スタン・ハビアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • スタン・ハビエル
スタン・ハビアー
Stan Javier
1984 Nashville Stan Javier.jpg
AAA級ナッシュビルサウンズ時代
(1984年)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ドゥアルテ州サン・フランシスコ・デ・マコリス
生年月日 (1964-01-09) 1964年1月9日(55歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1981年 アマチュアFA
初出場 1984年4月15日
最終出場 2001年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スタンリー・フリアン・アントニオ・ハビアーStanley Julián Antonio Javier, 1964年1月9日 - )は、ドミニカ共和国ドゥアルテ州サン・フランシスコ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手外野手)。右投両打。

経歴[編集]

プロ入りからヤンキース時代[編集]

1981年に17歳でアマチュアFAとしてセントルイス・カージナルスと契約してプロ入り。2年間アパラチアンリーグでプレーして打率.264・11本塁打・55打点を残した後、ボビー・ミーチャムと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。2年間マイナーでプレーした後1984年4月15日にメジャーデビュー[1]。メジャーでは7打席で1安打だった。シーズン終了後、リッキー・ヘンダーソンバート・ブラッドリー英語版とのトレードでティム・バートサスジェイ・ハウエルエリック・プランク英語版ホセ・リーホと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[2]

アスレチックス時代[編集]

移籍して初年度の1985年はアスレチックス傘下のAA級チームのハンツビル・スターズ英語版でプレーしサザンリーグでの優勝に貢献した[3]

1986年5月20日にアスレチックスで初めてメジャーで試合出場を果たす。

1988年はシーズン通して4人目の外野手英語版としてメジャーに残っていた。そして自身初のポストシーズンだったがチャンピオンシップシリーズボストン・レッドソックス戦とワールドシリーズロサンゼルス・ドジャース戦の2試合で2安打ずつ放ち打率.500を残しアスレチックスはアメリカンリーグ西地区優勝となった。

1989年ホセ・カンセコが左手首の怪我によりシーズン前半を離脱したため正右翼手としてすこしの期間ではあるがプレーした[4]。スラッガーが離脱した1位のカリフォルニア・エンゼルスと1.5ゲーム差だったチーム状態を良くし2年連続のディビジョンシリーズ優勝に導いた。自身二度目のポストシーズンであったが、2試合に出場したもののヒットは打てなかった。1989年のワールドシリーズサンフランシスコ・ジャイアンツにアスレチックスが大勝したことによって父であるフリアンのワールドシリーズでの優勝回数が親子合わせて3回となった[5]。ワールドシリーズ終了後、アスレチックスの正二塁手のトニー・フィリップス英語版がフリーエージェントでデトロイト・タイガースと契約を結んだ[6]

1990年二塁手にはマイク・ガイエゴランス・ブランケンシップ英語版プラトーン・システムの起用が目立ったが、5月の真っ最中に2人合わせて打率.144・1本塁打・10打点と散々な内容だった。そのため二塁手の補強が急務とされたために5月13日にウィリー・ランドルフとのトレードによりロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[7]

ドジャース時代 [編集]

カーク・ギブソンが左ハムストリング断裂で離脱を余儀なくされていたので[8]、すぐに正中堅手として起用された。ギブソンが復帰してからは、第4の外野手や代打に落ち着いたが今までのシーズンの中で打率が最も高かった。シーズンの残りの期間で打率.316・7打点を記録しほとんどの打点がチャンスでの物でシカゴ・カブス[9]アトランタ・ブレーブス[10]モントリオール・エキスポズ[11]フィラデルフィア・フィリーズ[12]とチームを問わず打点を残した。

1991年のスプリングトレーニングの際に三塁にコンバートさせるか試されたものの、その考えはシーズンが始まってからは放棄された。成績は前年より落ち、打率.205・1本塁打・11打点だったが、9月29日にサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で自身の安打からサヨナラ勝ちを導いたこともあり安打を打つ能力は衰えてはいなかった[13]

1992年中頃までドジャースは31勝42敗だったため再建モードに入った。その影響で7月2日にスティーブ・サーシー英語版後日発表選手とのトレードでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した。

フィリーズ時代[編集]

トレードされたものの7月2日はドジャースとフィリーズの試合だったため、移動の問題はロッカールームとユニフォームを変更するだけだった[14]。試合では4打数3安打で1四球・1打点と古巣から記録した[15]。今までのチームよりもレギュラーとしてのプレーが目立ち1992年のフィリーズの試合スケジュールの残り74試合すべてに出場した。シーズン終了後、カリフォルニア・エンゼルスと1年契約を結んだ[16]

エンゼルス時代[編集]

1993年はスロースタートとなってしまいオールスター休みまでに打率.220・0本塁打・9打点だった。シーズン後半は前半戦に比べてはるかに調子も良くなっていた。8月6日のシカゴ・ホワイトソックス戦では自身のキャリアで一番といえる4打数4安打で1四球・2打点・1得点を記録しチームを勝利に導いた[17]。また9月9日にデトロイト・タイガースビル・ガリクソンから5月22日以来となる本塁打を放ち安打も3本記録した[18]。シーズン終了の月である9月と10月に打率.387を残し、シーズン通しては打率.291まで上げることに成功した。

アスレチックス復帰[編集]

1993年シーズンオフに、正中堅手としてオークランド・アスレチックスと2年契約を結んだ[19]

1994年ストライキがあったにも関わらず、キャリアハイとなる10本塁打を記録した。

1995年は56打点・81得点・36盗塁といずれもキャリアハイだった。また36盗塁には28連続で成功した分も含まれている。

ジャイアンツ時代[編集]

1995年シーズンの活躍でアスレチックスは単年100万ドルを超える契約を提案したが、結局12月8日にディオン・サンダースの代わりの正中堅手としての獲得を望んでいたサンフランシスコ・ジャイアンツと2年で210万ドルの契約を結んだ[20]

1996年はジャイアンツでの最初のシーズンだったが、7月16日に右ハムストリングの張りで後半戦を棒に振った。怪我した当時は、ボルチモア・オリオールズボビー・ボニーヤを目指していると噂もささやかれた[21]

1997年の始めは自身の母が胃癌のために母国であるドミニカ共和国に帰国する事態も発生した。その後はダリル・ハミルトン英語版とのセンターでのプラトーン起用やアメリカンリーグとのインターリーグでは指名打者として起用された。7月12日のテキサス・レンジャーズ戦でダレン・オリバーから3回に本塁打を打ちMLBの歴史でインターリーグが導入されて初めての本塁打だった。7回には勝ち越しとなる二塁打を放ちチームも4-3で勝利し歴史的な試合となった[22]。1996年のジャイアンツは100敗を回避したものの、ナショナルリーグ西地区で最下位だったが1997年は一転して地区優勝にこぎつけた。1997年のナショナルリーグディビジョンシリーズフロリダ・マーリンズが相手だったが3連敗を喫した。自身は12打数で5安打・1打点・2得点だった。

1998年グレナレン・ヒル英語版がFAでシアトル・マリナーズへ移籍したため、ライトにコンバートされた。開幕戦となるヒューストン・アストロズ戦では13回に3打点となる二塁打を放ちチームも9-4と快勝を収めた[23]。二日後のラバー・ゲームとなっていたアストロズ戦ではキャリアハイとなる1試合で5打点を記録しチームに勝利をもたらした[24]。ジャイアンツは突然9月に6連勝を連ね月始めの5試合を好発進したシカゴ・カブスとのナショナルリーグメジャーリーグベースボールのワイルドカード英語版競争となった。今期4本塁打を記録することになるが、6連勝中のコロラド・ロッキーズ戦で2本塁打を放つこれみよがしの活躍を見せた[25]リグレー・フィールドメジャーリーグベースボールワンゲームプレイオフが行われ89勝とならんでいたカブスに敗戦を喫した。プレーオフでは9回に向かうまでに5-0と負けていたが、その試合の初めての打点を挙げ、チームはこの回だけで3得点をたたき出した。しかしながらワイルドカードゲームに進むことはできなかった[26]

アストロズ時代[編集]

1999年ヒューストン・アストロズナショナルリーグ中地区で1.5ゲーム差をつけて首位だったが怪我人が続出していたため8月31日のウェイバー期限前にプロスペクトの投手であるジョー・メスマンとトレードされた[27]。移籍してからはラリー・ダーカーによって2番打者で起用され、打率.328で、12試合で12得点を挙げアストロズがポストシーズンに進むことを後押しした。シーズン後、FAとなったためシアトル・マリナーズと契約した[28]

マリナーズ時代[編集]

2000年はマリナーズで好スタートを切り、4月が終わった時点で打率.343で16得点を記録した。ただしシアトルでの在籍中の2年間の最も活躍した月もこの4月だった。6月4日のサンディエゴ・パドレス戦ではフィル・ネビンが放った本塁打となるはずだった打球をフェンスをよじ登って捕球し本塁打を奪うプレーも見せた[29]

2001年はシーズン終了後に引退することが発表された。116試合に出場し、左翼手としてアル・マーティン英語版とのプラトーン起用が目立った。2001年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズの3戦目ではニューヨーク・ヤンキースアルフォンソ・ソリアーノが放った本塁打寸前の打球を跳躍しながら捕球をしその後のチームの逆転の狼煙を作った[30]。また2試合目にはポストシーズン唯一の本塁打をマイク・ムッシーナから放っている[31]

引退後[編集]

2006年の第1回WBCの野球ドミニカ共和国代表にゼネラル・マネージャーとして参加し[32]2009年にも同じく参加した[33]

家族[編集]

父のフリアン・ハビアー英語版二塁手であり、1960年代から1970年代にかけてカージナルスで活躍した。また、1964年1967年にはワールドシリーズ優勝を経験しており、父子二代でチャンピオンリングを手にしている。なお、スタンという名前の由来は父の同僚のスタン・ミュージアルからである[34]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 NYY 7 7 7 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .143 .143 .143 .286
1986 OAK 59 131 114 13 23 8 0 0 31 8 8 0 0 0 16 0 1 27 2 .202 .305 .272 .577
1987 81 176 151 22 28 3 1 2 39 9 3 2 6 0 19 3 0 33 2 .185 .276 .258 .535
1988 125 440 397 49 102 13 3 2 127 35 20 1 6 3 32 1 2 63 13 .257 .313 .320 .633
1989 112 348 310 42 77 12 3 1 98 28 12 2 4 2 31 1 1 45 6 .248 .317 .316 .633
1990 19 36 33 4 8 0 2 0 12 3 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .242 .306 .364 .669
LAD 104 321 276 56 84 9 4 3 110 24 15 7 6 2 37 2 0 44 6 .304 .384 .399 .783
'90計 123 357 309 60 92 9 6 3 122 27 15 7 6 2 40 2 0 50 6 .298 .376 .395 .771
1991 121 197 176 21 36 5 3 1 50 11 7 1 3 2 16 0 0 36 4 .205 .268 .284 .552
1992 56 66 58 6 11 3 0 1 17 5 1 2 1 0 6 2 1 11 0 .190 .277 .293 .570
PHI 74 313 276 36 72 14 1 0 88 24 17 1 2 2 31 0 2 43 4 .261 .338 .319 .656
'92計 130 379 334 42 83 17 1 1 105 29 18 3 3 2 37 2 3 54 4 .249 .327 .314 .641
1993 CAL 92 269 237 33 69 10 4 3 96 28 12 2 1 3 27 1 1 33 7 .291 .362 .405 .767
1994 OAK 109 480 419 75 114 23 0 10 167 44 24 7 7 3 49 1 2 76 7 .272 .349 .399 .747
1995 130 504 442 81 123 20 2 8 171 56 36 5 5 4 49 3 4 63 8 .278 .353 .387 .740
1996 SF 71 306 274 44 74 25 0 2 105 22 14 2 5 0 25 0 2 51 4 .270 .336 .383 .719
1997 142 510 440 69 126 16 4 8 174 50 25 3 2 7 56 1 5 70 5 .286 .368 .395 .764
1998 135 490 417 63 121 13 5 4 156 49 21 5 4 3 65 4 1 63 13 .290 .385 .374 .759
1999 112 371 333 49 92 15 1 3 118 30 13 6 7 1 29 4 1 55 4 .276 .335 .354 .690
HOU 20 75 64 12 21 4 1 0 27 4 3 1 1 1 9 0 0 8 2 .328 .405 .422 .827
'99計 132 446 397 61 113 19 2 3 145 34 16 7 8 2 38 4 1 63 6 .285 .347 .365 .712
2000 SEA 105 392 342 61 94 18 5 5 137 40 4 3 4 4 42 2 0 64 7 .275 .351 .401 .751
2001 89 323 281 44 82 14 1 4 110 33 11 1 3 1 36 1 2 47 8 .292 .375 .391 .766
MLB:17年 1763 5755 5047 781 1358 225 40 57 1834 503 246 51 67 38 578 26 25 839 102 .269 .345 .363 .708

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B) 中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)








































































1984 NYY - - - 3 0 0 0 0 ---- - 3 3 0 0 0 1.000
1986 OAK - - - 49 114 2 0 1 1.000 3 4 0 0 0 1.000 -
1987 6 38 2 1 1 .976 - - 52 95 3 1 3 .990 8 6 0 1 0 .857 15 10 0 0 0 1.000
1988 4 34 1 0 3 1.000 - - 45 89 1 3 0 .968 69 104 4 1 1 .991 30 46 1 0 1 1.000
1989 1 1 0 0 1 1.000 1 1 4 0 1 1.000 - 28 54 1 0 0 1.000 23 36 0 0 0 1.000 72 126 3 2 0 .985
1990 - - - 4 16 0 0 0 1.000 4 0 0 0 0 ---- 5 3 0 0 0 1.000
LAD - - - 70 174 1 0 1 1.000 9 10 0 0 0 1.000 12 21 1 0 0 1.000
'90計 - - - 74 190 1 0 1 1.000 13 10 0 0 0 1.000 17 24 1 0 0 1.000
1991 2 20 3 2 1 .920 - - 7 6 0 1 0 .857 52 42 0 0 0 1.000 18 22 1 0 0 1.000
1992 - - - 2 1 0 0 0 1.000 15 14 0 0 0 1.000 11 2 0 0 0 1.000
PHI - - - 49 147 5 3 1 .981 27 64 2 0 0 1.000 1 1 0 0 0 1.000
'92計 - - - 51 148 5 3 1 .981 42 78 2 0 0 1.000 12 3 0 0 0 1.000
1993 CAL 12 64 2 2 2 .971 2 2 0 0 0 1.000 - 16 26 0 0 0 1.000 36 47 2 2 0 .961 16 28 0 0 0 1.000
1994 OAK 1 3 0 0 0 1.000 - 1 1 1 0 0 1.000 102 254 4 4 1 .985 12 13 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
1995 - - 1 0 0 0 0 ---- 101 277 3 0 1 1.000 32 55 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
1996 SF - - - 53 147 0 1 0 .993 - 18 28 2 2 0 .938
1997 3 21 0 1 2 .955 - - 46 100 1 3 1 .971 5 3 0 0 0 1.000 94 155 1 3 1 .981
1998 - - - 29 49 0 1 0 .980 6 12 0 0 0 1.000 95 156 1 2 1 .987
1999 - - - 3 5 0 0 0 1.000 51 89 2 2 2 .978 42 64 2 2 1 .971
HOU - - - 6 12 0 0 0 1.000 7 5 0 0 0 1.000 10 14 1 0 0 1.000
'99計 - - - 9 17 0 0 0 1.000 58 94 2 2 2 .980 52 78 3 2 1 .976
2000 SEA 3 21 1 0 2 1.000 - - 13 25 2 0 0 1.000 47 53 3 0 0 1.000 38 62 1 1 0 .984
2001 6 26 3 0 4 1.000 - - 13 27 0 0 0 1.000 62 97 0 1 0 .990 11 15 1 0 1 1.000
MLB 38 228 12 6 16 .976 3 3 4 0 1 1.000 2 1 1 0 0 1.000 691 1618 23 17 9 .990 468 654 13 7 3 .990 493 756 15 12 5 .985
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 55(1984年)
  • 28(1986年 - 1990年途中、1994年 - 1999年途中、2000年 - 2001年)
  • 5(1990年途中 - 1992年途中)
  • 22(1992年途中 - 同年終了)
  • 25(1993年)
  • 38(1999年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ Chicago White Sox at New York Yankees Box Score, April 15, 1984” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年3月25日閲覧。
  2. ^ “Henderson Traded to Yankees in Seven-Man Deal”. Ottawa Citizen. (1984年12月6日). https://news.google.com/newspapers?id=b-4yAAAAIBAJ&sjid=TO8FAAAAIBAJ&pg=4993,3754277&dq 
  3. ^ “Stars Win League Title”. Times Daily. (1985年9月14日). https://news.google.com/newspapers?id=114eAAAAIBAJ&sjid=bMgEAAAAIBAJ&pg=5694,2362591&dq 
  4. ^ “Oakland's Jose Canseco Will Have Injured Left Wrist Examined”. Harlan Daily Enterprise. (1989年5月9日). https://news.google.com/newspapers?id=JUhBAAAAIBAJ&sjid=9KgMAAAAIBAJ&pg=2954,355497&dq 
  5. ^ Steve Gardner and Jeff Zillgitt (2002年10月20日). “Notebook: Seems like old times for Ortiz, Fullmer”. USA Today. http://usatoday30.usatoday.com/sports/baseball/playoffs/2002-10-20-game1-notes_x.htm 
  6. ^ “Tigers Sign Tony Phillips”. The Bryan Times. (1989年12月6日). https://news.google.com/newspapers?id=tpVTAAAAIBAJ&sjid=_ocDAAAAIBAJ&pg=6810,2228617&dq 
  7. ^ “Athletics Trade Javier for Randolph”. Bangor Daily News. (1990年5月14日). https://news.google.com/newspapers?id=Pa5JAAAAIBAJ&sjid=qQ4NAAAAIBAJ&pg=2786,4693030&dq 
  8. ^ “Dodgers Put Gibson on 15-Day Disabled List”. Deseret News. (1990年4月1日). https://news.google.com/newspapers?id=FosnAAAAIBAJ&sjid=x4QDAAAAIBAJ&pg=2885,365617&dq 
  9. ^ Los Angeles Dodgers 5, Chicago Cubs 3”. Baseball-Reference.com (1990年7月13日). 2019年6月22日閲覧。
  10. ^ Los Angeles Dodgers 4, Atlanta Braves 3”. Baseball-Reference.com (1990年7月29日). 2019年6月22日閲覧。
  11. ^ Los Angeles Dodgers 3, Montreal Expos 2”. Baseball-Reference.com (1990年8月18日). 2019年6月22日閲覧。
  12. ^ Los Angeles Dodgers 3, Philadelphia Phillies 2”. Baseball-Reference.com (1990年8月22日). 2019年6月22日閲覧。
  13. ^ Los Angeles Dodgers 3, San Francisco Giants 2”. Baseball-Reference.com (1991年9月29日). 2019年6月22日閲覧。
  14. ^ “Javier Suits Up for Dodgers, Then Phils”. The Post and Courier. (1992年7月3日). https://news.google.com/newspapers?id=4qlbAAAAIBAJ&sjid=2FENAAAAIBAJ&pg=3013,846141&dq 
  15. ^ Los Angeles Dodgers 9, Philadelphia Phillies 4”. Baseball-Reference.com (1992年7月2日). 2019年6月22日閲覧。
  16. ^ “115 Major Leaguers File for Salary Arbitration”. Post and Courier. (1993年1月16日). https://news.google.com/newspapers?id=o1NSAAAAIBAJ&sjid=rDYNAAAAIBAJ&pg=1396,115104&dq 
  17. ^ California Angels 7, Chicago White Sox 3”. Baseball-Reference.com (1993年8月6日). 2019年6月22日閲覧。
  18. ^ “Magrane, Relievers Hurl Shutout”. Spencer, Iowa Daily Reporter. (1993年9月10日). https://news.google.com/newspapers?id=HVorAAAAIBAJ&sjid=bgEFAAAAIBAJ&pg=3225,1394693&dq 
  19. ^ “Red Sox Sign Outfielder Nixon”. Telegraph Herald. (1993年12月8日). https://news.google.com/newspapers?id=lA1eAAAAIBAJ&sjid=9l8NAAAAIBAJ&pg=2574,1688721&dq 
  20. ^ Ronald Blum (1995年12月9日). “More Free Agents Sign”. The Bryan Times. https://news.google.com/newspapers?id=8ZNTAAAAIBAJ&sjid=v4cDAAAAIBAJ&pg=3625,4063079&dq 
  21. ^ “Braves Throw Strikes Over the Health Plate”. The Register-Guard. (1996年7月28日). https://news.google.com/newspapers?id=uElWAAAAIBAJ&sjid=IusDAAAAIBAJ&pg=6885,7446513&dq 
  22. ^ “Rangers Fall to Giants, 4-3”. Altus Times. (1997年6月13日). https://news.google.com/newspapers?id=8W5DAAAAIBAJ&sjid=IK4MAAAAIBAJ&pg=4561,4774666&dq 
  23. ^ San Francisco Giants 9, Houston Astros 4”. Baseball-Reference.com (1998年3月31日). 2019年6月22日閲覧。
  24. ^ “Javier Shines With 5 RBIs”. The Union Democrat. (1998年4月3日). https://news.google.com/newspapers?id=WCtZAAAAIBAJ&sjid=O0cNAAAAIBAJ&pg=6585,421990&dq 
  25. ^ “Giants Tap an Unexpected Power Source”. New York Times. (1998年9月27日). https://www.nytimes.com/1998/09/27/sports/baseball-giants-tap-an-unexpected-power-source.html 
  26. ^ Chicago Cubs 5, San Francisco Giants 3”. Baseball-Reference.com (1998年9月28日). 2019年6月22日閲覧。
  27. ^ “Red Sox Acquire Cubs Reliever Beck”. Wilmington Morning Star. (1999年9月1日). https://news.google.com/newspapers?id=yL1OAAAAIBAJ&sjid=2x4EAAAAIBAJ&pg=3375,81917&dq 
  28. ^ “Mariners Sign McLemore, Javier”. Ellensburg Daily Record. (1999年12月21日). https://news.google.com/newspapers?id=WcYeAAAAIBAJ&sjid=vsoEAAAAIBAJ&pg=1704,4323721&dq 
  29. ^ “Javier's Great Catch Saves Seattle's Win”. Eugene Register-Guard. (2000年6月5日). https://news.google.com/newspapers?id=h1NWAAAAIBAJ&sjid=hOsDAAAAIBAJ&pg=6797,1601508&dq 
  30. ^ Josh Dubow (2001年10月22日). “Mariners Rout Yankees 14-3 Behind Boone”. Bangor Daily News. https://news.google.com/newspapers?id=jqVJAAAAIBAJ&sjid=qQ0NAAAAIBAJ&pg=1516,2104554&dq 
  31. ^ 2001 American League Championship Series, Game Two”. Baseball-Reference.com (2001年10月18日). 2019年6月22日閲覧。
  32. ^ Janie McCauley (2006年3月17日). “Dominican Fans Catch Classic Fever”. Bangor Daily News. https://news.google.com/newspapers?id=5AE1AAAAIBAJ&sjid=O08KAAAAIBAJ&pg=4270,871071&dq 
  33. ^ Christian Red (2009年3月6日). “Team Dominican adjusts to WBC without Alex Rodriguez”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/sports/baseball/yankees/team-dominican-adjusts-wbc-alex-rodriguez-article-1.369438 
  34. ^ 「スタン・ハビアー」『マリナーズ地区優勝&ポストシーズン展望号』ベースボール・マガジン社 63頁

関連項目[編集]