スタンディング・イン・ザ・ブリーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

スタンディング・イン・ザ・ブリーチ (Standing In The Breach) は、ジャクソン・ブラウンの14枚目のオリジナル・レコーディング・アルバム。

内容[編集]

"時の征者"から、6年振りのアルバム。デビュー前のデモ・テープに収録され、2002年のツアーで初披露するまで公式には未発表だった「ザ・バーズ・オブ・セント・マークス」が、12弦ギターをフィーチャーしたサウンドで、初めて正式にスタジオ録音され、新曲として収録された。

収録曲[編集]

  1. "The Birds of St. Marks" (4:23)
  2. "Yeah Yeah" (6:15)
  3. "The Long Way Around" (6:26)
  4. "Leaving Winslow" (3:53)
  5. "If I Could Be Anywhere" (7:08)
  6. "You Know the Night" (5:32)
  7. "Walls and Doors" (6:02)
  8. "Which Side" (6:38)
  9. "Standing in the Breach" (5:37)
  10. "Here" (4:26)
  11. "The Birds of St. Marks -Live:Piano Acoustic- (日本版のみ収録)