スターマン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スターマン
スターマン.jpg
1994年10月16日、阪神競馬場にて
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1991年5月12日
ワイズカウンセラー
ケイティルート
母の父 ダンディルート
生国 日本の旗 日本北海道様似町
生産 高村伸一
馬主 誓山正伸
調教師 長浜博之栗東
競走成績
生涯成績 14戦6勝
獲得賞金 2億5138万円
テンプレートを表示

スターマン日本の元競走馬である。菊花賞の前哨戦である京都新聞杯で、二冠馬ナリタブライアン(その後、菊花賞を優勝して三冠達成)を破ったことで一躍注目を集めた。引退後は種牡馬となったが、2002年に種牡馬登録を抹消して乗馬となっている。

(※以下、馬齢は旧年齢表記とした。)

戦績[編集]

1993年10月16日、デビュー戦となる京都競馬場ダート1400メートル)の新馬戦逃げ切って勝利した。その後も脚元の不安からダートを中心に使われ、春のクラシックには間に合わなかった。1994年4月17日、関東でクラシック一冠目の皐月賞が行われるのと同じ日に、阪神競馬場のれんげ賞でようやく2勝目を挙げた。後続を3馬身半の差突き放した上、勝ち時計もレコードに0秒1差という優秀なものであった。これを契機に能力が開花し、白藤ステークスを勝利、神戸新聞杯でもメルシーステージを破って重賞初制覇を果たした。

続いて、菊花賞を前に京都新聞杯に出走。このレースには、三冠を狙うナリタブライアンも秋緒戦として出走していた。ナリタブライアンは単勝1.0倍という圧倒的人気を集め、日本ダービーでナリタブライアンに続く2着となったエアダブリンが2番人気で11.3倍、3連勝中だったスターマンは15.5倍の3番人気に過ぎなかった。レースでは馬群の外を回って先頭に立ったナリタブライアンに対し、内ラチ沿いから上手く抜けだしたスターマンが競り勝ち、4連勝を達成した。

その後の菊花賞では、三冠を達成したナリタブライアンに対し、5着に敗れる。そしてこれが結果的に唯一のGI出走となった。鳴尾記念は4馬身差で勝利したが、アメリカジョッキークラブカップでは5着。そして大阪杯に向けた調整中に屈腱炎を発症し、長い休養に入った。1年半後の6歳の夏にダートのオープン特別KBC杯で復帰したが、9着に敗れる。だが、小倉記念朝日チャレンジカップで続けて2着と健闘した。しかし朝日チャレンジカップのレース中、右前脚の浅屈腱を断裂したことが判明し、そのまま現役引退となった。

引退後は種牡馬となったが、中央競馬でオープンクラスまで昇級したナゾ以外の活躍馬はなく、また血統登録された産駒もわずか20頭に過ぎなかった。

2002年に種牡馬も引退し、以降はその功労により「引退名馬けい養展示事業」の助成を受けながら、愛知県の乗馬クラブで乗馬として繋養されている。

競走成績[編集]

年月日 レース名 オッズ 着順 距離 タイム (上り) 着差 騎手 勝ち馬/ (2着馬)
1993 10. 16 京都 3歳新馬 2.1 (1人) 1着 ダ1400m(良) 1:26.5 (39.3) 0.1秒 河内洋 (ワンダーラトラー)
12. 11 中京 樅の木賞 8.7 (4人) 3着 芝1200m(良) 1:10.9 (36.9) 0.3秒 角田晃一 ダンディロイヤル
1994 1. 15 阪神 寒梅賞 7.8 (2人) 8着 ダ1400m(良) 1:28.3 (40.0) 2.0秒 河内洋 エイシンオクラホマ
3. 19 中京 500万下 8.8 (4人) 5着 ダ1000m(良) 1:01.1 (37.5) 0.9秒 河内洋 トロナラッキー
4. 17 阪神 れんげ賞 13.9 (5人) 1着 芝1200m(良) 1:09.8 (35.5) 0.6秒 藤田伸二 (シンメイリボーン)
6. 5 阪神 白藤賞 7.4 (3人) 1着 芝1600m(良) 1:34.5 (34.5) 0.3秒 藤田伸二 (オースミナポレオン)
9. 18 中京 神戸新聞杯 (GII) 5.8 (3人) 1着 芝2000m(良) 2:00.6 (35.7) 0.4秒 藤田伸二 メルシーステージ
10. 16 阪神 京都新聞杯 (GII) 15.5 (3人) 1着 芝2200m(良) 2:12.1 (34.4) 0.1秒 藤田伸二 ナリタブライアン
11. 6 京都 菊花賞 (GI) 10.5 (4人) 5着 芝3000m(稍) 3:05.9 (35.5) 1.3秒 藤田伸二 ナリタブライアン
12. 10 阪神 鳴尾記念 (GII) 1.7 (1人) 1着 芝2500m(良) 2:33.3 (35.0) 0.7秒 藤田伸二 ヤマニンバイタル
1995 1. 22 中山 AJCC (GII) 1.5 (1人) 5着 芝2200m(良) 2:14.8 (35.2) 0.4秒 藤田伸二 サクラチトセオー
1996 7. 14 小倉 KBC杯 8.3 (3人) 9着 ダ1700m(良) 1:49.0 (41.3) 3.7秒 角田晃一 メイショウアムール
8. 11 小倉 小倉記念 (GIII) 9.7 (5人) 2着 芝2000m(良) 2:00.9 (35.2) 0.2秒 熊沢重文 ヒシナタリー
9. 8 阪神 朝日チャレンジC (GIII) 3.6 (2人) 2着 芝2000m(良) 1:59.6 (34.7) 0.1秒 藤田伸二 マーベラスサンデー

血統表[編集]

スターマン血統リボー系 / Nasrullah 5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

*ワイズカウンセラー
Wise Counsellor
1983 鹿毛
父の父
Alleged
1974 鹿毛
Hoist the Flag Tom Rolfe
Wavy Navy
Princess Pout Prince John
Determined Lady
父の母
Quarrel
1973 栗毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Rhubarb Barbizon
Judy Rullah

ケイテイルート
1978 黒鹿毛
*ダンディルート
Dandy Lute
1972 鹿毛
Luthier Klairon
Flute Enchantee
Dentrelic Prudent
Relict
母の母
タイズキ
1968 黒鹿毛
*グレイモナーク
Grey Monarch
Grey Sovereign
White Lodge
タイフレーム *ライジングフレーム
隆勝 F-No.4-r
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典
  • 妹の孫に重賞3勝のガルボがいる。