スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア
Stadio Atleti Azzurri d'Italia
スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア
施設情報
所在地 Viale Giulio Cesare 18,
24100 Bergamo
位置 北緯45度42分32秒 東経9度40分51秒 / 北緯45.70889度 東経9.68083度 / 45.70889; 9.68083座標: 北緯45度42分32秒 東経9度40分51秒 / 北緯45.70889度 東経9.68083度 / 45.70889; 9.68083
起工 1927年
開場 1928年
所有者 アタランタB.C
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
旧称
Stadio Mario Brumana (1928-1945)
使用チーム、大会
Atalantaアタランタサッカー)(1928年-現在)
AlbinoLeffeアルビーノレッフェ(サッカー)(2003年-現在)
収容能力
21,300人

スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアStadio Atleti Azzurri d'Italia)は、イタリアロンバルディア州ベルガモ県ベルガモにあるサッカー専用競技場。アタランタBCUCアルビーノレッフェがホームスタジアムとして使用している。収容人数は21,300人。

概要[編集]

1928年完成のスタジアムで、それ以降は大幅な改修をしておらず景観が悪くスタンドを被う屋根が無いうえに内部の設備も宜しくなく時代後れは否めずセリエAの標準的なスタジアムとは程遠い。

1928年以来、スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアを本拠地としてきたが、2017年8月に同スタジアムをベルガモ市から1120万ユーロ(約13.7億円)で購入。ベルガモ市は2018年10月、3段階に分けて同スタジアムを改修する計画の建築許可の交付についてクラブと合意した。

2019年4月29日の第34節ウディネーゼ戦終了後、北スタンド「クルヴァ・ノルド」の改修工事を開始、5月7日には同スタンドを解体した。改修工事の第1段階は同年9月に完了。

また2020年夏には、熱狂的なサポーター集団のウルトラスが応援する南スタンド「クルヴァ・モロシーニ」の改修工事も始まり、最後にUBIバンカ・スタンドの改修が2021年に終了し、改修の全工程が完了する。

現在の収容人数は21,300人となっているが、総工費4000万ユーロ(約49億円)の改修工事後は24,000人に増える予定。

2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは上記の改修工事の影響でスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァを代替として使用している。