スター芸能大合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
スター芸能大合戦
Myrica Hall.jpg
番組の公開収録が行われていたミリカホール
大阪府吹田市千里丘、写真は1989年のもの)
ジャンル 演芸番組
放送時間 日曜 12:00 - 12:45(45分)
放送期間 1977年4月3日 - 1977年9月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
出演者 桂三枝
有吉ジュン
ハナ肇
ほか
オープニング リパブリック讃歌
テンプレートを表示

スター芸能大合戦』(スターげいのうだいがっせん)は、1977年4月3日から同年9月25日までTBS系列局で放送されていた毎日放送製作の演芸番組である。江崎グリコの一社提供。放送時間は毎週日曜 12:00 - 12:45 (日本標準時)。

概要[編集]

数々の芸能人がかくし芸に挑戦していた番組。当初は桂三枝(後の六代桂文枝)が単独で司会を務めていたが、後期には有吉ジュンがアシスタントで参入した。審査員はハナ肇ほかが担当。審査員特集の回では、ハナたち審査員もかくし芸に挑戦していた。

番組収録は、毎日放送千里丘放送センター内のミリカホール公開収録形式で行われていた。音楽は全てバンドによる生演奏だった。テーマ曲には、女声コーラスによる「リパブリック讃歌」をアップテンポにアレンジしたものを使用していた。

ルール[編集]

前期には東西対抗戦(本家フジテレビ新春スターかくし芸大会』と同じ内容)で、審査員5人が最高10点満点で採点し、合計点の多いチームが優勝となり、キャプテン(毎週変わる)にトロフィーが手渡された。

後期には5人による個人戦で、1人が今週のチャンピオンとなり、最終回に放送されたグランドチャンピオン大会に進出できた。なお、その他の出演者にも各賞が与えられた。

補足[編集]

後期には、審査の合間に「スーパーカーコーナー」を設けていた。当時のスーパーカーブームにあやかったコーナーで、番組のオリジナルキャラクター「スーパー仮面」が毎回1台のスーパーカーを紹介していた。

TBS系列 日曜12:00枠
江崎グリコ一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
JNNニュース
(1968年10月 - 1977年3月)
※12:00 - 12:15
伸介のグリコがっちりショッピング

グリコがっちりショッピング

(1975年12月7日 - 1977年3月27日)
※12:15 - 12:45
【江崎グリコ一社提供枠】
スター芸能大合戦
(1977年4月3日 - 1977年9月25日)
新伍とんでけ捕物帳
(1977年10月2日 - 1977年12月25日)