スターリング・マルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • スターリン・マーテイ
スターリング・マルテ
Starling Marte
マイアミ・マーリンズ #6
Starling Marte 2018.jpg
ピッツバーグ・パイレーツ時代
(2018年7月14日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 首都地区サントドミンゴ
生年月日 (1988-10-09) 1988年10月9日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2007年 アマチュアFA
初出場 2012年7月26日
年俸 $10,000,000(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2017年

スターリング・ハビアー・マルテStarling Javier Marté,[注 1] 1988年10月9日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBマイアミ・マーリンズ所属。愛称はタートTato[5]

経歴[編集]

プロ入りとパイレーツ時代[編集]

2007年ピッツバーグ・パイレーツと契約してプロ入り。

2012年7月26日のヒューストン・アストロズ戦にて「1番・左翼手」で先発出場してメジャーデビューを果たすと、初打席初球本塁打を放った。

2013年左翼手のレギュラーに定着。9月23日のシカゴ・カブス戦ではの9回表に決勝本塁打を放ち、チームで21年振りとなるプレーオフ進出を決めた。この年は135試合に出場して打率.280、12本塁打、35打点という打撃成績を残した。10三塁打はナショナルリーグ2位、41盗塁はリーグ3位(15盗塁死はリーグ1位)だった。

2014年3月27日にパイレーツと総額3100万ドルの6年契約(2020年・1150万ドル、2021年・1250万ドルの球団オプション付き)に合意した[6][7]。9月23日、ちょうど1年前の同日と同様に、アトランタ・ブレーブス戦の6回表に決勝二塁打を放ち、2年連続のプレーオフ進出を決めた。この年もチーム最多の2年連続30盗塁(リーグ6位)を記録した。

2015年もチーム最多で3年連続30盗塁(リーグ5位)、打点は主砲のアンドリュー・マカッチェンに次ぐ81打点を記録した。守備では外野手でリーグ1位となる16補殺を記録し、ゴールドグラブ賞フィールディング・バイブル・アワードを受賞した。

2016年は好調を維持し、オールスターに選出された。試合には代打で出場して1安打を放ち、そのまま中堅手の守備に入った[8]。この年は129試合に出場して打率.311(リーグ6位)、9本塁打、46打点、自己ベストの47盗塁(リーグ3位)を記録した。守備力ではリーグの外野手全体でトップの17補殺だった。シーズンオフに2年連続でゴールドグラブ賞とフィールディング・バイブル・アワードを受賞した。

2017年開幕前の2月8日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[9]。シーズンでは4月18日に薬物規定違反で80試合の出場停止となった[10]。7月18日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で出場停止処分が終了して復帰した[11]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2020年1月27日にブレナン・マローン英語版、リオバー・ペゲーロ及びインターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)とのトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[12]。パイレーツ時代の背番号「6」はデビッド・ペラルタが身につけていた為、背番号は「2」。

マーリンズ時代[編集]

2020年8月31日にケイレブ・スミスウンベルト・メヒア後日発表選手 [注 2]とのトレードで、マイアミ・マーリンズへ移籍した[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 PIT 47 182 167 18 43 3 6 5 73 17 12 5 2 2 8 0 3 50 5 .257 .300 .437 .737
2013 135 566 510 83 143 26 10 12 225 35 41 15 6 1 25 2 24 138 6 .280 .343 .441 .784
2014 135 545 495 73 144 29 6 13 224 56 30 11 0 0 33 0 17 131 5 .291 .356 .453 .808
2015 153 633 579 84 166 30 2 19 257 81 30 10 3 5 27 3 19 123 14 .287 .337 .444 .780
2016 129 529 489 71 152 34 5 9 223 46 47 12 1 0 23 5 16 104 8 .311 .362 .456 .818
2017 77 339 309 48 85 7 2 7 117 31 21 4 0 2 20 0 8 63 5 .275 .333 .379 .712
2018 145 606 559 81 155 32 5 20 257 72 33 14 1 3 35 2 8 109 11 .277 .327 .460 .787
2019 132 586 539 97 159 31 6 23 271 82 25 6 2 4 25 1 16 94 15 .295 .342 .503 .845
2020 ARI 33 138 122 23 38 8 1 2 54 13 5 2 0 1 10 1 5 19 3 .311 .384 .443 .827
MIA 28 112 106 13 26 6 0 4 44 13 5 0 0 0 2 0 4 22 2 .245 .286 .415 .701
'20計 61 250 228 36 64 14 1 6 98 27 10 2 0 1 12 1 9 41 5 .281 .340 .430 .770
MLB:9年 1014 4236 3875 591 1111 206 43 114 1745 447 249 79 15 18 208 14 120 853 74 .287 .341 .450 .791
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



左翼(LF) 中堅(CF)
























2012 PIT 43 6 3 3 0 .957 4 3 0 0 0 1.000
2013 124 176 5 6 0 .968 13 17 1 1 0 .947
2014 114 151 4 5 0 .969 28 27 0 1 0 .964
2015 141 180 15 1 0 .995 18 25 1 1 1 .963
2016 114 168 17 4 2 .979 16 28 0 0 0 1.000
2017 25 57 2 1 0 .983 56 100 6 0 0 1.000
2018 - 139 338 11 3 3 .991
2019 - 130 297 8 5 2 .984
2020 ARI - 33 70 2 0 0 1.000
MIA - 28 52 1 1 0 .981
'20計 - 61 122 3 1 0 .992
MLB 592 858 50 19 2 .979 434 914 26 13 6 .986
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 各年度の太字年ゴールドグラブ賞受賞

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 6(2012年 - 2019年、2020年途中 - )
  • 2(2020年 - 同年途中)

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語発音: [ˈs.taɾ.lĩŋ xa.ˈβjɛɾ maɾ.ˈte][2] スターリン・ハビエル・マルテ,英語発音: [ˈstɑrlɪŋ ˌhɑviˈɝ mɑ˞ˈteɪ][3], 英語発音:/mar-TAY/[4] スターリン・ハビアー・マーテイ
  2. ^ 2020年9月19日にフリオ・フリアスと発表されている[13]

出典[編集]

  1. ^ Starling Marte Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2020年1月29日閲覧。
  2. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年5月5日閲覧。
  4. ^ Starling Marte Stats”. Baseball Reference.com. 2017年4月21日閲覧。
  5. ^ Pirates Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月26日閲覧
  6. ^ “Pirates extend contract of Starling Marte” (プレスリリース), MLB.com (Pittsburgh Pirates), (2014年3月27日), http://m.pirates.mlb.com/news/article/70211488/pirates-extend-contract-of-starling-marte/ 2014年3月30日閲覧。 
  7. ^ Tom Singer (2014年3月27日). “Marte's six-year extension with Bucs official”. MLB.com. 2014年3月30日閲覧。
  8. ^ July 12, 2016 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - NL All-Stars” (英語). Baseball-Reference. 2016年12月17日閲覧。
  9. ^ Joe Trezza (2017年2月15日). “DR aims to defend title as WBC '17 roster set” (英語). MLB.com. 2017年4月19日閲覧。
  10. ^ Adam Berry (2017年4月18日). “Marte suspended 80 games for PEDs” (英語). MLB.com. 2017年4月19日閲覧。
  11. ^ Marte hits leadoff, plays LF in return to lineup MLB.com (英語) (2017年7月18日) 2017年8月3日閲覧
  12. ^ Steve Gilbert (2020年1月27日). “D-backs gear up for contention, trade for Marte” (英語). MLB.com. 2020年1月28日閲覧。
  13. ^ D-backs acquire Julio Frias from Marlins to complete trade” (英語). MLB.com (2020年9月19日). 2020年9月20日閲覧。
  14. ^ Marlins Acquire Starling Marte For Caleb Smith, Humberto Mejia” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月31日閲覧。

関連項目[編集]