スタンプ・キャットニワット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタンプ・キャットニワット
基本情報
本名 Yutthana Kaensa
通称 Stamp Kratingdaenggym
階級 フライ級
身長 164cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 (1998-01-07) 1998年1月7日(20歳)
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 15
KO勝ち 6
敗け 1
テンプレートを表示

スタンプ・キャットニワットStamp Kiatniwat1998年1月7日 - )は、タイプロボクサー。元WBA世界フライ級暫定王者スタンプ・クラティンデーンジムとも記述される[1]

タイのプロボクサー史上最年少世界王者であり、ニワット・ラオスワンワット(Niwat Laosuwannawat)がプロモーター兼会長を務めるギャラクシーボクシングプロモーション所属。

来歴[編集]

2013年4月18日、アユタヤ県アユタヤ歴史公園でジャオクンポン・ガオランレックジムとデビュー戦を行い、6回判定勝ち。

2013年5月28日、スラートターニー県プラセーン郡でライトフライ級契約6回戦を行い、プロ初のKO勝ちとなる初回TKO勝ちを収めた。

2014年8月8日、バンコクドゥシット区にあるロイヤル・プラザで元WBA世界ミニマム級王者クワンタイ・シッモーセンと対戦し、12回3-0(117-111、2者が115-112)の判定勝ちを収めた。

2014年9月23日、アユタヤ県アユタヤ歴史公園でサムエル・テフアヨとPABAフライ級暫定王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2014年12月5日、バンコクドゥシット区にあるロイヤル・プラザでゲボイ・マンサラヤオと対戦し、2回KO勝ちを収めPABA暫定王座の初防衛に成功した。

2015年1月2日、バンコクバーンクンティアン区でエスピノス・サブと対戦し、3-0の判定勝ちを収めPABA暫定王座の2度目の防衛に成功した。

2015年3月23日、アユタヤ県のザ・ソサエティ・アユタヤ・リゾートでウィルバー・アンドガンと対戦し、5回KO勝ちを収めPABA暫定王座の3度目の防衛に成功した。

2015年4月24日、裵永吉の王座返上に伴い正規王座に認定された。

2015年7月29日、ルーイ県ヨーッモンコン・ウォー・センテープファン・カルロス・レベコとの王座統一戦に敗れ王座から陥落したことに伴いグレゴリオ・レブロンとWBA世界フライ級暫定王座決定戦を行い、12回2-0(113-113、116-112、117-109)の判定勝ちを収め王座獲得に成功し、タイのボクサーで史上最年少17歳での王座戴冠を果たした。しかしレブロン陣営は116-112でスタンプを支持したキム・ビュンム氏と117-109でスタンプを支持した島川威氏の採点に納得がいかず、スタンプとタイでの再戦を要求した[2]

2015年8月12日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のレブロン戦に勝利し王座獲得に成功したスタンプをWBA世界フライ級暫定王者としてWBA世界フライ級1位にランクインした[3]

2015年12月10日、チエンマイ県でWBA世界フライ級4位のグレゴリオ・レブロンと5ヵ月ぶりに再戦し、初防衛を目指す予定だったが[4]、試合は延期された。

2016年1月28日、WBAはスタンプ・キャットニワットとグレゴリオ・レブロンがバンコクで同年2月5日に再戦すると発表した[5]

2016年2月9日、バンコクのクルンテープ・トンブリ大学でグレゴリオ・レブロンと7ヵ月ぶりに再戦し、12回2-0(115-113、114-113、114-114)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[6][7][8]。 当初はWBAからの発表にもある通り同月5日に行われる予定だったが、スポンサーの都合で4日延期されて行われた[9]

2016年10月6日、WBA世界フライ級正規王者井岡一翔とWBA世界フライ級暫定王者のスタンプ・キャットニワットに対し、王座統一戦に関する対戦交渉を開始するよう指令を出した。同日から30日以内に合意に至らなければ入札になるとのこと[10][11]

2016年12月31日、日本の島津アリーナ京都でWBA世界フライ級正規王者井岡一翔と王座統一戦を行い、プロ初黒星となる7回2分51秒TKO負けを喫し王座統一に失敗、スタンプが1年5ヵ月保持していた暫定王座は正規王座に吸収される形で消滅した[12][13]

2017年1月8日、WBAは最新ランキングを発表し、上述の井岡戦に敗れ暫定王座から陥落したスタンプをWBA世界フライ級8位にランクインした[14]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WBA -WBO world championship in Thailand Fight News Asia.com 2015年7月15日
  2. ^ Kiatniwat Decisions Lebron, Wins WBA Title WBA公式サイト 2015年7月30日
  3. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2015年8月12日
  4. ^ Stamp Kiatniwat Defends WBA Flyweight Title WBA公式サイト 2015年12月8日
  5. ^ Stamp Kiatniwat in Title Rematch with Gregorio Lebron WBA公式サイト 2016年1月28日
  6. ^ Stamp Kiatniwat Retains Interim WBA Title WBA公式サイト 2016年2月9日
  7. ^ ラウンドアップ ディブが仕切り直しの復帰戦 Boxing News(ボクシングニュース)2016年2月9日
  8. ^ スタンプがレブロン返り討ち、WBAフライ級暫定戦 Boxing News(ボクシングニュース)2016年2月10日
  9. ^ Kiatniwat edges Lebron again, retains WBA title Fightnews.com 2016年2月9日
  10. ^ WBA Orders Ioka-Kiatniwat Championship Bout WBA公式サイト 2016年10月6日
  11. ^ WBAが井岡一翔に暫定王者との指名戦をオーダー Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2016年10月8日
  12. ^ Ioka retains WBA flyweight belt Fightnews.com 2016年12月31日
  13. ^ 井岡一翔まさかのダウンも7回TKOでV4 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日
  14. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年1月8日

関連項目[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
サムエル・テフアヨ
PABAフライ級暫定王者
2014年9月23日 - 2015年4月24日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
裵永吉
第17代PABAフライ級王者

2015年4月24日 - 2015年7月29日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ヨーッモンコン・ウォー・センテープ
暫定王座決定戦 対戦者
グレゴリオ・レブロン
WBA世界フライ級暫定王者
2015年7月29日 - 2016年12月31日
次暫定王者
王座統一戦により消滅