スザンナ・ポイキオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pix.gif スザンナ・ポイキオ
Susanna PÖYKIÖ
Figure skating pictogram.svg
Susanna Poykio Podium 2009 Europeans.jpg
2009年欧州選手権でのポイキオ
基本情報
代表国:  フィンランド
生年月日: (1982-02-22) 1982年2月22日(36歳)
出生地: 北ポフヤンマー県オウル
身長: 160 cm
元コーチ: ヘイディ・ポイキオ
ベリット・カイヨマー[1]
Larissa Papchenko
元振付師: Maikki Uotila-Kraatz
ヴィクター・クラーツ
ヘイディ・ポイキオ
O. Martikainen
ローリー・ニコル
所属クラブ: Oulun Luistelukerho
引退: 2010年3月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 163.98 2005 世界選手権
ショートプログラム: 57.62 2006 GPスケートカナダ
フリースケーティング: 106.99 2005 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
欧州選手権
2005 トリノ 女子シングル
2009 ヘルシンキ 女子シングル
世界ジュニア選手権
2001 ソフィア 女子シングル

スザンナ・ポイキオ(スサンナ・クリスティーナ・ポユキオ、フィンランド語: Susanna Pöykiö1982年2月22日 - )は、フィンランドオウル市出身の元女性フィギュアスケート選手。2006年トリノオリンピック女子シングルフィンランド代表。2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2位。コーチは姉のヘイディ・ポイキオ。

フィンランド人として初めてISU主催の選手権大会でメダルを獲得したスケーター。滑らかなスケーティングとエッジワークに定評がある[1]

経歴[編集]

姉がスケートをしていたのがきっかけで3歳でフィギュアスケートを始める。ジュニア時代からフィンランドを代表する選手として活躍。2001年、世界ジュニアフィギュアスケート選手権においてフィンランド選手初のメダルを獲得(3位)。

2005年、欧州選手権においてフィンランド女子選手初のメダルを獲得(2位)。2006年トリノオリンピックに出場し13位。2007-2008シーズン、フィンランディア杯で2位となった。グランプリシリーズ初戦の中国杯ではフリースケーティングで大きく崩れ8位。次戦はNHK杯への出場を予定していたが欠場した。

2008-2009シーズン、ヨーロッパ選手権で4年ぶりの表彰台となる銅メダルを獲得し、2年ぶりに世界選手権にも派遣された。2009-2010シーズン、不調に苦しめられ、ヨーロッパ選手権をSPの後に棄権した。そのため、2大会連続のオリンピック出場には至らなかった。

2010年3月に現役引退を発表した。

主な戦績[編集]

大会/年 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10
冬季オリンピック 13
世界選手権 11 12 8 9 8 13
欧州選手権 6 9 6 2 7 4 3 棄権
フィンランド選手権 1 3 1 1 1 1 3 3 3
GP中国杯 8 5
GPスケートカナダ 9 3 5
GPエリック杯 5
GPロシア杯 4
GPNHK杯 4
GPボフロスト杯 8 3
フィンランディア杯 1 1 1 2 2 5 10
世界Jr.選手権 3
JGPファイナル 6
JGPピルエッテン 1
JGPウクライナ記念 3
JGPSBC杯 11
JGPサルコウ杯 5

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月18日-24日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 18
44.68
- 棄権
2009年12月18日-20日 フィンランドフィギュアスケート選手権ユヴァスキュラ 3
48.85
3
99.00
3
147.85
2009年11月26日-29日 2009年クリスタルスケートガラツィ 1
54.04
2
89.72
1
143.76
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 9
46.72
11
77.50
11
124.22
2009年10月8日-11日 2009年フィンランディア杯ヴァンター 3
54.64
10
73.91
10
128.55
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 12
57.12
12
96.19
13
153.31
2009年1月19日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 2
56.06
3
100.25
3
156.31
2008年12月19日-21日 フィンランドフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 2
54.53
3
93.27
3
147.80
2008年11月5日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 6
50.00
5
98.03
5
148.03
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 8
47.82
5
94.32
6
142.14
2008年10月9日-12日 2008年フィンランディア杯ヴァンター 7
46.02
5
94.19
5
140.21
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年12月7日-9日 フィンランドフィギュアスケート選手権ラウマ 3
56.00
3
91.35
3
147.35
2007年11月7日-11日 ISUグランプリシリーズ 中国杯ハルビン 6
48.48
9
75.52
8
124.00
2007年10月12日-14日 2007年フィンランディア杯ヴァンター 3
54.40
2
107.86
2
162.26
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 10
57.16
7
102.96
8
160.12
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 7
49.47
5
96.55
4
146.02
2006年12月8日-10日 フィンランドフィギュアスケート選手権ミッケリ 1
55.37
1
100.99
1
156.36
2006年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 8
42.94
3
105.87
5
148.81
2006年11月2日-5日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダビクトリア 3
57.62
5
103.96
5
161.58
2006年10月6日-8日 2006年フィンランディア杯ヴァンター 1
56.82
4
87.23
2
144.05
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 7
23.13
9
54.28
9
102.65
9
180.06
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 12
53.74
15
89.48
13
143.22
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン - 7
56.05
8
88.70
7
144.75
2005年12月10日-12日 フィンランドフィギュアスケート選手権タンペレ - 2
53.67
1
99.75
1
153.42
2005年11月24日-27日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯サンクトペテルブルク - 5
45.94
4
85.36
4
131.30
2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 4
23.69
8
56.99
6
106.99
8
187.67
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 3
56.63
3
102.30
2
158.93
2004年12月19日-19日 フィンランドフィギュアスケート選手権オウル - 1
54.06
1
101.40
1
155.46
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファクス - 6
49.98
3
98.96
3
148.94
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ - 8
42.98
1
97.40
5
140.38
2004年10月9日-10日 2004年フィンランディア杯ヘルシンキ - 2 1 1
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 4 15 10 12
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト - 4 6 6
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 - 6
50.08
4
96.96
4
147.04
2003年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング - 8
48.48
5
94.88
5
143.36
2003年10月9日-12日 2003年フィンランディア杯ヘルシンキ - 1 1 1
2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 7 8 8 9
2002年11月7日-10日 ISUグランプリシリーズ ボフロスト杯ゲルゼンキルヒェン - 5 3 3
2002年10月31日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベック・シティー - 10 0 9
2002年10月4日-6日 2002年フィンランディア杯ヘルシンキ - 1 2 1
2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月16日-24日 2002年世界フィギュアスケート選手権長野 6 13 9 11
2002年1月14日-19日 2002年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ローザンヌ 3 6 7 6
2001年11月8日-11日 ISUグランプリシリーズ スパルカッセン杯ゲルゼンキルヒェン - 8 8 8
2001年10月5日-7日 2001年フィンランディア杯ヘルシンキ - 6 6 8
2001年9月4日-7日 2001年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 8 16 15
2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年2月26日-3月2日 2001年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 2 8 3 3
2000年12月14日-17日 2000/2001 ISUジュニアグランプリファイナルエア - 5 6 6
2000年11月2日-5日 ISUジュニアグランプリ ピルエッテンハーマル - 1 1 1
2000年10月14日-15日 2000年フィンランディア杯ヘルシンキ - 5 4 4
2000年9月21日-24日 ISUジュニアグランプリ ウクライナ記念キエフ - 3 4 3
2000年9月5日-8日 2000年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 14 7 10
1999-2000 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1999年11月19日-21日 ISUジュニアグランプリ SBC杯長野 14 10 11
1999年11月4日-7日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯ストックホルム 4 5 5

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS
2009-2010 Sisu: Vanhoja poikia viiksekkäitiä
by Ilro Rantala、Pekka Kuusisto
Portait: The Hours Suite - Movement III The Secret Agent
作曲:フィリップ・グラス
2008-2009 Leeloos' Tune
作曲:マクシム・ムルヴィツァ
チェロソナタ
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
ラフマニノフの主題によるメロディー
編曲:モデスト・アルトシュラー
ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
2007-2008 フラメンコ
2006-2007 ワン
曲:アポカリプティカ
映画『ミュンヘン』サウンドトラックより
作曲:ジョン・ウィリアムズ
2005-2006 メドレー
作曲:ジョージ・S・クリントン
One Mint Tulip
作曲:ザビア・クガート
Girls Night Out
作曲:マーレ・シャルマン
映画『ロミオとジュリエット』サウンドトラックより[2]
作曲:ニーノ・ロータ
振付:ヘンリック・バレンティン
2004-2005 歌劇『ヘンリー8世』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
2003-2004 ピアノ協奏曲
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
2002-2003 映画『二都物語』より
作曲:リチャード・アディンセル
演奏:BBCコンサート・オーケストラ
スペルバウンド・コンチェルト
作曲:ロージャ・ミクローシュ
演奏:ロンドン・プロムナード管弦楽団
2001-2002 Mondo Exotica
Woodoo Dreams
指揮:レス・バクスター
ヴァイオリン協奏曲 第1楽章・第2楽章
by F. Peyer
2000-2001 映画『クッキー・フォーチュン』サウンドトラックより
作曲:デヴィッド・A・スチュワート
バーバー&メイヤー・ヴァイオリン協奏曲 第1楽章・第2楽章
演奏:ヒラリー・ハーン

脚注[編集]

  1. ^ a b 上坂美穂編『オール・アバウトフィギュアスケート』ぴあ(ぴあワンダーランドSpecial)、2005年11月、p.39
  2. ^ 「スタンダードナンバー比較 ロミオとジュリエット編」『フィギュアスケートDays vol.4』DAI-X出版、2007年10月、pp.68-71