スコティッシュ・チャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スコティッシュ・チャンピオンシップ
加盟国 スコットランドの旗 スコットランド
大陸連盟 UEFA
創立 2013年6月27日
参加クラブ 10
リーグレベル 第2部
下位リーグ スコティッシュ・リーグ1
国内大会 スコティッシュカップ
リーグカップ スコティッシュリーグカップ
スコティッシュチャレンジカップ
最新優勝クラブ ロス・カウンティ (2018-19)
公式サイト www.spfl.co.uk
2019-20

スコティッシュ・チャンピオンシップ (Scottish Championship) は、スコットランドサッカーリーグである。スポンサー名を冠してラドブロークス・チャンピオンシップ (Ladbrokes Championship) と呼ばれる[1]。2013年7月にスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュ・フットボールリーグを統合して発足したスコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ (SPFL) の2部リーグである[2]

大会方式[編集]

参加クラブは勝利で勝ち点3ポイントを、引き分けで同じく1ポイントを得る。敗北した場合にポイントを得る事は出来ない。順位は勝ち点の合計、得失点差、総得点で決定され、シーズン終了時に最も多くの勝ち点を獲得したクラブがリーグ王者となる。ポイントが並んだ場合は得失点差で順位が決定される。得失点差も並んだ場合は中立地で順位決定のプレーオフを行う[3]

昇格と降格[編集]

チャンピオンシップ優勝クラブはスコティッシュ・プレミアシップに昇格し、プレミアシップ最下位がチャンピオンシップへ自動降格する。チャンピオンシップ2位、3位、4位のクラブはプレミアシップ11位クラブとの入れ替え戦出場をかけたプレーオフに進む。まず3位と4位のクラブが1回戦を戦い、勝者が2位のクラブと決勝戦を行う。プレーオフの勝者は入れ替え戦に進み、勝者が次シーズンのプレミアシップに参加する。対戦はいずれもホーム&アウェー方式の2回戦で行われる。

チャンピオンシップのプレーオフもプレミアシップと同一形式であり、チャンピオンシップ最下位のクラブはスコティッシュ・リーグ1(3部リーグ)へ自動降格し、9位のクラブはリーグ1の2位、3位、4位のプレーオフ勝者と入れ替え戦を行う[4]

記録[編集]

シーズン 優勝 2位 得点王
選手名 得点数
2013–14 ダンディー ハミルトン・アカデミカル ロリー・ロイ(フォルカーク 20
2014–15 ハーツ ハイバーニアン ジェイソン・カミングス(ハイバーニアン 18
2015–16 レンジャーズ フォルカーク マーティン・ワグホーン(レンジャーズ 20
2016–17 ハイバーニアン フォルカーク ジェイソン・カミングス(ハイバーニアン
スティーヴン・ドビー(クイーン・オブ・ザ・サウス
19
2017–18 セント・ミレン リヴィングストン スティーヴン・ドビー(クイーン・オブ・ザ・サウス 18
2018–19 ロス・カウンティ ダンディー・ユナイテッド ローレンス・シャンクランド(エア・ユナイテッド) 24

脚注[編集]

  1. ^ SPFL names Ladbrokes as sponsor in £4m deal”. BBC News (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  2. ^ SPFL: New Scottish league brands unveiled”. BBC Sport. BBC (2013年7月24日). 2013年7月24日閲覧。
  3. ^ The Rules and Regulations of the Scottish Professional Football League”. Scottish Professional Football League. pp. 36–7 (2016年1月19日). 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ Scottish Championship”. Scottish Professional Football League. 2013年11月11日閲覧。

関連項目[編集]