スタンリー・ドーネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スタンリー・ドーネン
Stanley Donen
Stanley Donen
生年月日 (1924-04-13) 1924年4月13日
没年月日 (2019-02-21) 2019年2月21日(94歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サウスカロライナ州[1]コロンビア
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク[1]
配偶者 Jeanne Coyne (1948-1949)
マリオン・マーシャル (1952-1959)
Adelle Beatty (1960-1971)
イヴェット・ミミュー (1972-1985)
Pamela Braden (1990-1994)

スタンリー・ドーネンStanley Donen1924年4月13日 - 2019年2月21日[1])は、アメリカ合衆国映画監督振付師[1]。アメリカ風のウィットを効かせた明朗な娯楽作品が多く、数多くのミュージカルの作品を手がけた。

略歴[編集]

サウスカロライナ州[1]コロンビア出身。両親共にユダヤ系。大学中退後、ブロードウェイの舞台でコーラスを務めていたところ主演のジーン・ケリーと意気投合し、ケリーの助手として共にハリウッドへ乗り込んだ。

メトロ・ゴールドウィン・メイヤーで振付師・ダンサーとしてキャリアをスタートさせると、ケリーと共同で『踊る大紐育』『雨に唄えば』を監督し、大ヒットに導いた[1]。特に『雨に唄えば』は半世紀経った今なお色褪せない、ミュージカル映画の金字塔となっている。

ケリーから一人立ちした後も『掠奪された七人の花嫁』『くたばれ!ヤンキース』などのMGMミュージカルの快作や、『パリの恋人』『シャレード』などオードリー・ヘプバーン主演のロマンチックな作品を世に送り出した。

1998年、アカデミー名誉賞を受賞。その挨拶の壇上で歌とタップダンスを披露した。

著作権に関しては、どちらかと言うとルーズな方で、著作権標記を入れなかった為にパブリックドメインとなった作品が多い。

2019年2月21日、ニューヨークにて心不全のため逝去。94歳没[1]

主な監督作品[編集]

※:米国においてパブリックドメイン

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “「雨に唄えば」監督S・ドーネン氏死去、94歳”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年2月24日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190224/geo19022408260017-n1.html 2019年2月24日閲覧。