スタッド・オリンピック・ドゥ・ラデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタッド・オリンピック・ドゥ・ラデ
Stade Olympique de Radès
CA - Radès.jpg
スタッド・オリンピック・ドゥ・ラデの位置(チュニジア内)
スタッド・オリンピック・ドゥ・ラデ
施設情報
所在地 ラデス, チュニジア
位置 北緯36度44分52秒 東経10度16分22秒 / 北緯36.74778度 東経10.27278度 / 36.74778; 10.27278座標: 北緯36度44分52秒 東経10度16分22秒 / 北緯36.74778度 東経10.27278度 / 36.74778; 10.27278
起工 1998年
開場 2001年
拡張 2005
グラウンド
建設費 1億7000万ディナール
旧称
スタッド・セット・ノヴェンブル
(Stade 7 November)
使用チーム、大会
エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス
クラブ・アフリカーン
サッカーチュニジア代表
収容能力
60,000人[1]

スタッド・オリンピック・ドゥ・ラデ(Stade Olympique de Radès)はチュニジアラデスにある多目的スタジアム。チュニスに本拠地を置く二つのサッカークラブ・エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニスおよびクラブ・アフリカーンのホームスタジアムで、サッカーチュニジア代表の試合も開催されている。

歴史[編集]

2001年の地中海競技大会のために建設された。建設当初の名称はスタッド・セット・ノヴェンブルで、これは第2代大統領のザイン・アル=アービディーン・ベン・アリーが大統領に就任した1987年11月7日にちなんでいる。2001年7月、こけら落としのチュニジアカップ決勝(CSハマムリフvsエトワール・サヘル)が開催された。地中海競技大会終了後はクラブ・アフリカーンとエスペランス・チュニスのホームスタジアムとして活用され、サッカーチュニジア代表の試合も開催されている。

2004年にはアフリカネイションズカップ2004の試合会場となった。

2010年7月28日、トロフェ・デ・シャンピオンパリ・サンジェルマンFCvsオリンピック・マルセイユが開催された。

2011年、ジャスミン革命によりベン・アリーは大統領を辞任しサウジアラビアに亡命。これを受けてスタジアムの名称が現在のスタッド・オリンピック・ドゥ・ラデに改められた。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]