スタームルガー・シングルシックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スターム ルガー・シングルシックス
Ruger Single Six long barrel.jpg
概要
種類 回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国
設計・製造 スターム・ルガー
性能
口径 .22口径
.357口径
銃身長 5.5インチ
使用弾薬 .17HMR弾
.22LR弾
.22WMR弾
.357マグナム弾
.45ロング・コルト弾
装弾数 6発
作動方式 シングルアクション
全長 279 mm
重量 936 g
テンプレートを表示

スターム ルガー・シングルシックス: Sturm Ruger Single Six)はアメリカスターム・ルガー社が開発した回転式拳銃

特徴[編集]

1953年に発売されたスタームルガー社初のリボルバーで、.22口径の.22LR弾、もしくは.22WMR弾を使用する[1]

コルトSAAをベースとして開発されたため、フレームはシリンダーと一体成形のソリッドフレームを持ち、作動方式はシングルアクションオンリーである。又、SAAと異なり、再装填の際にハンマーをハーフコックせず、ローディングゲートを開けるだけでシリンダーがフリー回転するローディングゲート・メカニズムを採用している。この初期モデルはハンマーのファイアリングピンがプライマーに接しており、銃本体を落とす等して、ハンマーに強い打撃が加わると不用意に激発してしまう危険性があった[1]

派生型[編集]

ニューモデル・シングルシックス[編集]

インターナルセーフティとして、スターム・ルガー社のトランスファー・バー・メカニズムを組み込み、安全性を向上させたモデル。

シングルシックス・コンバージョンモデル[編集]

スチール製のボディーの材質をステンレス製に変更したモデル。

シングルテン[編集]

装弾数が6発から10発に増加され、グリップ形状が中央が細いガンファイターグリップに、そしてフロントサイトが集光アクリルタイプに変更されたモデル。

バケーロ[編集]

フルポリッシュフィニッシュの表面に加え、.357マグナム弾、および.45ロング・コルト弾を使用する大口径モデル。

ブラックホーク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b リボルバーマニアックス. 株式会社ホビージャパン. (2016年9月29日). p. 79.