スティーブン・ハウストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スティーブン・ハウストン(Stephen D. Houston、1958年 - )は、アメリカ合衆国考古学者人類学者マヤ碑文研究者

略歴[編集]

ハウストンはペンシルベニア州チェンバーズバーグに生まれた[1]。1980年にペンシルベニア大学を卒業した後にイェール大学で研究を続け、1983年に修士、1987年に博士の学位を取得した。

1987年にヴァンダービルト大学の助教に就任した。1994年にブリガムヤング大学に移り、1996年に教授に昇任した。2004年にブラウン大学に移った。

ハウストンはカラコルピエドラス・ネグラスエル・ソツ英語版などのマヤ遺跡を発掘した[2]

2008年にマッカーサー・フェローに選ばれた[3]。2011年にグアテマラ政府のケツァル勲章グラン・クルスを授与された。

主な著書[編集]

  • Maya Glyphs. University of California Press. (1989). 
    • 日本語訳:『マヤ文字』植田覚訳、学芸書林、1996年。ISBN 4875170181。
  • Hieroglyphs and History at Dos Pilas: Dynastic Politics of the Classic Maya. (1993). 
  • Classic Maya Place Names. Dumberton Oaks. (1994). デイヴィッド・ステュアートと共著)
  • Royal Courts of the Ancient Maya. Westview Press. (2000-2001). ISBN 0813336406. (2冊、猪俣健と共編)
  • The Decipherment of Ancient Maya Writing. University of Oklahoma Press. (2001). (デイヴィッド・ステュアートと共著)
  • The First Writing: Script Invention as History and Process. Cambridge University Press. (2004). 
  • The Memory of Bones: Body, Being and Experience among the Classic Maya. University of Texas Press. (2006). (共著)
  • The Classic Maya. Cambridge University Press. (2009). (猪俣健と共著)
  • The Life Within: Classic Maya and the Matter of Permanence. Yale University Press. (2014). 

脚注[編集]