スター家族スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スター家族スタジオ
ジャンル クイズ番組
放送時間 土曜 12:00 - 13:00(60分)
放送期間 1978年4月1日 - 1980年9月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 玉置宏
城ヶ崎祐子
相馬隆
松岡きっこ
宮尾すすむ
テンプレートを表示

スター家族スタジオ』(スターかぞくスタジオ)は、1978年4月1日から1980年9月27日までフジテレビで放送されていたクイズ番組である。放送時間は土曜 12:00 - 13:00 (日本標準時)。

概要[編集]

毎回芸能人とその家族3組(末期には2組)をゲストに招き、彼らを題材にしたクイズに5人のパネラーたちが答えていた。パネラーは、レギュラーメンバーの相馬隆[1](当時筑波大学助教授)、松岡きっこ宮尾すすむにゲストパネラー2人を加えた計5人が務めていた。司会は玉置宏が、出題は城ヶ崎祐子(当時フジテレビアナウンサー)が担当。

ルール[編集]

まず出場家族は、5人のパネラーの誰がトップになるのかを予想してフリップに名前を書き、テーブルに伏せる。この予想は「ボーナスクイズ」前に公開する。

問題は全7問。1問目から6問目までは、出場家族に関するクイズ。問題は全て三択問題になっており、パネラーは正解だと思う番号をフリップに書く。正解すれば1点獲得。問題は「画面向かって(以下同じ)左の家族」→「中の家族」→「右の家族」→「左」→「中」→「右」という順序になっている(末期は「左」→「右」→「左」→「右」→「左」→「右」)。そして最終問題(7問目)は「ボーナスクイズ」。まずスタジオにある一般人が1名登場。パネラーはその人がどの家族と関係あるかを答える。正解すれば複数点獲得。ただし点数は玉置の独断で決められるため、全員にトップのチャンスがあるか最下位パネラー(稀にブービーパネラーも)は泣きを見るかのいずれかとなる。

最終的にトップになったパネラーや、それを予想した家族には、それぞれ賞品が与えられる。またトップパネラーは、トップ予想が的中した投稿葉書の中から抽選して1枚を選ぶ。その投稿者にも賞品が与えられる。

エピソード[編集]

レギュラー陣全員でテーマソングを作ったことがある(題名は不明)。

脚注[編集]

  1. ^ サンケイ新聞産業経済新聞社1978年4月1日 [要ページ番号]
フジテレビ 土曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
スター作詞作曲グランプリ
(1977年10月1日 - 1978年3月25日)
※12:00 - 12:30
土曜ですこんにちは
(1976年4月3日 - 1978年3月25日)
※12:30 - 13:00
スター家族スタジオ
(1978年4月1日 - 1980年9月27日)
大進撃!おもしろ組
(1980年10月4日 - 1981年3月28日)
※12:00 - 12:30
【土曜18:00枠から移動・改題】
サタデーイベントアワー(第1期)
(1980年10月 - 1981年3月)
※12:30 - 13:55