スコット・マクガフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スコット・マクガフ
Scott McGough
東京ヤクルトスワローズ #37
Blue Wahoo (21 of 21) (cropped).jpg
AA級ジャクソンビル・サンズ 時代
(2013年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
生年月日 (1989-10-31) 1989年10月31日(29歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト5巡目
初出場 MLB / 2015年8月20日
NPB / 2019年3月30日
年俸 5,500万円(2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スコット・トーマス・マクガフScott Thomas McGough, 1989年10月31日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2008年MLBドラフト46巡目(全体1371位)で地元のピッツバーグ・パイレーツから遊撃手として指名されたが、これを拒否してオレゴン大学に進学。

プロ入りとドジャース傘下時代[編集]

2011年MLBドラフト5巡目(全体164位)でロサンゼルス・ドジャースから投手として指名され、プロ入り。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版とA級グレートレイクス・ルーンズで、2年目の2012年はA+級ランチョクカモンガ・クエークスでプレーした。

マーリンズ時代[編集]

2012年7月25日にハンリー・ラミレスランディ・チョートとのトレードで、ネイサン・イオバルディと共にマイアミ・マーリンズへ移籍した。

2015年8月20日にメジャー初昇格。同日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャー初登板を果たし、2/3回3失点という内容だった。同年は6試合に登板し0勝0敗、防御率9.45の成績を残した。

オリオールズ傘下時代[編集]

2016年4月15日にウェイバー公示を経てボルチモア・オリオールズに移籍。同年から2017年にかけては主に傘下のAAA級ノーフォーク・タイズでプレーした。

ロッキーズ傘下時代[編集]

2017年11月23日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結ぶ。

2018年シーズンは傘下AAA級アルバカーキ・アイソトープスで43試合に登板し7勝3敗、防御率5.55の成績を残した。11月3日にFAとなり、その後11月9日に再契約したが、12月18日に放出された。

ヤクルト時代[編集]

2018年12月25日、アルバート・スアレスと共に東京ヤクルトスワローズが獲得したことを発表した[1]。背番号は37。

2019年4月10日の広島東洋カープ戦で9回裏を無失点に抑えると、10回表に打線が12得点を挙げたため来日初勝利を記録[2][3]。その後は主に勝ちパターンを務めていたが、7月4日の広島戦で石山泰稚の代役として初セーブを挙げると[4]それ以降は抑えに定着した。オールスターにも石山の代役で出場した[5]。終盤は打ち込まれる試合もあり一時デビッド・ハフに抑えを譲った時期もあったものの、シーズン通じて登録抹消されることなく65試合に登板し、6勝3敗18ホールド11セーブを記録した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 MIA 6 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 35 6.2 12 0 4 0 0 4 0 0 7 7 9.45 2.40
2019 ヤクルト 65 0 0 0 0 6 3 11 18 .667 296 68.2 71 2 22 4 2 64 2 0 25 24 3.15 1.35
MLB:1年 6 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 35 6.2 12 0 4 0 0 4 0 0 7 7 9.45 2.40
NPB:1年 65 0 0 0 0 6 3 11 18 .667 296 68.2 71 2 22 4 2 64 2 0 25 24 3.15 1.35
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録
NPBオールスターゲームの記録
  • 出場:1回 (2019年)

背番号[編集]

  • 56(2015年)
  • 37(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ 東京ヤクルトスワローズ公式サイト(2018年12月25日)、2019年4月21日。
  2. ^ ヤクルト・マクガフ来日初勝利「優勝に貢献したい」 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年10月7日閲覧。
  3. ^ ヤクルト延長12得点!小川監督が掲げる執念で快挙 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年10月7日閲覧。
  4. ^ ヤクルト、マクガフ来日初S「3連勝締められて良かった」”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月7日閲覧。
  5. ^ オールスター ヤクルト石山がインフルエンザ罹患のため辞退、マクガフが出場”. www.sponichi.co.jp. 2019年10月7日閲覧。

関連項目[編集]