スティーブ・ゲルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スティーブ・ゲルツ
Steve Geltz
フィラデルフィア・フィリーズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ナイアガラ郡ニューフェイン英語版
生年月日 (1987-11-01) 1987年11月1日(31歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・エンゼルスと契約
初出場 2012年8月16日 タンパベイ・レイズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スティーブン・A・ゲルツSteven A. Geltz, 1987年11月1日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ナイアガラ郡ニューフェイン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとエンゼルス時代[編集]

2008年6月20日ロサンゼルス・エンゼルスと契約。契約後はパイオニアリーグのルーキー級オレム・オウルズ英語版とルーキー級アリゾナリーグ・エンゼルスでプレー。ルーキー級オレムでは16試合に登板して1勝0敗・防御率6.15・36奪三振の成績を残した。

2009年はA+級ランチョクカモンガ・クエークスでプレーし、34試合に登板して7勝1敗・防御率3.76・73奪三振の成績を残した。

2010年はA+級ランチョクカモンガで開幕を迎え、22試合に登板。3勝1敗2セーブ・防御率3.44・51奪三振の成績で、7月にAA級アーカンソー・トラベラーズへ昇格。AA級アーカンソーでは16試合に登板して1勝0敗・防御率2.41・36奪三振の成績を残した。

2011年はAAA級ソルトレイク・ビーズで開幕を迎え、2試合に登板したが、防御率21.60と結果を残せず、AA級アーカンソーへ降格。AA級アーカンソーでは32試合に登板して3勝3敗・防御率3.09・67奪三振の成績を残した。

2012年はAA級アーカンソーで開幕を迎え、21試合に登板。3勝0敗6セーブ・防御率0.36・37奪三振を記録し、6月にAAA級ソルトレイクへ昇格。AAA級ソルトレイクでは21試合に登板して0勝1敗3セーブ・防御率3.76・33奪三振の成績を残した。8月11日にエンゼルスとメジャー契約を結び[1]、16日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。7点ビハインドの9回表から登板し、1回を無安打無失点1四球に抑えた[2]。しかし2度目の登板となった8月17日のレイズ戦では、1回2安打1失点2四球と振るわず[3]、19日にAAA級ソルトレイクへ降格した[4]。降格後はAAA級ソルトレイクで6試合に登板していたが、防御率9.82と安定せず、メジャーへ昇格することはなかった。この年は2試合に登板して防御率4.50・1奪三振の成績を残した。

2013年3月2日にエンゼルスと1年契約に合意したが、26日に40人枠を外れ、AAA級ソルトレイクへ降格した。

レイズ時代[編集]

2013年3月27日デーン・デラロサとのトレードで、タンパベイ・レイズへ移籍[5]。移籍後はAAA級ダーラム・ブルズで41試合に登板して5勝3敗3セーブ・防御率2.82・80奪三振の成績を残した。

2014年もAAA級ダーラムで開幕を迎えたが、5月5日に薬物検査で禁止薬物を使用していたことが発覚し、50試合の出場停止処分を受けた[6]。AAA級ダーラムでは29試合に登板して3勝3敗1セーブ・防御率2.38・60奪三振の成績を残した。9月1日にレイズとメジャー契約を結び、リリーフとして11試合に登板。0勝1敗・防御率3.24・1奪三振の成績を残した。

2015年はレイズのリリーフ陣の一角に定着し、チーム最多の70試合に登板した。2勝6敗2セーブ・防御率3.74・61奪三振という成績を残したほか、前年ほど(15.0超え)ではなかったものの、8.2という高い奪三振率をマークした。

2016年は、27試合の登板に留まった。投球イニングは前年比で半分以下(26.2イニング)になったにもかかわらず、被弾する割合が激増して11発浴びた。その影響もあって、防御率は5.74まで悪化した。11月18日DFAとなった[7]

ドジャース傘下時代[編集]

2016年11月28日ウェイバー公示を経て、ミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[8]が、12月2日に40人枠外、4日にFAとなった。

その後、2017年1月3日ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[7]。2017年は傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーし、23試合に登板して2勝2敗3セーブ・防御率2.63・29奪三振の成績を残した。オフの11月6日にFAとなった[7]

フィリーズ傘下時代[編集]

2018年1月3日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[9]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 LAA 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 11 2.0 2 0 3 0 0 1 0 0 1 1 4.50 2.50
2014 TB 11 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 37 8.1 6 3 5 0 2 14 0 0 3 3 3.24 1.32
2015 70 2 0 0 0 2 6 2 19 .500 269 67.1 45 8 26 3 2 61 4 0 31 28 3.74 1.05
2016 27 0 0 0 0 0 2 0 1 .000 112 26.2 24 11 9 0 1 23 3 0 17 17 5.74 1.24
MLB:4年 110 2 0 0 0 2 9 2 20 .182 429 104.1 77 22 43 3 5 99 7 0 52 49 4.23 1.15
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 65(2012年)
  • 54(2014年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ Alden Gonzalez (2012年8月11日). “Geltz gets call from Minors; Carpenter sent down” (英語). MLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  2. ^ Scores for Aug 16, 2012” (英語). ESPN MLB (2012年8月16日). 2015年1月11日閲覧。
  3. ^ Scores for Aug 17, 2012” (英語). ESPN MLB (2012年8月17日). 2015年1月11日閲覧。
  4. ^ Downs is back, and not a minute too soon” (英語). MLB.com (2012年8月19日). 2015年1月11日閲覧。
  5. ^ Jeff Todd (2013年3月27日). “Rays Trade De La Rosa To Angels For Geltz” (英語). MLB Trade Rumors. 2015年1月11日閲覧。
  6. ^ Danny Wild (2014年5月5日). “Durham's Geltz suspended 50 games” (英語). MiLB.com. 2015年1月11日閲覧。
  7. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2018年1月10日閲覧。
  8. ^ Bill Chastain (2016年11月28日). “Rays lose Geltz on waiver claim by Brewers” (英語). MLB.com. 2016年11月29日閲覧。
  9. ^ Todd Zolecki (2018年1月3日). “Florimon, Middlebrooks among Phils' NRIs” (英語). MLB.com. https://www.mlb.com/news/phillies-announce-non-roster-invitees-to-camp/c-264202640 2018年1月10日閲覧。 

関連項目[編集]