWA世界ジュニアヘビー級王座に再三挑戦し[5]、11月17日にはウェストパームビーチにてハーリー・レイスNWA世界ヘビー級王座にも挑戦している[6]

1982年6月、新日本プロレスの『サマー・ファイト・シリーズ第1弾』に初来日。開幕戦の6月18日、蔵前国技館大会でのメインイベントにて、右膝の負傷で長期欠場を続けていたアントニオ猪木の復帰第1戦の相手を務めた[1]。7月2日の北海道旭川大会ではアンドレ・ザ・ジャイアントのタッグパートナーに起用され、ハルク・ホーガン&坂口征二の日米スーパーヘビー級コンビと対戦している[7]

その後もNWAの主要テリトリーで活動し、フロリダでは1983年テリー・アレンマイク・グラハムと組んで活躍。ファビュラス・カンガルーズドン・ケント&ジョニー・ヘファーナン)、ボビー・ダンカン&アンジェロ・モスカイライジャ・アキーム&カリーム・モハメッドなどのチームを相手にNWAグローバル・タッグ王座を争った[8]。同年11月24日にはジム・クロケット・プロモーションズが開催した『スターケード』の第1回大会にも出場、ジョニー・ウィーバーをパートナーにケビン・サリバン&マーク・ルーインと対戦した[9]。同年は太平洋岸北西部にも参戦し、12月24日にカート・ヘニングと組んでダイナマイト・キッド&ジ・アサシンからNWAパシフィック・ノースウエスト・タッグ王座を奪取している[10]

1984年テネシー州メンフィスCWAにてスパイク・ヒューバーとのタッグなどで活動[11]。本拠地のフロリダでは、7月29日にスーパースター・ビリー・グラハムを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得[12]、9月から10月にかけてはリック・フレアーのNWA世界ヘビー級王座に連続挑戦した[13]。翌11月、カール・ゴッチのブッキングでUWFに来日、前田日明スーパー・タイガーとシングルマッチで対戦した[14]

UWFへの再来日から帰米後の1985年9月、前年より全米侵攻を展開していたWWFに登場。10月1日のニューヨーク州ポキプシーでのTVテーピングではポール・ローマをパートナーに、グレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキのドリーム・チームが保持していたWWF世界タッグ王座に挑戦[15]。以降、1987年初頭にかけてWWFの全米サーキットに参加し、ランディ・サベージテリー・ファンクカウボーイ・ボブ・オートンアドリアン・アドニスキングコング・バンディジェイク・ロバーツハーキュリーズホンキー・トンク・マンハート・ファウンデーションカマラディノ・ブラボーなど、ヒールのスーパースターのジョバーを務めた(レネ・グレイタイガー・チャン・リーフレンチ・マーチンテリー・ギッブススティーブ・ロンバルディなど、ヒール陣営のジョバーからは勝利を収めている)[16][17]

WWF離脱後はカルガリースタンピード・レスリングにて、本名のガーフィールド・ポーツ名義で活動。ヒールのポジションに回ってジェリー・モローやガマ・シンと外国人ユニットを組み、オーエン・ハートブライアン・ピルマンジョニー・スミスミスター・ヒトクリス・ベノワフィル・ラフルールらと対戦した[18]

カルガリー滞在中の1988年1月31日、脳卒中を起こして引退[3]。回復後は看護師となって医療機関に勤務している[3]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
パシフィック・ノースウエスト・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P74(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c d e f g h Scott McGhee”. Wrestlingdata.com. 2014年4月22日閲覧。
  3. ^ a b c Scott McGhee”. Online World of Wrestling. 2014年4月22日閲覧。
  4. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。
  5. ^ Scott McGhee”. Cagematch.net. 2014年4月22日閲覧。
  6. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1980”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。
  7. ^ The NJPW matches fought by Scott McGhee in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年4月22日閲覧。
  8. ^ a b NWA Global Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。
  9. ^ NWA Starrcade 1983 - "A Flare For The Gold"”. Cagematch.net. 2014年4月22日閲覧。
  10. ^ a b NWA Pacific Northwest Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Scott McGhee in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年4月22日閲覧。
  12. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。
  13. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1984”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。
  14. ^ The UWF matches fought by Scott McGhee in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年4月22日閲覧。
  15. ^ The WWE matches fought by Scott McGhee in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年4月22日閲覧。
  16. ^ The WWE matches fought by Scott McGhee in 1986”. Wrestlingdata.com. 2017年1月29日閲覧。
  17. ^ The WWE matches fought by Scott McGhee in 1987”. Wrestlingdata.com. 2017年1月29日閲覧。
  18. ^ The Stampede matches fought by Scott McGhee in 1985”. Wrestlingdata.com. 2014年4月22日閲覧。
  19. ^ Scott McGhee”. Cagematch.net. 2014年4月22日閲覧。
  20. ^ NWA United States Junior Heavyweight Title [Southeast/Continental]”. Wrestling-Titles.com. 2014年4月22日閲覧。