スタッド・ダンゴンジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタッド・ド・ラミティエ・シノ=ガボネーズ
"スタッド・ダンゴンジェ"
Cameroon celebrating winning 2017 Africa Cup of Nations.jpg
施設情報
正式名称 スタッド・ド・ラミティエ・シノ=ガボネーズ
Stade de l'Amitié Sino-Gabonaise
所在地 ガボンの旗 ガボン,リーブルビル アンゴンジェ
起工 2010年4月21日
開場 2011年11月10日
グラウンド 天然芝
建設者 中華人民共和国の旗 Shanghai Construction Group
使用チーム、大会
サッカーガボン代表
アフリカネイションズカップ2012
アフリカネイションズカップ2017
収容能力
40,000人[1]

スタッド・ダンゴンジェフランス語:Stade d'Angondjé)はガボンの首都、リーブルビル郊外のアンゴンジェに位置する競技場。中国政府が建設資金を援助し、建設された。こけら落としは2011年11月10日に行われた国際親善試合、ガボンブラジル(試合は2-0でブラジル代表が勝利)。 サッカーガボン代表のホームスタジアムでもある。

アフリカネイションズカップ2012[編集]

アフリカネイションズカップ2012では9試合が行われた。

アフリカネイションズカップ2017[編集]

アフリカネイションズカップ2017では9試合が行われた。

脚注[編集]

座標: 北緯0度31分27秒 東経9度23分52秒 / 北緯0.52417度 東経9.39778度 / 0.52417; 9.39778