スコット・モリソン (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スコット・ジョン・モリソン
Scott John Morrison
Scott Morrison 2014 crop.jpg
生年月日 (1968-05-13) 1968年5月13日(51歳)
出生地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州シドニーウェイヴァリー
出身校 ニューサウスウェールズ大学
所属政党 自由党
配偶者 ジェニー・モリソン
公式サイト [Official website ]

内閣 モリソン内閣
選挙区 クック
在任期間 2018年8月24日 -
元首 エリザベス2世

オーストラリアの旗 オーストラリア連邦財務大臣
内閣 ターンブル内閣
在任期間 2015年9月21日 - 2018年8月24日

オーストラリアの旗 オーストラリア連邦社会福祉大臣
内閣 アボット内閣
ターンブル内閣
在任期間 2014年12月23日 - 2015年9月21日

オーストラリアの旗 オーストラリア連邦移民・市民権大臣
内閣 アボット内閣
在任期間 2013年9月18日 - 2014年12月23日
テンプレートを表示

スコット・ジョン・モリソン英語: Scott John Morrison 1968年5月13日 - )は、オーストラリア政治家。現在、同国首相オーストラリア自由党党首。マルコム・ターンブル政権では財務大臣を務めた。


経歴[編集]

生い立ち[編集]

モリソンはニューサウスウェールズ州シドニーのウェイヴァリーで生まれ、母マリオン(旧姓・スミス)と父ジョン・モリソンとの間に生まれた次男。ジョンは、16年間ウェイヴァリー市議会で勤務した警察官で、短い間市長も務めた[1]。また、モリソンの母方の祖父は、ニュージーランドで生まれた[2]

幼少期はブロンテ郊外で育った。子供の頃に俳優としての短いキャリアを持ち、いくつかのテレビコマーシャルに出演した[3]。シドニー男子高等学校を卒業後、ニューサウスウェールズ大学で応用経済地理学名誉学士を取得した。

大学卒業後[編集]

大学を卒業した後、1989年から1995年まで、オーストラリア不動産評議会の国家政策研究の責任者を務めた。その後観光業に携わり、オーストラリア観光特別委員会の長官代理と観光評議会のジェネラルマネージャーを歴任した。1998年にニュージーランドへ移住し、新設された観光スポーツ局の局長に就任した。そこで当時観光担当大臣であったマーレイ・マッカリーと親密な関係を築いた[4]

政界進出[編集]

2000年4月、ニューサウスウェールズ州の自由党の責任者になるためにオーストラリアに戻った。2001年と2003年の国政選挙で、党の選挙運動を取り仕切った。2004年、その役職を降り、ジョン・ハワード政権下に創設された観光局の初代局長に就任した。しかし、2006年にフラン・ベイリー観光担当大臣との闘争に敗れ解任される[5]

野党時代 (2007–13)[編集]

議員を務めていたブルースベアードの辞職後の2007年に自由党の予備選挙を求めて実施されたが、結局マイケル・トゥークに敗れて党の公認候補になれなかった[6]

しかしトゥークに経歴詐称などの不正の疑惑が浮上したため党執行部は予備選挙のやり直しを決定し、これにモリソンは勝利した(疑惑は誤報だった)。

2008年には住宅や地方自治体担当の影の大臣(影の内閣)に任命された。翌年には影の移民・市民権大臣に就任してリーダーシップを発揮した。ターンブルやアボットといった次期首相に才能を買われた。

アボット政権(2013–15)[編集]

2013年9月18日に発足したアボット新政権の意向で不法移民対策など国境管理を担当するOperation Sovereign Bordersの設立に携わった。2018年に明らかになった行政文書には、モリソンが700人程度の難民を受け入れる緩和策を求めていたことが判明した[7]。しかし難民の受け入れ縮小を目指すなど寛容なわけではなかった。

移民・市民権大臣に就任し、メディアへの露出度も高まった。しかし大臣時代は発言等でメディアやジャーナリスト、他の議員からの批判にさらされた。2014年にオーストラリア人権委員会からは、難民申請者やその子供が劣悪な環境に置かれている状況にモリソンが対策を講じていないとして非難された[8]

2014年12月23日内閣改造により大臣を辞職した。同日、社会福祉大臣に任命され再入閣した[9]

2015年3月にはモリソンの母校であるシドニー男子高等学校の卒業生約300人から、同校の行事への出席に抗議する文書が送られた。モリソンは参加を見送らざるを得なかった。

ターンブル政権(2015–18)[編集]

ターンブル政権でも引き続き社会福祉大臣を務めていたが、2015年9月にジョー・ホッキーの後任として財務大臣に任命された。財務大臣就任後最初の記者会見では、政府支出削減に注力する姿勢と、税制改革を計画通り進むという認識を示した。

2016年に提出されたオーストラリア連邦国家予算には、租税回避に対応するため、いわゆるグーグル税が含まれていた。

2017年2月には下院で石炭を抱えながら演説し、石炭が及ぼす環境への影響が少ないことを主張した[10]

モリソンは同性婚の合法化に否定的で、多方面から批判された。オーストラリア婚姻法郵送調査英語版オーストラリア婚姻法郵送調査の後、婚姻法を改正して、非伝統的な結婚について議論する場合保護者が子供を授業から退席させられるようにすることを提案した[11]。しかしこの改正案は通らなかった。

2017年12月、政府は銀行・退職年金および金融サービスの不正のための王立委員会英語版を設立した。だがモリソンは必要ないとして委員会設立に反対していた。

首相時代(2018–)[編集]

2018年8月21日に実施されたオーストラリア自由党党首選挙英語版にて現職のターンブルが再選されたものの党内の混乱が収まらず、24日になって党首選挙の再選挙を実施。モリソンも出馬し、決選投票でピーター・ダットン英語版内相を45対40で下し党首に当選し[12]、同日首相に就任[13]。2019年5月18日投開票のオーストラリア総選挙では直前まで劣勢が伝えられていたものの、代議院(下院)は与党連合が優勢となり、野党・労働党ビル・ショーテン英語版党首が敗北宣言し、モリソンの首相続投が決まった[14]

政治的立場[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Scott Morrison: So Who the Bloody Hell Are You?”. The Monthly. (2012年2月). https://www.themonthly.com.au/issue/2012/february/1328593883/nick-bryant/so-who-bloody-hell-are-you 2018年8月24日閲覧。 
  2. ^ “Members' statements in relation to citizenship: Scott Morrison”. Parliament of Australia. (2018年2月7日). http://dl.aph.gov.au/citizenship/MorrisonS_CTZ45P.pdf 2018年8月24日閲覧。 
  3. ^ “Scott Morrison's relentless rise to power”. The Sydney Morning Herald. (2018年4月11日). http://www.smh.com.au/good-weekend/scott-morrisons-relentless-rise-to-power-20160418-go8qty.html 2018年8月24日閲覧。 
  4. ^ “Scott Morrison's relentless rise to power”. The Sydney Morning Herald. (2018年2月7日). http://www.smh.com.au/good-weekend/scott-morrisons-relentless-rise-to-power-20160418-go8qty.html 2018年8月25日閲覧。 
  5. ^ “So where the hell is he?”. The Sydney Morning Herald. (2006年7月25日). http://www.smh.com.au/articles/2006/07/25/1153816182544.html 2018年8月25日閲覧。 
  6. ^ “Nasty saga you nearly missed”. The Sydney Morning Herald. (2009年10月26日). http://www.smh.com.au/opinion/society-and-culture/nasty-saga-you-nearly-missed-20091025-hem5.html 2018年8月26日閲覧。 
  7. ^ “Scott Morrison tried to delay asylum seekers' visas, documents reveal”. ABC News. (2018年1月30日). http://www.abc.net.au/news/2018-01-30/scott-morrison-tried-to-delay-asylum-seekers-visas/9353350 2018年8月26日閲覧。 
  8. ^ “The Forgotten Children: National Inquiry into Children in Immigration Detention”. Australian Human Rights Commission. (2014年). https://www.humanrights.gov.au/publications/forgotten-children-national-inquiry-children-immigration-detention-2014 2018年8月26日閲覧。 
  9. ^ “Cabinet reshuffle: Scott Morrison moves to Social Services; Sussan Ley promoted as second woman in Cabinet; David Johnston leaves”. Australian Broadcasting Corporation. (2014年12月22日). http://www.abc.net.au/news/2014-12-21/prime-minister-announces-cabinet-reshuffle/5981952 2018年8月28日閲覧。 
  10. ^ “Scott Morrison brings a chunk of coal into parliament”. The Guardian. (2017年2月9日). https://www.theguardian.com/global/video/2017/feb/09/scott-morrison-brings-a-chunk-of-coal-into-parliament-video 2018年9月11日閲覧。 
  11. ^ “Conservative amendments to same-sex marriage bill would make Australia's laws the world's weakest”. The Conversation. (2017年11月26日). https://theconversation.com/conservative-amendments-to-same-sex-marriage-bill-would-make-australias-laws-the-worlds-weakest-88071 2018年9月12日閲覧。 
  12. ^ “豪新首相、モリソン財務相が就任へ 党首選に勝利”. ロイター. (2018年8月24日). https://jp.reuters.com/article/australia-election-idJPKCN1L908K 2018年8月24日閲覧。 
  13. ^ “モリソン新首相が就任=与党内の亀裂修復課題に-豪”. 時事通信. (2018年8月24日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2018082400170&g=int 2018年8月25日閲覧。 
  14. ^ “豪総選挙、与党連合が予想外の勝利 モリソン首相続投へ”. CNN.co.jp. CNN. (2019年5月19日). https://www.cnn.co.jp/world/35137146.html 2019年5月19日閲覧。 
  15. ^ a b プロフィル/オーストラリア・モリソン新首相産経新聞、2018年9月2日閲覧。


公職
先代:
マルコム・ターンブル
オーストラリアの旗 オーストラリア連邦首相
第30代:2018 -
次代:
在任中
先代:
ジョー・ホッケー英語版
オーストラリアの旗 オーストラリア連邦首相財務大臣
2015 - 2018
次代:
ジョシュ・フライデンバーグ
党職
先代:
マルコム・ターンブル
オーストラリア自由党党首
第17代: 2018 -
次代:
在任中