スティーヴィー・ワンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
スティーヴィー・ワンダー
Stevie Wonder
Stevie Wonder.jpg
基本情報
出生名 ステヴランド・ハーダウェイ・ジャドキンズ
別名 リトル・スティーヴィー・ワンダー
生誕 (1950-05-13) 1950年5月13日(71歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州 サギノー
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1961年 -
レーベル モータウン
公式サイト スティーヴィー・ワンダー公式サイト

ステヴランド・ハーダウェイ・モーリス英語: Stevland Hardaway Morris、出生名 : ステヴランド・ハーダウェイ・ジャドキンズ英語: Stevland Hardaway Judkins)、1950年5月13日 - )は、スティーヴィー・ワンダー英語: Stevie Wonder)の名で知られるアメリカシンガーソングライターミュージシャン音楽プロデューサーボーカルのほか、ハーモニカクラヴィネットなど様々な楽器を演奏するマルチ・インストゥルメンタリストである。11歳の時にモータウンTamlaレーベルと契約して以来、現在までモータウン一筋に活動する。30曲以上のU.S.トップ10ヒットを放ち、計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロ・シンガーである[7]

ローリング・ストーンの選んだ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第9位[8]

ローリング・ストーンの選んだ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第15位。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第34位[9]

経歴[編集]

キャルヴィン・ジャドキンズとルーラ・メイ・ハーダウェイ(1930〜2006)の6人の子供の内、3人目の子供として1950年、ミシガン州サギノーに生まれた。6週間の早産で生まれ、保育器内での過量酸素が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる(未熟児網膜症、全盲ではない)。 スティーヴィーが4歳の時に、彼の母親は父親を置いて、子供とともにデトロイトに移住する。 母親は名前を旧姓に戻すと共に、その後に子供たちの苗字を彼女の親類にあやかってモーリスとした。現在でも、スティーヴィーの法律上の名前はモーリスとなっている。幼い頃からピアノやハーモニカ、ベースを演奏していたという。 歌手としてのキャリアーは友達と一緒に歌う様になったのが最初で、スティーヴィー&ジョンとして街角や、時にはパーティーやダンスなどのイベントでもパフォーマンスをしていた。

11歳の時、自身で作曲した「Lonely Boy」をミラクルズのロニー・ワイトの前で歌い、ワイトはスティーヴィーと彼の母親をモータウンへのオーディションに連れて行く。社長であるベリー・ゴーディ[10] の前で歌と演奏を披露し、モータウンとの契約を獲得。彼の最初のステージネーム「リトル・スティーヴィー・ワンダー」は、この時のプロデューサーであり彼の多くの作品に参加したクラレンス・ポールがつけたものである。なお、この時の契約内容には、スティーヴィーの年齢を考慮したものとして、印税収入は彼が21歳になるまで基金に蓄えられるという条項があり、それまでは週給として2ドル50セントの支払いであったとされる。[11]

こうしてモータウンに加わったスティーヴィーは、61年に最初のレコーディングとして「Mother Thank You」を収録するが、結果として、デビューシングルはベリー・ゴーディーの手による「I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues」に変更され、これが1962年の夏に発売された。結局、この曲が発表されたのは、タイトルを変えた上で、1964年になってからであった。続いて、シングル『Little Water Boy』(ヒットはしなかった)や、アルバム『The Jazz Soul of Little Stevie』と『Tribute to Uncle Ray』を発表し、こちらは小さなヒットとなった。スティーヴィーが12歳であった1962年末、モータウン・レビューの一員として全米をツアーする。このツアーで廻ったシカゴのリーガル・シアターでの20分ほどの演奏を録音したものが、1963年の5月にアルバム『Recorded Live: The 12 Year Old Genius』としてリリースされ、これがBillboard 200で1位になる大ヒットを記録。ここから同月にシングルカットされた「Fingertips - Part 1 & 2」もBillboard Hot 100で1位の大ヒットとなる。この、13歳での1位獲得は現在でも史上最年少の記録である。また、わずか12歳でデビューしたため、ビートルズのメンバーとは年齢が離れているにもかかわらず、キャリアとしては同等の長さを誇る。

しかし、そこから一気にヒットチャート最上位の常連になったわけではなく、続く数作は必ずしも大ヒットとはならなかった。また、スティーヴィーの成長に伴う声変わりに対して、当時のモータウンの重役たちの何人かはレコード契約の打ち切りをも検討していたとされる[12]。1964年には、2本の映画に出演するもいずれも大したヒットにはならなかった。 そうした中、シルヴィア・モーイと共作した作品などを含むアルバム『アップタイト』がメジャーヒットし、シングルカットされた「Uptight」、「Nothing's Too Good for My Baby」、「With a Child's Heart」、そしてボブ・ディランのカバーである「Blowin' in the Wind」がいずれもメジャーヒットする成功を得た。また、リトル・スティーヴィー・ワンダーというこれまでのステージネームから"リトル"を取るようにベリー・ゴーディーに説得したのもまた、シルヴィア・モーイであったとされる[12]。また、同じころにスティーヴィーは自分とレーベルの他の仲間への楽曲提供のために、モータウンの作詞部門・作曲部門との契約を新たに結んだ。こうして提供された曲の1つにスモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのナンバー1ヒットである「Tears of a Clown」などがある。

1970年に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。自身の新たな音楽を模索していた時、当時開発されたばかりのモーグ・シンセサイザーに感銘を受ける。以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、ほとんどの楽器を自分で演奏してアルバムを作るスタイルを確立してゆく。

1973年、友人の運転する車に同乗した際に交通事故に遭う[13]。この事故の後遺症で一時味覚嗅覚を失うが、その後のリハビリが功を奏し、ほぼ完全に回復。この体験により慈善活動平和活動に目覚め、後の1980年代には南アフリカアパルトヘイト政策に反対する歌、公民権運動指導者のマーティン・ルーサー・キング牧師を讃える歌を発表する。日本の全盲の中学生との交流がきっかけで仙台市立加茂中学校を訪問し、歌ったこともある。

70年代前半には、彼はグラミー賞を受賞した。72年のシングル曲「迷信」が最優秀男性R&Bボーカル賞と最優秀R&B楽曲賞、「サンシャイン」が最優秀男性ポップ・ボーカル賞。73年のアルバム『インナーヴィジョンズ』が最優秀アルバム賞をそれぞれ受賞している。73年には「ハイアー・グラウンド」、74年にはファンク・ナンバー「悪夢」がヒットした。75年には「レゲエ・ウーマン」もヒットしている。1975年2月のグラミー賞授賞式では、最優秀アルバム賞受賞後のスピーチで、この賞を前年に亡くなったデューク・エリントンに捧げると発言した。

1976年には、2枚組のオリジナル・アルバム『キー・オブ・ライフ (Songs in the Key of Life) 』をリリース。このアルバムは、当時全米アルバムチャート14週1位となる大ヒットになり、この年のグラミー賞の最優秀アルバム賞も受賞した。

1984年の映画『ウーマン・イン・レッド』のサウンドトラックに用いられた「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」は、米英で大ヒットするとともにアカデミー歌曲賞ゴールデングローブ賞を受賞した。1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリードボーカルをとった。

2009年12月、国連平和大使に任命[14]2021年ウルフ賞芸術部門受賞。

人物と音楽性[編集]

ステージでは主にピアノやフェンダー・ローズクラビネットなどのキーボードをプレイしながら歌うことが多いが、他にもクロマティックハーモニカドラムシンセベースなどもプレイするマルチプレイヤーとして有名。

彼の天才的な音楽センスは、物心つく前から表現力に富んでいる。クロスオーバーなど、様々なジャンルを違和感無く自身の音楽に吸収してしまうことから、異ジャンルのミュージシャンからも大きなリスペクトを受けている。また、視覚障害や天性の音楽的素養などの共通点があることから、しばしばレイ・チャールズと比較される。

また、特に70年代において、新しい楽器の導入にも貪欲さを示しており、上記の様にそのころに徐々に一般化し始めたモーグ・シンセサイザーやクラヴィネットなどをいち早く導入した代表的な人物であると共に、トーキング・モジュレーターも同様にいち早く取り入れて大々的に使用している。後者は後のザップ/ロジャー・トラウトマン等に影響を与えたとされる。

政治活動にも積極的で、アメリカ民主党を支持している。2000年のゴア対ブッシュのアメリカ大統領選ではフロリダ州にかけつけ民主党のゴアを支援。2008年の大統領選でも、オバマの強力なサポーターとして党大会などに参加した。オバマ大統領の就任式のイベントでも何度もステージに立ち、代表曲を披露した。2019年、腎臓移植手術を受けた[15]

ディスコグラフィ[編集]

多作家として知られるが、作品の質に厳しいことでも有名で、今までお蔵入りした曲は数千曲にのぼるという。アルバム制作の際は、収録予定の曲数のほぼ10倍を作曲すると言われており、1976年発表の『キー・オブ・ライフ』の収録曲は、1974年から1976年までに作曲された約1,000曲の中から選ばれた。

代表曲[編集]

楽曲提供[編集]

私生活[編集]

1970年に歌手のシリータ・ライトと結婚したが、1972年に離婚。2001年にデザイナーのカイ・ミラード・モリスと結婚したが、2009年に別居、2012年に離婚が申請され、2015年10月5日離婚が成立した[16]

これまでに5人の女性との間に9人の子供を設けている[16]

共演したミュージシャン[編集]

日本公演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この折り、札幌護国神社で宮司と記念撮影したものが、札幌市手稲のぎんれい写真館と札幌護国神社に残っている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Huey, Steve. Stevie Wonder | Biography & History - オールミュージック. 2020年11月18日閲覧。
  2. ^ Snapes, Laura (2019年7月8日). “Stevie Wonder to undergo kidney transplant”. The Guardian. Guardian Media Group. 2020年11月18日閲覧。
  3. ^ Smith, Giles (1995年3月5日). “The Enduring Otherworldliness of Stevie Wonder”. The New Yorker. 2020年11月18日閲覧。
  4. ^ Lewis, John (2010年6月17日). “Stevie Wonder: jammin' with the jazz set”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/music/2010/jun/17/stevie-wonder-jammin-jazz-set 2020年11月18日閲覧。 
  5. ^ Keens, Oliver (2016年6月29日). “The best Stevie Wonder songs”. Time Out. 2020年11月18日閲覧。
  6. ^ Soul legend Stevie Wonder remembered”. Daily News Egypt (2020年5月18日). 2020年11月18日閲覧。
  7. ^ Marian Tuin (2010年4月23日). “Music 101: Who has won the most grammys?”. Examiner.com. 2010年4月27日閲覧。
  8. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Stevie Wonder”. 2013年5月26日閲覧。
  9. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  10. ^ Berry Gordy - Motown's Hit-Making Songwriter”. Motown Museum Home of Hitsville U.S.A.. 2020年11月18日閲覧。
  11. ^ Bob Gulla (2008). Icons of R&B and Soul. Greenwood Publishing Group. p. 313.
  12. ^ a b Williams 2002, p. 30.
  13. ^ Stevie Wonder Biography - Chapter 9” (英語). steviewonder.org.uk. 2016年10月10日閲覧。
  14. ^ スティービー・ワンダー、国連平和大使に任命” (Japanese). CNN (2009年12月4日). 2009年12月4日閲覧。
  15. ^ ビルボードジャパン
  16. ^ a b スティービー・ワンダー離婚、養育費月300万円”. 日刊スポーツ (2015年10月8日). 2015年10月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • Williams, Tenley (2002). Overcoming Adversity- Stevie Wonder. Chelsea House. ISBN 0-7910-5903-0 
  • Perone, James E.. The sound of Stevie Wonder: his words and music. http://books.google.nl/books?id=HISHiLVxVnIC&lpg=PP1&dq=The%20sound%20of%20Stevie%20Wonder%3A%20his%20words%20and%20music&pg=PP1#v=onepage&q&f=false 

関連項目[編集]