スタンプ・ウィードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スタンプ・ウィードマン
Stump Wiedman
StumpWiedman.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ロチェスター
生年月日 1861年2月17日
没年月日 (1905-03-03) 1905年3月3日(満44歳没)
身長
体重
5' 7.5" =約171.5 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手外野手
初出場 1880年8月26日
最終出場 1888年7月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョージ・エドワード・"スタンプ"・ウィードマン(George Edward "Stump" Wiedman 、1861年2月17日 - 1905年3月2日)は、1880年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手外野手ニューヨーク州ロチェスター生まれ。右投げ右打ち。1881年のナショナルリーグ最優秀防御率投手。

来歴・人物[編集]

1880年、19歳の時にバッファロー・バイソンズの選手となる。ウィードマンは1年目に30試合ほどに出場しているが、当時はバイソンズのエースだったパッド・ガルヴィンの登板しない試合で投げ、残りは外野手として起用された。1年目の勝敗は0勝9敗だった。

翌1881年にデトロイト・ウルバリンズが創設された際移籍し、2番手投手として13試合に登板。勝敗は8勝5敗だったが、この年の防御率1.80はナショナルリーグで最も低い記録だった。翌年からはウルバリンズのエースとなり2年続けて20勝を挙げたが、次の2年間は負けが先行するようになる。1886年に一度カンザスシティ・カウボーイズに移ったものの、そこで12勝36敗(負け数はリーグ最多)と惨敗する。同年でカウボーイズも破綻したため、次の年再びウルバリンズに戻ったが、1887年8月にニューヨーク・メトロポリタンズに金銭で放出された。

メジャーでの経歴は1888年にニューヨーク・ジャイアンツで2試合に登板したのが最後である。選手を引退したのち、ウィードマンは1896年に55試合の審判を務めた記録が残っている。1905年にニューヨークで死去。

通算成績[編集]

投手成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。
































W
H
I
P
279 269 2318.1 101 13 156 2 910 2594 61 459 12* 95 928 3.60 1.32

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最優秀防御率:1881年
  • 敗戦数リーグ最多:1886年

打撃成績[編集]

  • 通算:379試合、1401打数248安打、本塁打2、打点112、打率.177

出典・外部リンク[編集]