ステアーM9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ステアーM9
ステアーM9

ステアーM9
ステアーM9
種類 軍用拳銃
製造国 オーストリア
設計・製造 ステアー
口径 9mm
.40S&W
銃身長 144mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 9mm×19
.40S&W
357SIG
装弾数 14発+1(9mm×19仕様)
作動方式
全長 180mm
重量 745g
発射速度
銃口初速
有効射程
(■ノート ■テンプレート解説)

ステアーM9は、オーストリアの大手銃器メーカーステアー社製の軍用自動拳銃である。

目次

概要

ステアーM9はグロック社が開発したグロック17の成功に刺激され、ステアー社で設計された。そのためか、構造も似ていて手動セフティを有しておらず、トリガー自体がセフティを兼用する設計になっている。

撃発メカニズムは、特殊ダブル・アクション・オンリーの撃針方式である。ダリップ・フレームは軽量の強化プラスチックで作られており、スライドはスチール製、バレル、撃発メカニズムが組み込まれている。多数の弾薬が装填できるよう、ダブル・カーラム方式のマガジンが採用されている。

ステアーM9のバリエーション

M9

9mm×19弾を使用するモデル。

M40

M9と全く同型、同サイズだが、.40S&W弾を使用するモデル。

M357

M9と全く同型、同サイズだが、357SIG弾を使用するモデル。

M-A1

2003年にステアー社によって発表された、NATO(北大西洋条約機構)のアクセサリー・シューを装備させたモデル。初期モデルは、フレームの先端にステアー社独自のアクセサリー・シューが装備されていた。

関連項目

執筆の途中です この「ステアーM9」は、武器兵器に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(軍事ポータル|軍事PJ)

今日は何の日(6月19日

もっと見る

「ステアーM9」のQ&A