スタームルガー SR9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スターム・ルガー SR9
RugerSR9.jpg
スターム・ルガー SR9
種類 自動拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スターム・ルガー
仕様
口径 9mm
銃身長 4.14インチ(10.5mm)
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 17+1発
作動方式 ショートリコイル
ダブルアクション
全長 7.5インチ(190.5mm)
重量 26.5オンス(750g)
歴史
設計年 2007年-
製造期間 2007年-
テンプレートを表示

スタームルガー SR9(Sturm, Ruger SR9)は、2007年アメリカスターム・ルガー社が開発した自動拳銃である。

概要[編集]

スターム・ルガー社初のストライカー方式によるダブルアクション拳銃で、スライドはステンレス製、フレームにグラスフィルドナイロン製のポリマーを使用しており、ピカティニー・レール付きである。

民間向けとして開発されたため、マニュアルセーフティーは銃の両側で操作可能(アンビデクストラウス)で、マガジンセーフティー、トリガーセーフティーと安全対策を重視している。

また、スターム・ルガー社の特徴であるロストワックス製法による、高品質で低価格を実現している。

バリエーション[編集]

SR9C
小型バージョン。装弾数は10+1発。

関連項目[編集]