スティル・ライフ (トーキング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティル・ライフ
パット・メセニー・グループスタジオ・アルバム
リリース
録音 1987年4月
ジャンル ジャズフュージョン
時間
レーベル ゲフィン・レコード
ノンサッチ・レコード(2006年リイシュー)
プロデュース パット・メセニー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 86位(アメリカ[1]
  • パット・メセニー・グループ アルバム 年表
    コードネームはファルコン
    (1985年)
    スティル・ライフ
    (1987年)
    レター・フロム・ホーム
    (1989年)
    パット・メセニー 年表
    ソングX (with オーネット・コールマン)
    (1986年)
    スティル・ライフ
    (1987年)
    レター・フロム・ホーム
    (1989年)
    テンプレートを表示

    スティル・ライフ[2]Still Life (Talking))は、1987年に発表された、パット・メセニー・グループのアルバム。1988年度グラミー賞ベスト・ジャズ・フュージョン・パフォーマンス賞受賞作。

    グループがゲフィン・レコードに移っての第1弾。ブラジル音楽の影響を受けたアルバムである。アメリカのBillboard 200では86位、『ビルボード』のコンテンポラリー・ジャズ・アルバム・チャートでは3位に達した[1]

    2006年には現在所属しているノンサッチ・レコードよりリマスター盤が発売されている。

    トラック・リスト[編集]

    #タイトル作詞作曲時間
    1.「ミヌワノ(68) - "Minuano (Six Eight)"」 メセニー、メイズ
    2.「胎動 - "So May It Secretly Begin"」 メセニー
    3.「ラスト・トレイン・ホーム - "Last Train Home"」 メセニー
    4.「トーク - "(It's Just) Talk"」 メセニー
    5.「サード・ウィンド - "Third Wind"」 メセニー、メイズ
    6.「ディスタンス - "Distance"」 メイズ
    7.「ファミリー - "In Her Family"」 メセニー
    合計時間:

    参加ミュージシャン[編集]

    [編集]

    グラミー賞

    受賞者 カテゴリー
    1985 パット・メセニー・グループ グラミー賞ベスト・ジャズ・フュージョン・パフォーマンス

    脚注[編集]

    1. ^ a b Still Life (Talking) - Pat Metheny , Pat Metheny Group : Awards : AllMusic
    2. ^ 邦題は『スティル・ライフ』だが、ウィキペディアの分類として原題に近い表記『スティル・ライフ (トーキング)』で登録。